悪と仮面のルールの作品情報・感想・評価

悪と仮面のルール2017年製作の映画)

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:138分

ジャンル:

2.8

あらすじ

11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために創られたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと…

11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために創られたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと知った文宏は、ついに自身の背負わされた運命に立ち向かうことを決意するが――。

「悪と仮面のルール」に投稿された感想・評価

中村文則氏の小説は『去年の冬、きみと別れ』のみ読了。
底なしの世界観に一種の恐怖を感じた。

本作もオープニングから摩訶不思議な世界が展開される。

久喜文宏(玉木宏)は大財閥・久喜家に生まれ、当主の久喜捷三から絶対的な悪《邪》となるべく教育を受ける。
しかし、完全な《邪》になれなかった文宏は幼馴染の幼女・香織(新木優子)の消息を探る。
文博は香織のもとに蠢く《邪》の存在に気付き、香織を守るために《邪》と対決する。

久喜家とは何ものか?
《邪》とは本質的に人間に潜んでいるものなのか?

ところが本作、途中からずっこける。《邪》の存在がどうだこうだと言っておきながら結局薬局そういうことか。

色恋話しに余計な飾りをつけるんではない。

ラストの玉木宏の独白(のようなもの)は圧巻の白々しさ。映画館の空気が凍りそうだった。
なぁ

なぁの感想・評価

3.2
厨二病設定…玉木宏が完全な悪ではなく悲しき殺人者なところが切なかったけどよかった。グロいところは置いといてラストの女性とのシーンは泣けたし、なんといっても玉木宏と吉沢亮の顔がよかった!😊
玉木くんの映画だから最後まで見たけど何故この作品が賞を取ったんだろう?って理解出来なかった。グロすぎるのも無理。チケット無料で貰ったけどもう一回観たいとは思えませんでした。
Yuriko

Yurikoの感想・評価

2.0
邪の家系が築かれた背景がまったく読めず理解不能だった。原作未読だが逆に原作が気になった。
いそ

いその感想・評価

3.4
この映画を見て、人生はまだこれからだと背中を押してもらいました。ラストの二人のシーンでは心が震えました。
邪として育てられたが恋する善だった男と水商売してるけどピュアな女。原作って本当にこんなに安っぽいですかね?と問いたかった。
きき

ききの感想・評価

3.0
われわれは邪の家系であり、代々絶対悪の人間をつくりあげている・・・と声高にいいながらも、映画に登場する邪として育てられたひとびとすべて絶対悪の育成に失敗した感がつよいので、そんなに代々絶対悪を育てているわりには育成マニュアル穴だらけじゃん・・・ということばかりが気になりました。
登場人物ほぼすべてがなぜか彼に必要以上にかまいたがる、玉木宏の愛されキャラぶりはすごかったです。
いお

いおの感想・評価

-
中村さんの小説がどんな映画になるのか、そういう興味で。
彼が守ろうとする彼女にそこまでの吸引力がなくて、玉木さんの勢いが空回りしたきがした。もう少し大人じゃないと無理だったかな、綺麗だけど。
yume

yumeの感想・評価

4.5
悲しい愛の物語。
最後は涙なしでは見られなかった。

途中少々グロいところがあったので4.5。
>|