悪と仮面のルールの作品情報・感想・評価 - 7ページ目

悪と仮面のルール2017年製作の映画)

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:138分

ジャンル:

2.8

あらすじ

11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために創られたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと…

11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために創られたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと知った文宏は、ついに自身の背負わされた運命に立ち向かうことを決意するが――。

「悪と仮面のルール」に投稿された感想・評価

miu

miuの感想・評価

-
2018/01/16 12:45 センチュリーシネマ
E12
【ネタバレなし】原作未読。
予告で語るアラスジから、横溝正史『真珠郎』の現代版っぽい話しなのかなぁ〜と、ちょっと期待しましたが……

設定上の謎は、最後までほぼ解明されません。
信じられないようですがそんな映画でした。
(もちろん全て説明して欲しいとも思わないけれど…けれど…)

先祖代々からの大財閥(謎)の主人公の家系が持つ『邪』(謎)
あるきっけで、その家との関係を断つための整形手術をし、別の人物になった主人公。
死亡した人物になり代わったのだが、その人物も何故か刑事にマークされている(謎)

その他、登場人物たちの行動もところどころ【謎】。
一部は狂っていると劇中でも説明はあるので…そこはまぁ。

ともかく、その『邪』を持つ家系は日本の裏社会を無条件に牛耳る存在らしいのだが、とにかく最後まで確信にいきつかないまま、登場人物たちの思わせぶりな外堀を埋めるような会話に終始します。

なんだろう…その裏社会を匂わす会話が、段々『ごっつうえぇ感じ』の"世界1位の男"のコントみたいな…

いや、マジで本当にそうなんですよ!(笑)

一番の謎が、主人公の久喜文宏(玉木宏)。
父の計画で"邪"を授かった…らしい。
なんだかとてつもない潜在能力の前フリとしか思えない描写。
ずっとその能力の発動=カタルシスを待っていたのですが……

ですが…

ですが…

"殺人"や"罪"に、裏テーマとして"愛"といった主題を語りやすくするために、分かり易い『悪の組織(家系)』や『邪』を設定しただけであり、通常のサスペンス的な謎解き要素みたいなのとしての実態は明かされず…
この作品では実はあまり重要ではなかったのかな…という…
あくまで憶測ですが。

映像の独特の雰囲気や、キャスティング、演技はかなりのクオリティだと感じました。
逆にそれが、この映画では過剰に思わせぶり、意味深過ぎる効果になってしまった…ような。

香織役の少女時代の子、もう少し新木優子と似ている顔の系統の子がいなかったのかなぁ〜。
麻衣

麻衣の感想・評価

4.5
高校生の私には少し内容が難しいところもありましたが、原作のファンだったこともありちゃんと話を理解しながら観ることができました。玉木宏さんをはじめとするキャストさんもとても良かったと思います。
映画ももちろんですが、原作も読んで欲しいです。
mipon

miponの感想・評価

2.1
完成披露試写会に続いて観るのは二回目だったが、内容が難しい。二回観てもよくわからなかった。話の内容が薄暗いので途中眠くなった。吉沢亮の、髭面でも隠しきれていないイケメンさが良かった。玉木宏新木優子吉沢亮の三人で番宣してることが多かったが基本的に玉木宏新木優子がメインなんだと感じた。主題歌はとても良い。
思春期の頃の文宏(玉木宏さん)と香織(新木優子さん)はお互いが好きで初々しく汚れのない少年少女だった。
しかし、文宏は徐々に汚れていく。

少し難しい気がしますが、ヤクザ映画と恋愛映画をミックスしたような作品です。
ラストは切なくて涙。

それにしても新木優子さんがとても綺麗でした。
YH

YHの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

正直一回の鑑賞では咀嚼を完了しづらい。
今回、2回目で色々心の準備をしながら観たので、鑑賞後はせつないラブストーリーだなぁっていう印象だった。
わたしは中村監督のカメラワーク、好きですね。

