シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.9

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。 人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……。

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

Miro

Miroの感想・評価

4.2
私好みの映画でした!
映像の色彩美が素敵…考察考えてから観るのも楽しい!!soundも心地いい…何回でも聞けちゃう
ストーリー重視の方は物足りないかもしれないです…( ´・ω・`)
あと、グロ耐性ない人も辛いと思います😅


個人的にアメリっぽいなと思いました…
にしても半魚人イケメンだな…(語彙力)
赤鬼

赤鬼の感想・評価

4.2
美しい映画。ピンク映画だと目の前で酷評されて辛かったけれど、でもやっぱり好きな映画。ギメルモ監督に共鳴出来る映画。

このレビューはネタバレを含みます

冒頭から、エラのような首の傷、茹で卵に卵型タイマー、サリー・ホーキンスの素敵な裸体、濡れた窓ガラス、それらが印象的に映り、これは絶対ラストでヒロインが魚人になるぞと確信して観ていた。

初めて魚人と性行為に及んだ直後の窓ガラスの水滴のショットは、精液の交わりを彷彿とさせる。

'60年代の美術装飾や衣裳がお洒落。
最近の物は、お洒落を追究してはいるけれど、シンプルで無機質なスタイリッシュさを求めすぎていて、逆にお洒落から遠ざかり続けている気がする。

ギレルモ・デル・トロ監督にはファンタジーをもっとやって欲しい。
Ayahana

Ayahanaの感想・評価

3.9
ピュアな愛の物語。
映像、音楽、インテリア、色の効果、良かった。怖さやスリルもあり、ファンタジーというのともまた少し違うような、リアルと寓話が交じり合った不思議な映画でした。
何か何ともない話なのに、何故か引き込まれる。
あのおばちゃんのくせに、えらい妖気な雰囲気出してるし。流石女優さんです。
人面魚が、実験のために施設に運ばれてくる。実験に殺されそうなのを助けて、家に連れて行き、いちゃいちゃする。
そして、体調も悪くなり、海に帰そうとする。
ざっくりとしたらこんな話なのに、追われてるからなのか、何故なのか目が離せない。次がどうなるって。
一回観たらもういいが、最後まで引き込まれた。
あの首の傷がこんなことに( ̄∇ ̄)
良い話ですよ。
みれい

みれいの感想・評価

3.5
映像が美しくて素敵なラブストーリー。
グロいところが所々あったかな
メルヘンになり過ぎてないところが良かった
あん子

あん子の感想・評価

3.5
終始どきどきしたな…(ところどころグロいし)
フランス映画みたいな雰囲気あった
もち

もちの感想・評価

4.0
ずっと緑色の世界が美しかった
時々映る赤色はいつもと違う事が起きる予兆のようでドキッとした
RiRi

RiRiの感想・評価

4.0
美女と野獣が嫌いなギレルモ監督らしい
・パンズラビリンスほどぐろくなくて良い
・曲良い
・同居のおじいさんかわいそう
・黒人小太りおばさんのいい人率
Rumi

Rumiの感想・評価

3.7
怪物と人間のおとぎ話。
赤と緑と靴。
いくつかのテーマとなる題材が評価せざるを得ないような内容である点は賞狙いを隠しきれていない感じがしましたが…、怪物の造形であったり建物のデザインや色づかいなどがあまりにもセンスに溢れていてロマンティックで、見ていて純粋に楽しかったです。
>|