takuma

悪と仮面のルールのtakumaのネタバレレビュー・内容・結末

悪と仮面のルール(2017年製作の映画)
4.4

このレビューはネタバレを含みます

MWの時の玉木宏がカッコ良かったので、タイトルだけで悪役と想像し映画館へ。
邪の設定が「悪」とするなら「仮面」は愛か。
BGMの音量が大きく、シリアスな台詞にも影響するほどでそこはどうかなと感じましたが、最後の二人の会話に愛と切なさが凝縮されてて、結果泣きました。
ストーリーを繋ぐ表現(言葉)も自分的に好みでした。

最後の香織の問い掛けが不自然だったのがちょっと残念。