シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価 - 7ページ目

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.9

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。 人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……。

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

michinori

michinoriの感想・評価

3.3
ダークでレトロなファンタジー的な恋愛もの。
半魚人と人間とが心を通じ合い、やがて惹かれてゆきますが、どうもこの世界、シチュエーションに感情移入することが出来なかった…
とても奥深い、重みのある作品だとは思いますが。
何故、心惹かれてゆくのか、イマイチ分からず…
かなぴ

かなぴの感想・評価

3.8
大人のファンタジー。
全体を通して水中にいるかのような印象の映像で素敵でした。
シマミ

シマミの感想・評価

3.8

切ないとか書いてあったけど切なくない。素敵なラブストーリー。
RK

RKの感想・評価

3.7
映像がチープ。クリーン過ぎてレトロ感があまり伝わらなかった。もっと映像にフィルターかけて欲しかった。
saori

saoriの感想・評価

4.0
半魚人と人間の奇妙なラブストーリー
劇中のBGMが穏やかで素敵
半魚人が思った以上に魚でした
まぬ

まぬの感想・評価

3.5
主人公40歳くらいなんか…?
てか掃除しろ…????

ヒロインの首の特徴的な傷と、赤子の時に川に捨てられてたって設定から、なんか魚人の奴と関係あんのかしら?とか思ってたら全然触れて来なくて草だった

掃除して欲しかった

あの青緑の高級車は可愛かった

途中の白黒画面で踊り出すやつなんだったんかあれ
Erika

Erikaの感想・評価

4.0
やっと見れた。個人的にはとても好きな物語だった。ファンタジー要素満載なのに、最後まで人間のおそろしさも満載で面白かったな~。信じるものこそ救われる、を突き通した主人公が幸せになってくれてよかった。
ジャンル映画が作品賞をいくつか取って、どちらかというと町山智浩さんが感涙してたのが印象深いです。もちろん監督は好きで作品としては「パンズラビリンス」が1番好きなので、今作もクリーチャーのクオリティーは流石で、嬉しい限りでした!
最初からおとぎ話のようにはじまって、おとぎ話のように終わるので、観賞後はハッピーエンドかどうかは置いといて、とってもあったかい気持ちで映画館を後にすることが出来ました。白眉はバスの水たまりのシーンですね!ドル箱俳優出てないのに、作家性だけで、こんなにクオリティの高い作品が出来るお手本のような映画ですね。
久々の映画です。
ギレルモ・デル・トロ監督、『シェイプ・オブ・ウォーター』
圧倒的の一言!!! 圧倒的だけれど、かなり健気で繊細ですよ。物語も音楽も画も。

人種差別、生涯、セクシュアルマイノリティ。大多数、普通というものたちに軽視されてしまっている人たちの勇気と愛に感涙。ですが、敵に対しても、一つの言い訳というか、抑圧され失敗を許されない、完全にそういう大人になってしまった男という描き方で、どこか彼の成長過程、環境を想像させる手法は世の中の在り方への願いに思えた。
妻の口を抑える男。女性に発言権を与えない男にとって、喋れない主人公は格好の餌食なのだが、彼女含め人が求めているのは、ありのままを受け入れてもらうこと。都合がいい、とは違う。
彼女が敵に口説かれるシーンが、余計にラストシーンの美しさを増幅させている気がした。エラになる傷。視覚化されたコンプレックスの象徴が、呼吸(二人で生きる)ための手段になる。「ありのまま」を受け入れられた、受け入れてもらえたその場所が、その人が生きる場所なのかー。
国境やその他諸々の壁を、比較的超えることのできる芸術、映画がその枠内ではあるが、全てを超えることができたこの奇跡と努力に拍手をおくりたい気持です。
nalu

naluの感想・評価

3.8
始まって5分で「あ、好き」ってなった。
デルトロっぽいダークでお洒落な雰囲気で満たされてる。主人公の空想に耽るところや映画の色味なんかも芸術的。個人的に『アメリ 』が好きなので、音楽、色調などを寄せてる感じがするからかも。