シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.9

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。 人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……。

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

雰囲気に魅せられた。
まさに一つの芸術品のような作品。
おじさん可愛い
7

7の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

かなり独特な世界観。最初は暗くてちょっと苦手だったけど、いざ見始めるとかなり引き込まれる。演出も面白くて、性に対しての直接的描写はないのに、すごくセクシーにさせる演出は素晴らしいなと思いました。
あの部屋の水のシーンはほぼCGと聞いて、さらに興味わいた。
371

371の感想・評価

3.4
名前の通り、水がよく出てくる映画
相手役が怪物やから、ちょっと不気味やけど
お洒落で素敵なラブロマンス
Wakaba

Wakabaの感想・評価

3.2
見た目だけが変で中身はほぼ人やん?って感じやったからただの恋愛話に思ってしまった。どこまでの能力を持ってるのかもようわからんかったし、、、もうちょっと想像力が必要なのかもしれない。
GATS

GATSの感想・評価

3.6
今作に全く関係はないが、正直ギレルモ・デル・トロの映画を一作品も観てない。

確かにこの作品だけで、この監督の異端的な性表現や性癖的なものには驚かされるが、なによりあの怪物のギョロっとした、またはヌメヌメした、何とも形容し難い、あるいは「"イレイザーヘッド"のあの息子」のようなものには観客を釘付けにする衝撃があるのは、否定できないだろう。

特徴的な目をしたサリー・ホーキンスには、絶妙なハマり方をしていたのも確かである。

"シェイプ・オブ・ウォーター"、洒落てる。
maverick

maverickの感想・評価

4.6
現代の映画業界において少なくなった唯一無二の職人系監督であるギレルモ・デル・トロにアカデミー賞の作品賞をもたらした傑作!本当におめでとうございます。本作でもその職人気質と表現方法の天才的手腕はいかんなく発揮されており、彼の作品に注ぐ情熱が見て取れる。しかし驚くべきは本作がアカデミー賞作品賞を獲ったこと。同じくノミネートされた『スリービルボード』の方が分かりやすく作品賞を獲りそうなものだが、半魚人との交流が描かれる半SFで半ホラーな本作がアカデミー賞での評価を受けたことがまず驚きである。しかも内容は結構ぶっ飛んでいて衝撃を受ける。自分も衝撃的だった。R指定がありながらも本作が作品賞を獲ったのはテーマ性と芸術面が高く評価されたからだと思う。単に半魚人と人間との交流を描いている作品ではない。それだけでも感動的だけど、アメリカという国が抱える問題点が本作のテーマ。この点においては『スリービルボード』も同様で、あちらも素晴らしい作品だった。ギレルモ監督は自分の作品性を貫いてきた人で、それがアメリカ映画界の最高峰の権威ある場で評価された。このことは多くのクリエイターに夢と希望を与えたことと思う。本当に天晴な作品でした。
Akinori

Akinoriの感想・評価

2.5
期待してたので早期レンタルにて鑑賞。
好き嫌い別れるのですかね?退屈に感じてしまった。ハイカラ映画と現代映画のミックスみたいな。だからこそ、この映画が将来また輝くことが想像できないと言いますか…。色んな形でうったえる気持ちはわからんでもないのですがなぁ。
Natsuna

Natsunaの感想・評価

4.2
イライザと周りの人たちが微笑ましくてあったかい。
最初は気持ち悪かった"彼"も物語が進むうちに愛らしく見えてくる。

面白いとか面白くないとかじゃなく、ただただ好き。
YunoCurry

YunoCurryの感想・評価

3.8
2ヶ月前くらいに観に行きました。
賞をたくさん獲得しているだけ、映像美はもちろんサントラも配役もよかった。

最後の終わり方は個人的にはあんまし好きではないけど、
この映画はとてもおすすめ。
半魚人の彼、最後の方めっちゃ格好良く見えたんだけど、見ため変わってないよね???
この映画観てから夜道は誰にもバレないように小さくステップ踏みながら帰るっていうゲームをやっちゃうんだけど、なんでだろうw
>|