機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星の作品情報・感想・評価

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星2018年製作の映画)

上映日:2018年05月05日

製作国:

上映時間:85分

3.7

あらすじ

宇宙世紀0079年1月23日、サイド5、ルウムで、ジオン、地球連邦の雌雄を決する戦いが始まった。圧倒的劣勢に追い込まれたジオンは、秘策である人型兵器「モビルスーツ」で編成した特別強襲大隊を投入し、戦況を一気に逆転させ、大勝利を収める。なかでも、ジオン軍のシャア・アズナブルは、赤いモビルスーツ「ザクⅡ」で戦果を上げ少佐に昇進、“赤い彗星”の異名をとる。ルウム会戦後、地球連邦軍はジオンに反撃すべく“…

宇宙世紀0079年1月23日、サイド5、ルウムで、ジオン、地球連邦の雌雄を決する戦いが始まった。圧倒的劣勢に追い込まれたジオンは、秘策である人型兵器「モビルスーツ」で編成した特別強襲大隊を投入し、戦況を一気に逆転させ、大勝利を収める。なかでも、ジオン軍のシャア・アズナブルは、赤いモビルスーツ「ザクⅡ」で戦果を上げ少佐に昇進、“赤い彗星”の異名をとる。ルウム会戦後、地球連邦軍はジオンに反撃すべく“V作戦”を計画。 その裏側で、サイド7の少年アムロ・レイは自ら行動し、新兵器「ガンダム」の秘密を探っていた。一方、地球の南極大陸でのジオン、地球連邦の両軍の高官がそろう早期和平交渉の場でルナツーから世界中にある声明が発信される…。

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星」に投稿された感想・評価

ゴン吉

ゴン吉の感想・評価

3.7
THE ORIGINシリーズの最終話。
冒頭のルウム会戦は迫力があり、楽しめた。
欲を言えば、本作のサブタイトルが「誕生 赤い彗星」なので、その辺をもっと派手に演出して貰いたかった。
またストーリーが淡々と進み、主役がいないような作品であった。

終盤はファーストガンダムのメインキャストを総登場させ、ファーストガンダムにつながるように上手く纏めている。
ただ本作は映画であり、シリーズ最終話なので、ラストはもう少し盛り上げたり、期待感をもたせて締めてほしかった。
しょご

しょごの感想・評価

3.6
ルウムの内容が分かりやすかった。
これで終わりなのは寂しい。
シャアがコズンに言うセリフが好き。
you

youの感想・評価

3.3
面白い!続きが気になりすぎる!
これで一旦終わりなのが寂しい。

最初からまた全部見たい

このレビューはネタバレを含みます

期待していたので
ん…って感じ
想像の世界でも良かったかも
SHO

SHOの感想・評価

3.0
※映画としての評価とガンダム作品としての評価を分けてます。

ガンダム作品的評価3.5

ルウム会戦がわかりやすく描かれている作品。
艦隊戦が迫力あるが、個人的にはシャアの戦闘シーンがカッコよすぎる。ザクなのに。笑

ラストのホワイトベース乗組員達の紹介演出も良かった。
1st見たくなった。
Karen

Karenの感想・評価

3.7
これ観たあと、本当に超絶ファーストを見直したくなったので劇場版で全部おさらいすることになります
Souma

Soumaの感想・評価

3.8
『第二幕の始まりだ』

「THE ORIGIN」3年をかけてついに完結!!!

通常の3倍のスピード。
この頃から通常ザクとは性能がまるで違っており、赤い彗星との異名がつくことに。

ルウム戦役の活躍により、シャアは一気にジオン軍のエースとなった。
また黒の三連星の活躍も入っており、 モビルスーツ戦は非常に迫力がある。

一方、戦争継続派の工作による陰謀によって1年戦争はさらに継続することとなる。

そして、ファーストの始めの舞台となるサイド7へむかうセイラ。
そしてアムロたち。

ファーストへの繋がる物語としては、十分な終わり方だった。
Ryota

Ryotaの感想・評価

3.9
シャア機体の3倍早いがわかりやすい
>|