悪と仮面のルールの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

悪と仮面のルール2017年製作の映画)

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:138分

ジャンル:

2.8

あらすじ

11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために創られたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと…

11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために創られたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと知った文宏は、ついに自身の背負わされた運命に立ち向かうことを決意するが――。

「悪と仮面のルール」に投稿された感想・評価

ありさ

ありさの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます


サスペンスかと思ってみたら普通に純愛映画でした。

思わず泣きました。

でも面白かったです。
ひらが

ひらがの感想・評価

3.1
会話中心の作りで140分弱の作品。
冒頭からこの家系が何者なのかよく理解できなかった。ただそれと同時に興味を抱けて展開に期待できた。
一言で言うと「愛」がテーマなんだろうと思う。勿論タイトルにあるように「悪」が絡むとのだが。
音楽での煽りに対して静かに事が進むから拍子抜けしたりする。核心に迫る刑事が一番ヒヤヒヤでした。
やっぱりワンシーンが長くは感じる。そして観る前の印象とだいぶ違う感じのストーリーではあった。
misun

misunの感想・評価

2.4
最初のお父さんの言葉の意味がよくわからないとこから始まって、最後まで理解できませんでした。それに幼馴染の二人が大人になったらすごい年の差。故におとな玉木がこども新木へ純愛をコクってもしっくりきません。
邦画は脚本をもっと頑張った方がいいと思います。
30

30の感想・評価

3.4
良い意味で予告に騙された、
苦しくて切ないラブストーリーでした。

日本映画は説明ゼリフや感情セリフが多い…(コソッ
あまりこういうジャンルのものを観ないから何とも言えないけれど、画が綺麗だったし映像の切り替わりも私は好きだった。

原作が中村文則なだけあって、警察の言葉がいつも核心をついてくるようなギョッとする感じ。

普通の世界からは程遠い世界だとは思うけれど、最後は本当に究極なラブストーリーになっていた。

ただ気になるのは、文宏はどこから収入源を得ているの?ということ!笑
玉木宏いいね!
ルックスも声もいい!

序盤から30分くらい、全く話が掴めなかったが、掴めない面白さがあったし、原作未読の自分としては、全体を通してもそれなりに楽しめました。

後半、「悪のルール」が展開、提示されるのだが、まぁ言ってることが気が狂いそうなこと言ってるなと。
よくここまで、正気を保って想像力を押し広げられるなと思いました。まぁ、原作の話をしてるのですが…

一緒に見に行った中村文則著書を読んでる友人曰く「中村文則はマジでキチガイ」「原作はこんなもんじゃない」と言ってました。
よし、原作読もう笑

小説から映画は難しいですな。
それにしても整形で顔変える話多くないか。ネタバレになるので作品名は挙げませんが、昨年から数えて3作目。ネタ的にやりやすいんですかね。
Hi

Hiの感想・評価

-
今年初の貸し切り映画。
レイトで見る作品では無かったです。
ガーディアンズの後だったのか、上映時間138分が異常に長く長く感じました。
展開もスローテンポで、台詞も良く理解出来ない部分があった為か退屈して見てました。
とにかく、長った。
中村文則氏の小説は『去年の冬、きみと別れ』のみ読了。
底なしの世界観に一種の恐怖を感じた。

本作もオープニングから摩訶不思議な世界が展開される。

久喜文宏(玉木宏)は大財閥・久喜家に生まれ、当主の久喜捷三から絶対的な悪《邪》となるべく教育を受ける。
しかし、完全な《邪》になれなかった文宏は幼馴染の幼女・香織(新木優子)の消息を探る。
文博は香織のもとに蠢く《邪》の存在に気付き、香織を守るために《邪》と対決する。

久喜家とは何ものか?
《邪》とは本質的に人間に潜んでいるものなのか?

ところが本作、途中からずっこける。《邪》の存在がどうだこうだと言っておきながら結局薬局そういうことか。

色恋話しに余計な飾りをつけるんではない。

ラストの玉木宏の独白(のようなもの)は圧巻の白々しさ。映画館の空気が凍りそうだった。
期待値が高かったぶん、評価が上がりにくくなってしまった。朝ドラ以降、玉木さんのファンになり、今回のストーリーでの演技を観たく鑑賞。
少し現実離れしたストーリー。グロい?ようなシーンも多々あり、思わず目を逸らしました。
役者陣の演技は好きでした。子役さん達の演技も素晴らしいと思いました。
が、個人的には最も苦手なストーリーで、期待値を下回ってしまいました…ただ、テロリスト・伊藤と久喜文宏のやりとりが特に良かった。一番人間らしいのが久喜文宏だったのだと感じられるシーンだと思います。
てみー

てみーの感想・評価

2.0
これは本読まないと面白さがわからないと思いました。ただ、本は面白そうだということはわかりました。まぁ玉木宏と吉沢亮目当てで行ったんですけど。本を丸々映画化ってわけにもいかないから、ある程度端折ってていうのはわかるんだけど、中途半端なとこで端折ってるから「んん??」ってなること多しです。これに点数はつけにくいですが、これを撮った監督は見に来る人全員が本を読んで来てないってことを想定し、もっと考慮すべきという点で低い点数です。