機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星の作品情報・感想・評価

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星2018年製作の映画)

上映日:2018年05月05日

製作国:

上映時間:85分

3.7

あらすじ

宇宙世紀0079年1月23日、サイド5、ルウムで、ジオン、地球連邦の雌雄を決する戦いが始まった。圧倒的劣勢に追い込まれたジオンは、秘策である人型兵器「モビルスーツ」で編成した特別強襲大隊を投入し、戦況を一気に逆転させ、大勝利を収める。なかでも、ジオン軍のシャア・アズナブルは、赤いモビルスーツ「ザクⅡ」で戦果を上げ少佐に昇進、“赤い彗星”の異名をとる。ルウム会戦後、地球連邦軍はジオンに反撃すべく“…

宇宙世紀0079年1月23日、サイド5、ルウムで、ジオン、地球連邦の雌雄を決する戦いが始まった。圧倒的劣勢に追い込まれたジオンは、秘策である人型兵器「モビルスーツ」で編成した特別強襲大隊を投入し、戦況を一気に逆転させ、大勝利を収める。なかでも、ジオン軍のシャア・アズナブルは、赤いモビルスーツ「ザクⅡ」で戦果を上げ少佐に昇進、“赤い彗星”の異名をとる。ルウム会戦後、地球連邦軍はジオンに反撃すべく“V作戦”を計画。 その裏側で、サイド7の少年アムロ・レイは自ら行動し、新兵器「ガンダム」の秘密を探っていた。一方、地球の南極大陸でのジオン、地球連邦の両軍の高官がそろう早期和平交渉の場でルナツーから世界中にある声明が発信される…。

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星」に投稿された感想・評価

ゴン吉

ゴン吉の感想・評価

3.7
THE ORIGINシリーズの最終話。
冒頭のルウム会戦は迫力があり、楽しめた。
欲を言えば、本作のサブタイトルが「誕生 赤い彗星」なので、その辺をもっと派手に演出して貰いたかった。
またストーリーが淡々と進み、主役がいないような作品であった。

終盤はファーストガンダムのメインキャストを総登場させ、ファーストガンダムにつながるように上手く纏めている。
ただ本作は映画であり、シリーズ最終話なので、ラストはもう少し盛り上げたり、期待感をもたせて締めてほしかった。
ブルーレイ購入
Ideon

Ideonの感想・評価

3.0
一年戦争の端緒となるルウム戦役の一部始終を描く。コロニー落としの反撃に大艦隊を送り込んだ連邦軍。圧倒的な戦力でジオンを追いつめるが、ジオンが新兵器モビルスーツを投入、戦況は一変、レビル将軍までも俘虜の身となることになった。戦況が有利なうちに和議を結びたいと考えるデギン・ザビは、密かにレビルを解放、南極条約を結ぼうとするが…というお話。
これまた、話に聞いていただけだったルウム戦役の映像化。シャアがなぜ赤い彗星と呼ばれるようになったのか、ガルマがなぜ功を焦ったのか、レビルがなぜあのように人望を集めるのか、テレビアニメでは語られなかった細かい経緯が描かれ、ぼんやりとした疑問が解ける。また、ペラペラだった人物像が肉付けされ、より生々しい話になっている。テレビアニメ前日までの話が見事に映像化されているが、ここまでやるなら、チラリでもいいからガンダムを見せて欲しかった。まさに寸止めで、あとはテレビシリーズを見てくださいではあんまりである。ここから、あの無残な作画に繋がっていくのならたまらない。
ファーストガンダム見直そ
機動戦士ガンダム THE ORIGIN 第6弾。ガンダム本編では伝聞の形でしか出てこなかった過去編で最大の見せ場、ルウム戦役〜本編の前日譚までを描いたガンダムファンがずっと観たかったはずの映像…だかなんかつじつま合わせ感が凄いと感じるのはプロジェクトが本編を描かずここで終了してしまうからか…
粉雪

粉雪の感想・評価

4.0
懐かしいキャラデザ、声、シャアとアルテイシアの過去。ランバ ・ラルも出てきて納得、満足。ガンダムは戦争の愚かさと巻き込まれる若者の悲惨さを描いたアニメだったと再確認。時々のけぞるようなシャアのキザなセリフも健在で嬉しかった。
2018-5-8 大ステ 2-G-12
>|