rage30

アメリカン・アサシンのrage30のレビュー・感想・評価

アメリカン・アサシン(2017年製作の映画)
-
CIAの暗殺者になった男の話。

ビーチでの大虐殺から始まる“掴み”は良いし、漫画みたいな特訓シーンも楽しい。
そこからプルトニウム流出を巡る捜査が始まるのだが、「特殊訓練を受けた暗殺者」という設定にしては、行動が出たとこ勝負だったり、簡単に裏をかかれたりと、あまり暗殺者らしさを感じられないのは残念だった。

そもそも、主人公の敵討ちという動機が序盤で達成されたにも関わらず、彼がCIAに入る理由がイマイチ良く分からない。
普通に、あのイスラム系のテロリストをラスボスにしても、良かったと思うのだけど。

まぁ、良くも悪くも、ハリウッド製のマッチョなアクション映画という印象。
何だかんだで主人公が無双していく、この手のジャンルが好きな方なら。