悪と仮面のルールの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

悪と仮面のルール2017年製作の映画)

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:138分

ジャンル:

あらすじ

11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために創られたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと…

11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために創られたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと知った文宏は、ついに自身の背負わされた運命に立ち向かうことを決意するが――。

「悪と仮面のルール」に投稿された感想・評価

ardant

ardantの感想・評価

1.0
話は大げさなのに、なんの緊迫感もないし、守るべきものの必然性が感じられない。財閥なのに3000万しか遺産を義理の娘に分けていないのも不自然だし。だから、最後の告白に何の感動もわかないのだ。映像は悪くなかった。
あっこ

あっこの感想・評価

2.4
2018/1/14

で "邪"ってなんなの?というつっこみ

原作では"邪"について
もっと触れているのかしら…

躍動感溢れるようなアクションシーンもなく
暗ぁーい会話でだらだら進む感じ

自分を悪と言うのであれば
少しくらいグロくて残虐なコトしてみなさいよ!!!笑

あー眠かった

このレビューはネタバレを含みます



初日舞台挨拶にて観賞。


んー良かったシーンも多くあったけど、
全体的に見た後、スッキリしない。


原作を読んでいたら、もう少し見え方が
違ったのかな?なんて思うけど…
どうなんでしょう。

短時間におさめてるからなのか…
中途半端に感じる所も多かったように思う

といっても135分?となかなか長めな作品で、実際もっと長く感じてしまった。


なかなかいきなり物語が始まるし、
子供から大人になるまでの間
文宏や香織は何をしていたのだろう?


結局『邪』とは何なのか?
悪という悪も感じられなかったな〜



キャスト良いのに、、、。


シリアスなのかと思えば、
なかなかラブストーリー強めな作品


最後の文宏と香織の車のシーンは
とても切なくて感動的でした。

ウルッとする。

このシーンだけで評価少し上がる!!



そして心に残ってるのは、

「今は辛くてもこの先はわからない。だってあんなに幸せなこともあるんだもの。」

「その人が幸せだったかなんて、死ぬ時までわからない。」


(正確ではないけど)こんな感じの台詞。
本当にその通りだなって。

またあの時みたいな幸せがあるかもしれないし、もっと幸せなことがあるかもしれないし…そう思ったら辛くても生きていかなきゃと思えるな〜なんて( ¨̮ )




個人的には、予想以上に吉沢さんの
出番あったので良かった〜って感じです








初日舞台挨拶(軽レポ)
13:10〜 マスコミ有
16:40〜

最後の車のシーンは、脚本の時点では
空港のロビーだったそう。
どうにか原作通りにならないかと頼み
車でのシーンが実現したらしいです。


汚れたモノを綺麗にするのは難しい。
それを感じさせるものが所々にあって、
最初のシーンのグラスもあえて汚い。
最後に伊藤と話す所で映る川も汚い。


子役の子達はファーストキスだったそう。
実際に映像で使われている。


吉沢さんがこの作品で好きな人物
映画には登場しないが、心にいろいろ
抱えているヨシオカさんという女性。



吉沢さんからみた玉木さんの印象。
→とても自然でフランクな人

玉木さんからみた吉沢さんの印象。
→一回り以上違うけど、力強い演技をする人、刺激をもらった


ここまで一途な男性はいるのか?
これは吉沢くん答えてみたらいいんじゃない?と振る監督。
吉沢さん
→い、います…よ。
玉木さん
→そうなれたらいいなと憧れますけど、誘惑が多いですからね〜


マスコミの回では、玉木さんの
BDサプライズで肉ケーキ登場。

肉ケーキどうですか?と振られる吉沢さん
→え、俺ですか?wうまそー(的な事を)


.
彩鐸

彩鐸の感想・評価

2.3
かなり甘めに点数つけました。
感想書きましたのでよろしければ。
http://saitaku-cinema.sakura.ne.jp/53053/2018/01/14/akutokamen/
damo

damoの感想・評価

2.0
中村文則の雰囲気と推察。長いセルフをずっと喋りテンポが遅い。複雑に話しているがシンプルなストーリー。
福原実

福原実の感想・評価

1.1

このレビューはネタバレを含みます

主人公はある日、大富豪の父親から社会に災いをなす絶対的な悪として育てていると告げられる。主人公を悪として完成させるため主人公の初恋相手に危害を加えるという父親の企みを知り、主人公はついに父親を殺害する。その後、主人公は顔を整形し、陰ながら初恋相手を見守っていたのだが、彼女をつけ狙う者が幾人も現れて…という話。

