特売小説

悪と仮面のルールの特売小説のレビュー・感想・評価

悪と仮面のルール(2017年製作の映画)
-
自らの人間性を卑下して言ってみたり、性善説を否定する立場から世界の在り方を語ってみたりと。

隙あらば登場人物が理屈を捻じ込み主張を述べる場面が連続するんですけれども。

そもそもの前提が具体的なエピソードとして語られる事がないので全てが空虚に聞こえてしまう始末。

ひたすらに早く終わってくれと願うばかりの二時間でした、と。