マル

悪と仮面のルールのマルのレビュー・感想・評価

悪と仮面のルール(2017年製作の映画)
3.0
中村文則の原作は読了してからの観賞。

かなり原作に沿った内容だったが、原作を読んでないと、邪の家系やら登場人物の相関関係が追いずらかったのでは、と思った。
完全にイッちゃっている家系での、悪のルールと仮面のルールが良く分かった。正直、小説ではそこまで深読みできなかったけど、この点では映画を観て良かった。

残念だったのは、、、
香織の顔が幼少時代と成人したときで違いすぎないか。。。
それと洪水のようなセリフと耳の付く高音量な音響。
と、原作で登城した女性の吉岡が、いい意味でダークシリアスな世界観の中で箸休め的な存在だっただが、映画では登場しなかったのが残念だった。

玉木宏のモノトーンな声と演技力、刑事役の柄本明の鬼気迫る演技、それにED曲が良かったので+1点。