マロ先輩

悪と仮面のルールのマロ先輩のネタバレレビュー・内容・結末

悪と仮面のルール(2017年製作の映画)
3.5

このレビューはネタバレを含みます

オープニングから、繋がらない登場人物たち、事象が次々と展開されていくところには凄いサスペンスだなあ!と期待値マックスでしたが、人物を掘り下げていったパートでは少しパワーダウンを感じました。中村達也さんのイカレっぷりは凄く怖かったけど、”悪”の描き方もその他はそれほどズシンとくるところはありませんでした。
ただし後半いきなりガラッと恋愛映画になったところには斬新さを強く感じました。新木優子さんのピュアな空気感、素敵だったなあ。惚れてまうやろ!玉木宏さんの切ない演技も良かったです。それを畳かれるようなUruさんの主題歌にもグッときました。Uruさんのライブも生で観たい!とエンドロールを眺めながら強く思いました。そんな意味で良い出会いがあった映画でもありました。最後になりましたが珍しく原作も読んでみたくなりましたw