悪と仮面のルールの作品情報・感想・評価 - 11ページ目

悪と仮面のルール2017年製作の映画)

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:138分

ジャンル:

2.7

あらすじ

11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために創られたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと…

11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために創られたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと知った文宏は、ついに自身の背負わされた運命に立ち向かうことを決意するが――。

「悪と仮面のルール」に投稿された感想・評価

s3

s3の感想・評価

1.2
20180113
センチュリーシネマ



中村哲平監督×玉木宏ということで
ずっと前から見に行くと決めていた。

が、あらすじで嫌な予感がしていた通り
強引な設定を受け入れられず
原作の中村文則との相性悪さを改めて感じました
一言で言うと薄っぺらい。

映画自体もいまひとつ盛り上がりどころが分からず
エグいのが苦手なのでハラハラ見てたら
突然あっさり解決したりして…え?みたいな。
で、会話のシーンもめちゃ長くて、
ダラダラ感拭えず。
全体的にテンポ感が悪いというか

俳優さんの演技は良かったと思うんですけど。
ごてふ

ごてふの感想・評価

2.9
ユナイテッドとしまえんにて。初日のレイトショウには観客8名と超閑散。芥川賞作家による原作小説は未読。ピカレスクロマンは小説・映画の一ジャンルとして魅力的な主人公数多あり。本作もタイトル通り邪悪なるものとして育てられた主人公のお話なのだが、設定が唐突で説得力がない。思わせぶりな演出と絵造り、耳障りなサウンドトラックが盛り上げようとすればするほど内容は空疎になる。役者の力演虚しく不発の花火の如し。良かったのは新木優子ちゃんの清冽な美貌のみ。
会長

会長の感想・評価

2.0
文学作品の映画化なので、他のエンタメ映画とは違い、多少の分かりにくさを覚悟していた。その予防線があったので寝なくても済んだ。「楽しむ」という感覚を求めてはいけない作品。まぁ…「邪」だのなんだのがよく分からなかった💧酔っ払いの兄弟との会話シーンや最後の車中でのヒロインとの会話は長過ぎ!ダラダラダラダラする…そこまで引っ張る理由がわからない。作品を面白くなくしてる。玉木宏の大ファン以外は見なくてもいい。
ぬん

ぬんの感想・評価

2.8
友人が舞台挨拶を当てたとのことで棚ぼた鑑賞!

当日まで何の前知識もなく、映画館にあるポスターと予告動画だけみて本編を観たのですが、イメージとは違ったかな…。
小説読まないと背景や時系列が分からなくて???なことがたくさん。
なんか面白くなりそうな感じなのに、ならなくて…なんだか消化不良なまま終わってしまいました。

ただ中村達也の悪役具合は恐ろしすぎて漏らしそうになります。涙
指の隙間から辛うじてみる感じ。笑

舞台挨拶は文句なしに玉木宏かっこよすぎて、新木優子は顔ちっちゃくて美しかったです。。
ありがたき目の保養。
shunta

shuntaの感想・評価

2.8
狂気に覆われた一族で、

狂気から抜け出したい人の話。

気持ち悪く、本当にとりつかれたような

一族で育った人が、ずっと狂い続ける。

連鎖を絶つためにどーする??

その先にあるものは??

とにかく気味が悪い。どよーんとして

終始、気味が悪い。気味が悪い。

変な一族で、ぶっ飛んだ現実味がない話。

玉木宏の演技は良かったと思う。渋くて

かっこいい。色気もある。

ただ、話が気持ち悪くて感情がおっつかなかった。

また、ラストで当事者が喋りすぎな気がする。

何であーもセリフある?正直、くどいと感じた。
ほぼほぼ吉沢亮がヒロインとみて間違いがなさそうな映画でした。


顔面のアップが多用されるこの映画は顔面がいい役者が起用されてるから成り立つ感あるなって思ってしまった……。悪意と邪心は別物なんですよ、っていい感じの感想言いたいけれど、何はともあれ吉沢亮がヒロイン。子犬のような目で見つめられぽろりと涙を溢す吉沢亮は誰が何と言おうとヒロイン。
元々見るつもりなかったけど。
たまたま時間合う映画なくて見てみました。

正直、もの足りな過ぎる…
原作読んでないからよくわからないけど、納得できない部分が多いし、キャラクターも中途半端だし…

元々あまり期待してなかったから個人的にダメージは少ないけど…

あと、ずっとしゃべってるお子ちゃまがいて相当腹立たしかった。ただでさえつかみにくい話なのに、余計わからなくなってしまった…
かず

かずの感想・評価

3.3
退屈せずには観れたが物足りないかんじがする。140分と長い映画だったが見終わった後はこんなもんかとあっさりした気分。主人公に敵対する人たちがあっさりやられすぎなところが残念。もう少し殺しのシーンなどをはっきりと入れた方がよかったのでは?
83roh

83rohの感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

うーん🧐悪い時代の邦画そんな闇の伝統を踏襲した作品だっかなぁ…

まずキャスティングがダメだよね?回想シーンでは、ほぼ同じ年の文宏と香織。なんで玉木宏と新木優子になるのでしょうか?この二人実年齢13歳差なんですけど、回想シーンから現在に切り替わるとギャップが大き過ぎて映画に入り込めないのですが…子供の頃の香織が、大人の香織になるのもリアリティ無かったかな…「香織、アンタも整形したん?」って聞きたくなった。

キャスティングは酷いがメインどころの役者はイイ芝居してました。柄本明の食らいついたら離さない叩き上げの刑事っぽいのが良かった!

ただ一人むっちゃ大根役者居ましたよね?その人が出て来ると映画が止まるというか、一生懸命台詞言ってるのだが何の感情も込められてない?台詞の意味さえ解ってない感じで喋られても何も心に響かなかった。原作読んで無いのですが、原作の薄皮だけを剥ぎ取ったようなストーリーに加えてその人が喋ると更にペラペラになってました。

久喜という一家が何故そんなに力を持っているのか?何故久喜家では邪の系譜を残し続けているのか?何故新谷という男が選ばれたのか?何故文宏は整形しないといけなかったのか?幹彦が言ってた香織の秘密(そんな事言ってたよね?)は何だったのか?何一つ解りません。

久しぶりにペラッペラの邦画見た。
ree

reeの感想・評価

2.5
主人公の気持ちに寄り添えるような映画ではなかった。ラストシーンもひたすら退屈な時間だった。原作を読んでいたら、また違ったように感じたと思う。
玉木宏さん、新木優子さん、吉沢亮さんの演技がもったいなかったと思う