○一瞬の幸福は戻らないけれど、生きていく理由
過去の幸福な記憶を忘れたくないから生きていく、と哀しく終わるわけですが、彼の人生は続いていく。冒頭で「ハッピーエンドを迎えた主人公も翌日には死ぬかもしれない」と語っていた文宏が、終盤に伊藤と話すときには「寿命や病気で死ぬ時にしか、その人生が幸福だったかどうかはわからない」と語る。
それが前向きになった、といえるのかはわからないけれど、すくなくともこのストーリーを通して文宏が、過去の一瞬の幸福ではなく、先の未来を語るようになったのは、前向きな一歩なのかな。香織に対しても、生きていきますと伝えていたし。

○吉沢亮の役どころ:伊藤
伊藤は、実は見ていてホッとする存在だった。残虐な描写も連なる中、彼は邪を叫びつつ、一貫してピュアで臆病で矛盾しているから。彼はいつも水を飲んでいて(原作の煙草を水に変えたというのもなかなか面白い)、側にはいつも水が流れているっていうのもなかなか深い。まだまだ考察できそう、しないけど

○邪
作品の中では、完全なる邪っていうのが、実は成立していない。結局、人間は邪になることなんてできないのかもね。タイトルの仮面は、邪の面に乗せた美しい整形後の顔をほのめかすけれど、実際は邪のほうが仮面なのでは?文宏は言わずもがな、文宏の父は、妻の善良さを知っていたし、幹彦の最期の描写も、そういうことだよね。

○真実は闇の元へ
最後に、柄本さん演じる刑事。劇中シーンはぞっとさせる描写ばかりですが、作中で唯一日の光の下で生きるこの人物が、最後に真実へと静かに辿り着いているところも深い。文宏とのさいごのやりとりも心打たれます。

ということで、
まとめると、せつないラブストーリー。
##総評
1.1 あまりにも平坦な画作りと冗長な語り口に辟易。たまきんのおっぱいだけが見どころ。

##良いところ
- 玉木宏のおっぱい

##悪いところ
- とにかく絵がひたすら退屈。顔のアップ、顔のアップ、顔のアップ!小説なら許される衒学的風味のなが〜い会話シーンに絵としての工夫がゼロ!見るに耐えない。
- 台詞回しがくどすぎ&カッコつけすぎて逆にダサい。これは原作の癖ではあるが、映画で見ると違和感アリアリ。自然な台詞回しに脚本で直すか、この原作の台詞に惚れたのだとしたら演出で工夫してくれ!
- たまきんの演技がアレ。「見に覚えのない携帯の着信が俺のジャケットから鳴ってるぞ・・・?」のシーンはコントみたいで笑っちゃった。
- だいたいの事態が収束してから映画が終わるまで優に30分はあるぞ!長すぎ&同じ内容の繰り返しすぎでめちゃくちゃ冗長。長すぎて泣けねえし余韻も冷める。もともと余韻が残るようなもんでもないけど。
脚本がやっぱ大事なのかなと。あらためて。


原作を読んでから観た方がよかったと思うような作品でした。

映像や演出、俳優陣の演技は素晴らしい。
けど、配役が??

お疲れ様でした!
ardant

ardantの感想・評価

1.0
話は大げさなのに、なんの緊迫感もないし、守るべきものの必然性が感じられない。財閥なのに3000万しか遺産を義理の娘に分けていないのも不自然だし。だから、最後の告白に何の感動もわかないのだ。
あっこ

あっこの感想・評価

2.4
2018/1/14

で "邪"ってなんなの?というつっこみ

原作では"邪"について
もっと触れているのかしら…

躍動感溢れるようなアクションシーンもなく
暗ぁーい会話でだらだら進む感じ

自分を悪と言うのであれば
少しくらいグロくて残虐なコトしてみなさいよ!!!笑

あー眠かった