しょこ

悪と仮面のルールのしょこのネタバレレビュー・内容・結末

悪と仮面のルール(2017年製作の映画)
3.5

このレビューはネタバレを含みます

上映期間終了ギリギリに駆け込んでみました、吉沢亮くん目当てで、原作は未読です。

登場人物たちの台詞にとても深みがあって、その人たちが歩んできた人生から、その言葉たちが紡がれているのだろうと感じ、面白かったです。

伊藤が文宏に、抱えている想いをぶつけて、出てきた、綺麗な一筋の涙には心が震えました。
ラストの文宏の泣き方も、そうやって文宏は泣くんだなぁと、香織に掛ける言葉と相まって、とてもグッときました。
ジャの中でもがいた文宏の、映画でのラストは優しく温かくて良かったなと思います、とても切ないのですが…。。

また、画がとても魅力的で、特に暗い画が美しかったです。美術も凝っていて良かったです。


原作も読んでみたく、これを機に中村文則先生の作品を色々と楽しんでみたいなと思います。