悪と仮面のルールの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

悪と仮面のルール2017年製作の映画)

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:138分

ジャンル:

2.8

あらすじ

11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために創られたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと…

11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために創られたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと知った文宏は、ついに自身の背負わされた運命に立ち向かうことを決意するが――。

「悪と仮面のルール」に投稿された感想・評価


玉木宏の子供時代の子がいい目をしている。

その印象。

物足りなさを感じる作品だった。
m21yu

m21yuの感想・評価

3.0
原作の世界観を出そうとしているのは伝わってきたけど、中村文則作品を実写化するのなら脚本をもう少し考えて欲しい。

このレビューはネタバレを含みます

原作は未読ですが中村文則なので実写化はエグいだろうなあと思いつつ…。関ジャニファンとしては過去に裏稼業系映像作品を撮ってもらって馴染みの中村哲平監督、やっぱりハードボイルドなんですね。正直言うとなぜ“邪”が必要なのかはわかるようでわからないけれど、度々「小説なのか哲学書なのか」と言われる中村文則なので映像で説明すると野暮ったくなってしまうでしょう。それにしても痛かった…。
しょこ

しょこの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

上映期間終了ギリギリに駆け込んでみました、吉沢亮くん目当てで、原作は未読です。

登場人物たちの台詞にとても深みがあって、その人たちが歩んできた人生から、その言葉たちが紡がれているのだろうと感じ、面白かったです。

伊藤が文宏に、抱えている想いをぶつけて、出てきた、綺麗な一筋の涙には心が震えました。
ラストの文宏の泣き方も、そうやって文宏は泣くんだなぁと、香織に掛ける言葉と相まって、とてもグッときました。
ジャの中でもがいた文宏の、映画でのラストは優しく温かくて良かったなと思います、とても切ないのですが…。。

また、画がとても魅力的で、特に暗い画が美しかったです。美術も凝っていて良かったです。


原作も読んでみたく、これを機に中村文則先生の作品を色々と楽しんでみたいなと思います。
ミステリー作品かと思いきや、切ないラブストーリー。邪を生もうとする背景も良くわからないし、舞台のような理屈っぽい長台詞には、ちょっと食傷気味。
玉木宏 金遣いオバケ
まさかのラブストーリー
主題歌が映画とマッチ

最後の方 新木優子美人しか
脳裏に浮かばんかった

製作幹事:キングレコード
アメブロを更新しました。 『「悪と仮面のルール」申し訳ないが酷評しか出てきません。酷いです。』 https://twitter.com/yukigame/status/954743869261848576
ラスト30分まで、そういえば中村文則は純文学だったと忘れてしまっていたくらい、台詞ひとつひとつが重く圧掛かる作品でした。幸福は閉鎖、損なうことは至上の快楽(同感!)、いったいどこでこんな気持ちを感じ取ったのか作者は!!役者は玉木宏さんにはちょっと難しかったかなーが感想。声が美しすぎるんだよね。そしてラストはしっかり純文学でまとめた作品力と脇役の役者さんたちに拍手!
好きな感じにかすりそうだったけど、何か物足りなかった。途中で飽きそうになった。でも玉木宏は抜群にカッコ良かった。中村文則作品はもっと重くて深い話だと思うから、原作を読んでみたくなった。
takuma

takumaの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

MWの時の玉木宏がカッコ良かったので、タイトルだけで悪役と想像し映画館へ。
邪の設定が「悪」とするなら「仮面」は愛か。
BGMの音量が大きく、シリアスな台詞にも影響するほどでそこはどうかなと感じましたが、最後の二人の会話に愛と切なさが凝縮されてて、結果泣きました。
ストーリーを繋ぐ表現(言葉)も自分的に好みでした。

最後の香織の問い掛けが不自然だったのがちょっと残念。