悪と仮面のルールの作品情報・感想・評価 - 10ページ目

悪と仮面のルール2017年製作の映画)

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:138分

ジャンル:

2.8

あらすじ

11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために創られたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと…

11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために創られたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと知った文宏は、ついに自身の背負わされた運命に立ち向かうことを決意するが――。

「悪と仮面のルール」に投稿された感想・評価

かず

かずの感想・評価

3.3
退屈せずには観れたが物足りないかんじがする。140分と長い映画だったが見終わった後はこんなもんかとあっさりした気分。主人公に敵対する人たちがあっさりやられすぎなところが残念。もう少し殺しのシーンなどをはっきりと入れた方がよかったのでは?
83roh

83rohの感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

うーん🧐悪い時代の邦画そんな闇の伝統を踏襲した作品だっかなぁ…

まずキャスティングがダメだよね?回想シーンでは、ほぼ同じ年の文宏と香織。なんで玉木宏と新木優子になるのでしょうか?この二人実年齢13歳差なんですけど、回想シーンから現在に切り替わるとギャップが大き過ぎて映画に入り込めないのですが…子供の頃の香織が、大人の香織になるのもリアリティ無かったかな…「香織、アンタも整形したん?」って聞きたくなった。

キャスティングは酷いがメインどころの役者はイイ芝居してました。柄本明の食らいついたら離さない叩き上げの刑事っぽいのが良かった!

ただ一人むっちゃ大根役者居ましたよね?その人が出て来ると映画が止まるというか、一生懸命台詞言ってるのだが何の感情も込められてない?台詞の意味さえ解ってない感じで喋られても何も心に響かなかった。原作読んで無いのですが、原作の薄皮だけを剥ぎ取ったようなストーリーに加えてその人が喋ると更にペラペラになってました。

久喜という一家が何故そんなに力を持っているのか?何故久喜家では邪の系譜を残し続けているのか?何故新谷という男が選ばれたのか?何故文宏は整形しないといけなかったのか?幹彦が言ってた香織の秘密(そんな事言ってたよね?)は何だったのか?何一つ解りません。

久しぶりにペラッペラの邦画見た。
ree

reeの感想・評価

2.5
主人公の気持ちに寄り添えるような映画ではなかった。ラストシーンもひたすら退屈な時間だった。原作を読んでいたら、また違ったように感じたと思う。
玉木宏さん、新木優子さん、吉沢亮さんの演技がもったいなかったと思う
ワン

ワンの感想・評価

3.0
🚬親の支配から逃れようとする男の話。

新谷弘一(玉木宏)が絶対的な強者の立場にいないため“悪”のイメージはあまり感じられなかった。仕事もせずブラブラしている印象が強い。

ラストの香織との会話がちょっと長くて興ざめした。
みつ

みつの感想・評価

2.7
原作未読だと色々理解に苦しむことばかりだったから、きっと色々端折られているんだと思う…!逆に原作が読みたくなった!
はる

はるの感想・評価

3.0
こいつらめっちゃ喋るな…な映画。原作が小説だからなのか、とにかくセリフで事を運びがちです。観客は登場人物の会話と主人公のモノローグをうるさい音楽と共にずーっと聞かされる、という具合です。
小説に出てくる言葉って特性上どうしても「いやいや普通の人はそういうこと言わないから」と言いたくなるような、大仰に言い回しとかになりがちだと思うんですけど、それをそのまま映像の中に組みこんじゃうとすごく違和感があるので、今少し考えた方がよいのでは?と思いました。
画として「おっ!」と思わされるショットもあるものの、とにかく映像化したときの魅力がなさ過ぎて…。

この映画の中村達也はめちゃくちゃにハマっていて、とにかく凄かった。中村達也もご多分に漏れず、ずーっと喋ってるんですけど、とにかくめちゃくちゃにセリフ回しが上手い。玉木宏より断然よかった。
あとは私が贔屓だからってのもあるんでしょうけど、吉沢亮もすごくよかった。この人すれた役やるとめちゃくちゃハマるよな~。

