悪と仮面のルールの作品情報・感想・評価

悪と仮面のルール2017年製作の映画)

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:138分

ジャンル:

2.8

あらすじ

11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために創られたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと…

11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために創られたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと知った文宏は、ついに自身の背負わされた運命に立ち向かうことを決意するが――。

「悪と仮面のルール」に投稿された感想・評価

中村文則氏の小説は『去年の冬、きみと別れ』のみ読了。
底なしの世界観に一種の恐怖を感じた。

本作もオープニングから摩訶不思議な世界が展開される。

久喜文宏(玉木宏)は大財閥・久喜家に生まれ、当主の久喜捷三から絶対的な悪《邪》となるべく教育を受ける。
しかし、完全な《邪》になれなかった文宏は幼馴染の幼女・香織(新木優子)の消息を探る。
文博は香織のもとに蠢く《邪》の存在に気付き、香織を守るために《邪》と対決する。

久喜家とは何ものか?
《邪》とは本質的に人間に潜んでいるものなのか?

ところが本作、途中からずっこける。《邪》の存在がどうだこうだと言っておきながら結局薬局そういうことか。

色恋話しに余計な飾りをつけるんではない。

ラストの玉木宏の独白(のようなもの)は圧巻の白々しさ。映画館の空気が凍りそうだった。
久しぶりにこんなつまんない映画みた。
なにを伝えたいのか、どうしたいのか、
全くわからない映画でした。
moe

moeの感想・評価

1.9
1人の幼い頃から好きだった女性を影で守るために主人公(玉木宏)は戦う。
幼いときも、彼女を守るため父親にまで、、。

期待して2時間ちょっとあり、途中何度も睡魔に襲われ正直凄く長く感じてしまい映画酔拳でジャッキーチェンが酒に酔い潰れたような顔で観てました💦
内容が、、、、あまりに、、。
邪(じゃ)として育てられる。邪(じゃ)を貫き通したとか憂鬱だからとか、、😑

なんだか自分は全く、グッと来なかったです🙏💦


彼女を守る為、アクションを入れたりしたら、もうちょい良かったかも!です。🙆‍♀️
SaeKozuka

SaeKozukaの感想・評価

1.5
ただただ大好きな玉木宏を拝む映画。
それだけに徹する。
mimo7391

mimo7391の感想・評価

2.7
ドキドキするシーンもなく、彼女を想う気持ちもさほど伝わらず。物足りない。
Mayu

Mayuの感想・評価

2.8
中途半端感
きのこ

きのこの感想・評価

2.3
きっと原作は面白いだろうと思った。
映画にするにはダメだったんかなと
最初から最後まで
は?でした。
ハテナですね。
kaname

kanameの感想・評価

1.0
実父から純粋悪となる事だけを望まれ育てられてきた男が、壮絶な運命に翻弄されながらも愛を貫く様を描いた物語。

邪?テロ?…世界観、スケール感、共に意味不明で真面目に見てられない中二病臭い内容が心底キツい…

話の目的地がサッパリな上にテンポが悪くて尺も長い…何とも退屈極まりない映画だった…
>|