悪と仮面のルールの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

悪と仮面のルール2017年製作の映画)

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:138分

ジャンル:

2.8

あらすじ

11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために創られたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと…

11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために創られたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと知った文宏は、ついに自身の背負わされた運命に立ち向かうことを決意するが――。

「悪と仮面のルール」に投稿された感想・評価

中村文則氏の小説は『去年の冬、きみと別れ』のみ読了。
底なしの世界観に一種の恐怖を感じた。

本作もオープニングから摩訶不思議な世界が展開される。

久喜文宏(玉木宏)は大財閥・久喜家に生まれ、当主の久喜捷三から絶対的な悪《邪》となるべく教育を受ける。
しかし、完全な《邪》になれなかった文宏は幼馴染の幼女・香織(新木優子)の消息を探る。
文博は香織のもとに蠢く《邪》の存在に気付き、香織を守るために《邪》と対決する。

久喜家とは何ものか?
《邪》とは本質的に人間に潜んでいるものなのか?

ところが本作、途中からずっこける。《邪》の存在がどうだこうだと言っておきながら結局薬局そういうことか。

色恋話しに余計な飾りをつけるんではない。

ラストの玉木宏の独白(のようなもの)は圧巻の白々しさ。映画館の空気が凍りそうだった。
期待値が高かったぶん、評価が上がりにくくなってしまった。朝ドラ以降、玉木さんのファンになり、今回のストーリーでの演技を観たく鑑賞。
少し現実離れしたストーリー。グロい?ようなシーンも多々あり、思わず目を逸らしました。
役者陣の演技は好きでした。子役さん達の演技も素晴らしいと思いました。
が、個人的には最も苦手なストーリーで、期待値を下回ってしまいました…ただ、テロリスト・伊藤と久喜文宏のやりとりが特に良かった。一番人間らしいのが久喜文宏だったのだと感じられるシーンだと思います。
てみー

てみーの感想・評価

2.0
これは本読まないと面白さがわからないと思いました。ただ、本は面白そうだということはわかりました。まぁ玉木宏と吉沢亮目当てで行ったんですけど。本を丸々映画化ってわけにもいかないから、ある程度端折ってていうのはわかるんだけど、中途半端なとこで端折ってるから「んん??」ってなること多しです。これに点数はつけにくいですが、これを撮った監督は見に来る人全員が本を読んで来てないってことを想定し、もっと考慮すべきという点で低い点数です。
映像キレイ!マンションの吹き抜けを下から映すとこサイコーでした。
肌の質感とかもザラザラしてて良かったね。

ただストーリーはなにがしたいのかよくわからんかったですね
はるお

はるおの感想・評価

1.2
舞台挨拶付鑑賞。吉沢ファンにも勧められないかな(4シーンほどだし)
あんまり寝ない私が後半は頻繁に目をつぶってたほど退屈で冗長。

ただでさえファンタジックな設定に説得性がない。「邪」という存在、もっと禍々しく描かないと全く怖くない。"養女を損なう"シーンなんか股から血を流させるくらいやってもいいんじゃない。久喜家のスケールも小さく見えた。

MVやCMでやってきた監督なのに動きが少なく台詞で説明させてたの残念。
nagisa

nagisaの感想・評価

3.8
th-5

中村文則ファンとしては満足。

原作を読んでからの鑑賞をおすすめします。
実父から悪に染まるように育てられた男が、壮絶な運命に翻弄されながらも愛を貫く模様を描く物語。原作未読。

財閥・久喜家の邪の家系で「邪」と呼ばれる純粋悪となるために生まれ育てられた久喜文宏(玉木宏)が好きになった久喜家の養女・香織(新木優子)を守るために父親を殺め香織に危機が訪れる度に殺人を重ねていく。

文宏にとって香織は一筋の光だが、文宏の拭いきれない心の闇の「邪」が香織に危害を加えることより、遠ざけて見守ることを選択する闇の光の対象や、香織への歪んだ狂気の中のブレない究極の愛が「邪」と愛の対象でもある構成や、人間の内面や根底の善悪や絶対悪という、哲学的な重く難しいテーマは好みだが、キャラ設定と世界観の構築にデリカシーを欠き、更に説明セリフやご都合主義なプロットに説得力や感動が伝わらないのが残念で根幹が揺らだ所以は、仮面の上の構築が失敗した原因に。文宏の経済力はどこからきているのか。

また、映像的感覚が乏しいことで完全な消化不良に。タイトルに大負けで、人の倫理の社会的や道徳的な観念を想像させる思考の深さが足りなく、仮面の上の悪や愛が強ければ強いほど仮面の下が効果的になるのだが、両方宙ぶらりんに。

連ドラの総集編という感じに近いというか、原作を読んだことを前提として作られている感じか。これでは軍需産業やテロが絡む政治批判の問題定義が残念ながら響かない。作品にマッチしないこれらの批判は原作にもあるのか疑問に。

玉木の一貫して眉間に皺を寄せるようなこわばった表情が、香織との再会できょどりまくる二面性は、ユーモアを全く挟まない構成のコントのようなアクセントに。
人間臭くなるのが救いだが、無欲で他人の幸福を希求する香織が、それと反するように玉木の「邪」を濃くしていくトリガーの因果関係は切ない。

圧倒的な絶望の中の僅かな希望の光を上手く描写できないことが残念だが、決してうまくはないが、人は善意や愛が根幹にある場合の暴力性、生きること、人間の枠、人を損なう有無、殺人の対象、罪や悪の重みとその背負いなどの、相反する悪・愛・死を絡めるプロットは考えさせられる。

なかでも良かったことは、会話でのアップが多いのだが、役者たちが容姿端麗で、大きなスクリーンでも余裕で耐えられる側面は映画にとって重要なことを再確認。

近日上映の「サニー/32」はその問題をクリアできるか心配。


悪と仮面のルールからの、逮捕👮👮 🔐


2018年(平成30年) 1月19日 金曜日 深夜帯付け。(^^) (p_-) (_ _).。o○zzzz......
miriam

miriamの感想・評価

3.2
もう、ずっっっっっっっとタバコ吸っといて欲しい玉木宏。最高。ありがとう。
お話もハラハラして楽しかった。
あまりに細々とやってるやからそんなに悪いのかな?と思ったけど多分結構グロいシーンがあるのが原因かも!
ふつーーーーーーに楽しいです。
孤独なイケメン、苦悩するイケメン、喫煙イケメン、泣くイケメンを観たいやつは行け。絶対行け。
ant

antの感想・評価

3.5
事前情報0で飛び込み鑑賞。最近無いタイプのハードボイルドでサスペンスで人間愛に溢れた映画だった。ラストの凝縮感に感涙。男性陣全て良かったね。主人公子役が既にイケメン。抗う御曹司の玉木宏ハマり役。