悪と仮面のルールの作品情報・感想・評価・動画配信 - 5ページ目

「悪と仮面のルール」に投稿された感想・評価

yuty

yutyの感想・評価

3.3
物語としては難しいというか
好き嫌いが分かれちゃうというか
なかなか評価されないものになってしまうと感じた

けど、この映画の特筆すべき点は
やはり、哲平さんが撮る
日本映画の枠にとらわれない作り
撮り方、色彩、見せ方
その辺の要素が単に売れてる日本映画とは異なるもので

哲平さんの撮る映像のかっこよさ
ってのが感じて
すごくよかった
げざん

げざんの感想・評価

2.5
新木優子が出演しているということで鑑賞。
流行らなかったわけがわかる。
三本足

三本足の感想・評価

1.0
888/236

なんじゃそら

だらだらだらだら話が一つも入ってこん
オチもクソださい
つーかオチてない

おもんない

コレ系は韓国が得意そう
リメイクか?

キャスティングミスは確実
玉木なんたらと新木なんたらが同級生はムリ
芝居が薄っぺらすぎて殺人するようにみえない

ムウと一緒
あと
なんやろ
間が悪い
サビがない

映画じゃないなこれは
jr

jrの感想・評価

2.7
もう序盤から会長がボソボソ喋ってて
何言ってるかわからなかったー
しばらくスルーしてたけど急に女の子の意味が来た意味がわからなかったから
結局巻き戻しては音量上げてを繰り返し萎えた
そしたらなかなか重要なワードやったし笑

止まらなくなるので本題に↓

どのシーンも
会話が長くて多いのに何でこんなに意味不明なんだ笑
形はあるのに中身はないような…
結果何を見せられとんねん笑
とりあえず新木優子ちゃんと吉沢悠くんで
点数を付けよっと


普通映画なら最後気付くよね笑
あんなに泣きながら語ったのに笑

原作未読大変失礼ながら映画だけこんな感じなのかな?
もし長期入院とかして死ぬほど暇な事があれば読んでみようと思います
最後まで結局失礼しました

このレビューはネタバレを含みます

台詞が長いのに聞こえづらい、劇伴でかい、やたら不穏な空気の演出とか説明的台詞で入り込めなかった
正直「邪」って概念がどこか薄い感じで、頭に入ってこない…少年漫画とかならわかるんだけど、結構な大人が何言ってんだろって冷めてしまった

幼少期や思春期に自己肯定感を育んだり愛情を注いでくれる人がいなかったのかな、
何かよくわからないけど周りの大人何やってんの?カラマーゾフの兄弟みたいな話?

香織と文宏のラストシーン、もう共に生きることのない二人が少しでも救いや希望を見いだせたならよかった

新木さんの抑えた演技が香織のキャラクターにとても合ってて、ハッとさせられる美しさだった…新木さんの細かな表情がとても好きなので
個人的に当たり役だと思いました

ただ見せ場なのはそうだけど、言葉が溢れてくる感じもわかるけどもう少し、多くを語らないというかシンプルな台詞でもよかった気がした

お二人の表情や瞳だけで、台詞があんなに長くなくても充分伝わるシーンだったと思うので…

吉沢亮さんの役も最初わからなかったくらい意外性あった
もうみんな邪とか気にしないで幸せになって…
蜜郎

蜜郎の感想・評価

2.6

このレビューはネタバレを含みます

もっとサイコパスな悪人でドロドロしてるかと思って観始めたら、とんでもない純愛でした…

思ってたんと違う…

途中で何度も、幸福とは、とか
邪がなにとか、論じてましたが、
退屈だし、中身が無い話をしてるなーと。

なに?久喜家は何代かに一人サイコパスいるの?
えらく漫画みたいな開幕でちょっと動揺したわよ。

一通りみた印象としては、
主人公は酔った富豪の親父etc. に惑わされただけで
繊細なこどもの恋心と正義感がそうさせただけで
ちょっぴりワルなだけで。いや人殺したけど
香織ちゃんを守るためだから。めでたし。

ん~、消化不良。

これ、現実には不可能なことが沢山あるよね。
まず、莫大な財産をもらって逃げたから
顔を変えられたし、無職でもいい部屋住めるし
探偵も雇えるしクラブ行けるし。お金があるからだよね。
殺した親父のスネかじって生きてるよね。
なんかそこがダサい。悪なら自分で奪い取れよ。
自力で香織を守る気ないのか。
兄貴はマジキチだけど仕事してたぞ。
しかも兄貴、確か死体処理自分も手伝ってたぞ。
(ちょっとかわいいかお前…と思ったのは内緒)

悪と仮面のルール、とは。
結局主人公のマイルールで感動の別れになってるが
あんたは人殺しで、他人の身分で生きてんだからね。
正当化してんじゃねー!!

まあ致し方ない同情の余地はあるから
これから仏門にでも入って人生振り返ったらいい。
教会で懺悔したらいい。
吉沢亮が人殺しにならないよう導いてあげたらいい。

なんだかタイトルにしては中途半端な内容だけど
玉木宏をこれでもかと堪能できてよかった。
湖土

湖土の感想・評価

-
まるで仏様を照らすように
役者さんの顔へと向けられた照明
ご苦心と熱意を感じます

役者をきれいに見せる為でなく
役柄を現す照明の当て方

役者さんに対しての先入観を
取り払ってくれ
新たな一面に
気付かされました
Mi

Miの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

悪とはなにか。
邪として生きる。

悪になった者たちにも、叶わないものを求める苦しみがあって。

殺戮シーンは目を逸らしました。
なかなかすごい、えぐい。

柄本明さんとの最後のシーン好きだなぁ。
今の方がマシだと。

最後、家まで送って話をする玉木くんが、涙がよかったです。
終わり方も好きかな。
セリフが説明ばっかりで疲れる。
邪って厨二病かと思った。
セリフ聞かせたくないのかな?ってぐらい聞こえないしBGMはでかすぎだし通して何がしたいのかわからなかった。
前にも"変身"という映画で玉木宏こんな役やってたよね…それもレビューのスコア低かったと思う。お疲れ様です。(笑)
他の人の音量上げないと何言ってるか分からない。に共感すぎて笑った

切ないはずなのにまったく刺さらず、最後気づいて欲しかったな。個人的に柄本明が1番良かった!