ものすごく丁寧に撮ったことは伝わるけど、今一つ工夫点が見いだせない、ちょっと残念な映画でした。
なんでこんなにもったいぶった演技と物語の運びになってしまったのか。
玉木宏の無駄遣い
この作品の原作を面白かったと思った人たちは
この映像作品は納得するものだったんだろうか…
私は…
やっぱりこの作品の中核となる「悪」の定義にシンパシーを感じることが出来ず、作品にのめり込めなかった…というのが正直な感想だった

原作を読んでいない人が見ても 
十分楽しめる映像作品にはなっており
主人公の文宏と彼の生涯の想い人カオリの純粋な部分をクローズUPし
上手く構成されていたため
原作とはまた雰囲気の違う、判り易い内容に仕上がっている
二人の「純愛」が際立つ映像作品となっているから
ラストシーンにグッとくる人も多いかと思う

その反面
中村文則氏の世界観が好きなヒトは
ちょっと物足りない映像作品となってしまっているかも知れない…

終始取り巻く
陰鬱で寂寞とした独特な雰囲気を持つ原作の面白さは
残念ながら半減してしまったように感じる
少年時代の文宏とカオリの関係性が
成熟した男女間の
それも純粋な愛を育む世界をキッチリと描ききることで
絶対悪=邪の世界の片鱗がみえ
ラストの悲劇がより際立ち
文宏が強いられた邪の世界が巨悪で絶対悪の姿であればある程
文宏の仮面の下で行う悪の行為が正当化されて
絶対的悪に対する悪のルールも構築されていく…はずだったのに
巨悪で絶対悪の「邪」の姿は どこか貧弱で空虚な印象を拭えず、悪の象徴となるはずだった幹彦の姿は、心を病んだ普通の犯罪者の姿にしか見えなかった(これは演じた方の技量の問題でない)

表現という作業に付きまとう「バランスをとる」という感覚
これが ここまでこの作品の良さを削いでしまったことは
誠に残念としか言いようがない

本作品の主演の玉木宏氏はなかなかの踏ん張りで好印象
吉沢亮氏は繊細な演技でテロリスト役を好演
でも、一番印象に残ったのは
探偵さんの光石研氏の演技
最後の登場シーンのセリフは 文宏だけでなく
試写会場に居た全員の心の中の蟠りを一瞬にほぐした
このシーンは原作でもホッとする場面だったけど
実際に映像としてみるとグッと来た

単なる「純愛」物語としてはイケナイ作品のような気がするが
今の時代の表現では このカタチがベストなのかもしれない
「邪」が「純粋な愛」に浄化される物語だった
とえ

とえの感想・評価

3.0
圧倒的な支配力で息子たちを操ろうとする父親と、その呪縛から逃れるために生まれ変わる息子の物語

んー
私としては、全てにおいて食い足りなかった

毒親の影響力も、サスペンス的要素も、忘れられない恋も、テロリストの恐ろしさも

どこからハイライトがやってきて、盛り上がるんだろう…
と思っている間に終了していた…

それにしても、最近は毒親ものが流行りだなぁ
Ophelia

Opheliaの感想・評価

2.5
玉木宏の悪役を期待するなら【MW】を観ろ…と思いました。あまり事前知識なしに行ったので同様なダークさを期待していたのですが…仕上がりはただの”ラブストーリー”でした。
狂気的な部分が全て伏せられている感じもして【悪】を売りにしているのに、それを描かないのは勿体無いなとも思います。残忍シーンを見せろと言う訳ではないのですが、とはいえ肝心なシーンは全て抜け落ちているので大衆(子供?)向け感が拭えません。

原作は読んでいませんが、恐らく土台にある設定はとても面白いのだろうなと推測出来ます…ただ、映画ではそのどれもが推測の域を出ず、匂わされる事もなく進む…という感じで、正直に、勿体無いなと思います。原作を気にさせるには良いPR映画でしたw