水辺の君に

悪と仮面のルールの水辺の君にのレビュー・感想・評価

悪と仮面のルール(2017年製作の映画)
-
原作未読。おそらくこれ、現実に忠実に再現しようとしすぎて映画として成立してないパターンじゃないでしょうか?ひとつひとつのシークエンスのかっこよさというか空気感が凄いだけに、ストーリー的な展開や繋がりがピンとこなくてその高低差がそのままつまらなさに直結してるっていう。科白が科白じゃなくて原作の本文まんまなんじゃないですかね?だから会話として成立していないのも辛い。
邪か悪か知りませんけどその人間の本質に対抗できるのは、愛というまた人間の本質の一つであるっていう。それだけなんですけどね。