シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.9

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。 人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……。

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

Nanamin

Nanaminの感想・評価

2.9
公開してすぐに鑑賞してちょっと後悔。(だじゃれみたい)
私は好きじゃなかったです。
雨のシーンは綺麗だっけれど、必要かなぁっていうエログロ要素が多くて、ちょっと入り込めませんでした。
歌い出すシーンとかちょっとお笑いかなぁ、、、とか思った笑
この監督こういうのが特徴らしい。英語の先生がだから好きだって言ってた。
映像が綺麗だし素敵なんだけど、わたしは何を見せられてるんだろう?(怪獣と女性の恋愛?)感が抜けなかったなぁ。
Koichiro

Koichiroの感想・評価

4.3
リアルな人外は苦手だけど途中からはなんとか感情移入できた。
映画館の上に住んでて、かつそのオーナーと仲良しとか最高かよ!って思った笑

劇中歌良し。雰囲気良し。
色合いとか地味めなヒロインとか、古臭い映像も好きだなぁ。個人的にはパンズには及ばず。
【不覚にも泣いてしまった】
◉2018年度アカデミー賞作品賞、監督賞(ギレルモ・デル・トロ)、美術賞、作曲賞受賞。
◉2017年度ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞。
正直あんまり期待していなかった。言葉が喋れない女性イライザと半魚人との恋物語というだけで、何となく想像つくし、デル・トロ節が満載なんだろうと。このダーク・ファンタジーにどれだけ自分が飲める込めるかがこの作品を見る上でポイントになりそうだなと予感していた。
見始めたら、どっぷりとハマっている自分がいた。やばい、もっと見たい。もう1度見たい。
イライザと半魚人を筆頭に、黒人女性、ゲイという社会的マイノリティーとされてきた人々が物語の中心。横暴な研究室の責任者が敵として描かれているけれど、彼も上からの命令に従うだけの弱者とも伺える。とてもわかりやすいヒエラルキーである。
まぁ、デル・トロのメッセージが随所に込められているのはよくわかるけれど、これは作品自体を楽しむ方が健全な見方だと思う。
半魚人を研究室から救出するシーンのスリル感、共鳴し合うイライザと半魚人の様子、そして私が好きだったのはラスト。変に勿体ぶるんじゃなくて、あっさりと描かれているのでちょうど良い。その潔いラストが見終わった後の満足度を上げてくれた。
あぁ、ブルーレイ買おうかなっていうくらい購買力刺激されています。
Tamo

Tamoの感想・評価

2.5
万人向けではない。
途中まではひたすら淡々とした芸術系なのかなと思いつつ、血は出るわ、露骨なベッドシーンはあるわ、で観る人選ぶなー。という印象。
ストーリーとしては難しくないけれども、これに良さを見出すかはホントに人次第。
純情ではあるが、少々鈍臭く変わってる主人公に感情移入できるか、も分かれ目。
comaco

comacoの感想・評価

3.2
評判どおり、画はとてもキレイ。水の表現が素敵。物語はそんなに深くなかったような。イライザは良い友達がたくさんいて、そんなに孤独には見えない。
世界観が素晴らしい。

色んな色の演出に目を奪われる。ブラックファンタジー?なのかな。音楽もいい、有名な若い役者などを起用しないところもいい、主人公が話せない分、周りのキャラクターが余計に引き立っていたが個性的な味のある役ばかりでつい魅了されてしまう。青緑の王子様的生物と主人公が共通言語を導き出し心通わせていく姿であっという間に時間が過ぎてしまった。所々、描写がストレートでエグいなと感じる所もあるがそこまで苦ではないのは全体を通してストーリーが素晴らしかったからだと思う。さすがアカデミー賞、またぜひ見たい。
ふ

ふの感想・評価

4.3
恋愛の神秘的な部分が光ってるからこそ、グロテスクな面が本当にどす黒い。

細かいところまで繊細に描いた純愛映画。

ゆでたまご。
日常ファンタジーをなんの躓きもなしにすっと入れ込んだ物語だった。戦争の兵器として、という部分1つだけで納得行く流れ。戦争って何でもありですもんねみたいな。
この昨日とアカデミー賞を競った、スリービルボード、君の名前で僕を呼んで、を観ていますが今の時代だからオスカーが取れたという感じ。映画の質としてはスリービルボードのほうが断然上。別の時代だったらスリービルボードだっただろうな。しかし傑作であることにも変わりはないし、こういうモンスター物が賞を取れる時代になったという象徴的昨日となったのは喜ばしい。
オクタビアスペンサーの友人のおせっかいさがとても可愛くて良かった。愛と切り離せないセックスにも触れたところがすごく良かったよね。
エンディングはどう捉えても其々の考え方正解ですよ、って感じがこの映画のテーマとも繋がってて素晴らしかったですね。