中村文則の原作は未読。

おそろしく期待外れな作品。
「悪」というものを取り扱っているあらすじから、どれだけ刺激的な話なのかと思ったら、主人公や彼の父親が語る悪の内容も極めて抽象的だし、主人公の玉木宏がいつまでたっても悪にならない。凄腕の探偵に初恋相手の身辺調査を依頼するのだが、莫大な金を払うというのにこれまた依頼内容がすごぶる曖昧。黒幕の異母兄の存在だけは狂気を感じたが行動原理がよくわからないまま事件は解決して、最後にものすごい尺の長い純愛演技が待っておりまして、上映時間2時間超えなのに頭に何も残らなかった。地獄のような135分だった。
おそらく原作をかなり端折っていると思うのだが、あらゆる設定に説得力がない。十代半ばで家を出たあとの主人公たちは10年何してたの?とか、ヒロインはなして遺産3000万円も相続してるのにホステスとして働いてるの?とか疑問が多すぎる。せめて主人公とヒロインに共感できれば良いのだが、つまらん過去にこだわらずに二人は結ばれれば良いのにとしか思えない内容だった。

客僕含めて2人しかいなかったけど大丈夫かなあ…
あやの

あやのの感想・評価

2.5
突然に物語が始まって、そのままあまり入り込めないまま話が進んでいった。分かるけど何がしたかったのかよく分からない。途中で、ん?ひょっとしてつまらない!?と気づいてしまった。小説からだいぶ省いているのだとは思う。登場人物一人一人の人物像がよく見えなくて、感情移入もできなかった。
yuuuut

yuuuutの感想・評価

2.8
疲れていて途中眠くなりながらも、これ寝たら何が何だか分からなくなる!と思い頑張りました。が、
結局「邪」がなんだったのか分からなかった。

言うほど玉木宏が悪ではない。
てか悪ではない。

原作読んでないといけないやーつでした。
きっき

きっきの感想・評価

3.0
原作を読んでから見たらいろいろ理解ができるのかなと思った。
冒頭での話しも最終的にうまく回収されなかった印象!

キャストはいい人が多かった!
原作は未読だが、他の中村文則作品は数冊読み、大凡の作風は把握済み。独特な小説をどう映画として料理するのか非常に興味があった。
感想として、原作に忠実に実写化した(であろう)結果が完全に裏目に出たようだ。あの作風をそのまま映像化したらこういうテンポが悪く冗長で退屈な映画になるだろう。隣の客が寝息を立てていたのも充分理解できる。
文語体に近い小説の台詞をそのまま喋らせたら当然ながら不自然になるし、会話シーンが長く画がもたないからか顔アップばかりに逃げるのも安易で感心できない。
玉木宏と同年代の女性役に新木優子のキャスティングはやはり無理があった。彼と肩を並べられる20代後半〜30代半ばの女優は予算やスケジュールの都合でNGだったんだろうか。
劇中での扱いは別として光石研や柄本明のベテラン陣が出ると画は締まるし、中村達也の狂気も見応えはあった。吉沢亮も繊細な演技が光っていた。
玉木宏は流石の安定感だが、見栄えが良過ぎて悪目立ちしてしまった印象も受けた。歳相応の皺が目立つので顔アップ連発するのは酷な気はしたけど。同年代設定の新木優子と二人のシーンは肌年齢の差による違和感が増して強い。
予備知識がなかったら若手やベテランを揃えてそれらしい台詞を喋らせた単館系雰囲気映画としか評価できなかったと思う。
原作がそもそも映像向きではないから大胆にアレンジしても良かったのでは?但し、一歩間違うと「哀しき殺人者のラブ・ストーリー」という韓国映画にありがちな展開になるので監督の腕が試されるけど。
ラブストーリー要素だけをまんま歌詞にしたED曲の浮きっぷりにも苦笑い。わざわざ歌詞のテロップを流す必要はあったのか分からない。
果たして映画化で誰が得した作品だったのかよく分からなかった。