悪と仮面のルールの作品情報・感想・評価 - 9ページ目

悪と仮面のルール2017年製作の映画)

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:138分

ジャンル:

2.7

あらすじ

11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために創られたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと…

11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために創られたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと知った文宏は、ついに自身の背負わされた運命に立ち向かうことを決意するが――。

「悪と仮面のルール」に投稿された感想・評価

a

aの感想・評価

3.4
玉木宏あんないい体しとったんだなあ、おけつ、もも、たまらん
バキバキじゃなくムチムチな感じがたまらん
齋藤亮

齋藤亮の感想・評価

3.5
前半の盛り上がりは楽しくなった。
後半から失速するのが残念だが、
話としては好きなタイプの物語であった。
カメラワークや演出は巧みな作品である。
リュウ

リュウの感想・評価

2.0
1月17日
いったい何を言いたいのかわからないし、ラブストーリー?サスペンス?ハードボイルド?ジャンルもわからない映画でした。
原作を読んでいないので、登場人物も全て中途半端で、この人たちは何やねん?と思ってしまいました。
話の背景もわからないし、なぜそのようになっていったかも私にはわかりませんでした。
ラストは主人公…喋りすぎではありませんか?
玉木さんの演技力に助けられた映画だったと思います。
中村達也さんの良さ。ラスト以外鬱蒼としてた。玉木宏まつ毛長…
エンドロールで流れるUruさんの歌に、文宏と香織の間にある愛とかなんとかが全て詰まっていた。

人間がみんな愛に執着してて、愛の欠落が邪の根源なのやばいなと思った。実態がないくせにすべての理由になる愛こわい。

最近吉沢さんの影響で中村文則さんの小説を読んでるけどこれはまだなので今買ってあるやつ読み終わったら読む。
みんつ

みんつの感想・評価

3.5
ハードボイルドの先にある、純愛。
そのカッコ良さにシビれました!
エンディングで流れる主題歌にこの映画の世界観が現れてるように感じた。
海外でも高い評価を得た芥川賞作家・中村文則の同名サスペンス小説の映像化だ。原作の流れを汲んでか、冒頭からやや哲学問答的な会話劇が展開される。この傾向は、その後も随所に見られ、純文学出身の作家が書いたサスペンス小説というテイストを、本作品のなかにも盛り込んでいる。ミステリーとしての謎解きよりも、特異な状況に置かれた主人公の心情に肉薄しようとした脚本家・黒岩勉の努力の痕跡がところどころに見られる。しかし、それは残念ながら成功しているとは言えない(もしかしたらシリアスものは向いていないかもしれない)。文字で書かれるのと、役者の口を通して話されるのでは、言葉の重みが違ってくるのだ。哲学的な論議がどちらかというと空回りになっている印象は、それに由来しているように思える。

主人公を演じる玉木宏の演技は悪くない。語られる言葉も実に身についている。ただ、彼の存在感が圧倒的なために、対する相手の役者にも大きな負荷がかかってしまう。それに耐え得るのは、唯一、この作品では、主人公の父親役を演じていた村井國夫だったように思う。とくに主人公を突き動かす衝動の源泉であるヒロイン香織の存在感の無さが気になった。とくに主人公の人生を決定づける少女の頃の香織だが、もう少しそれ相応の場面が欲しかった。加えて、大人になった香織との外見的な違和感も感じた。このあたりは、もう少し注意深くキャスティングすべきだ。なにしろ物語の根幹を成す部分でもあるので。

映像化に対する期待度が高かったため、あえて苦言を呈しているが、監督の中村哲平の手腕はなかなかのものだ。アングルといい色調といい、十分に考えられているし、カメラの動きも効果的な表現を生み出している。監督としては、なかなかの力量ありと見た。ただ、この作品では、脚本とのミスマッチが問題だと思う。むしろ自ら脚本も書けるのであれば、それに挑戦してみたほうがいいかもしれない。気になったのは、最後の決めのシーンで、これ見よがしに長く時間をとっていることだ。観客から感動を絞り取ろうとしている浅薄な企みが透けてしまうため、いちばん大事なところが極めて退屈なシーンとなっている。全体のバランスを考えた映像設計をお願いしたい。観客はそれほど単純ではないのだ。
mii

miiの感想・評価

3.3
映像美と雰囲気から諸々察してね、細かいところは原作でどうぞ、という感じでしたが、個人的に好きな系統なので楽しめました。キャストも好きなので満足。
やす

やすの感想・評価

3.3
あんまりしっくりこなかった印象。
中村達也は悪役で出演していて、先日実際に本人を拝見したら、すごく雰囲気あってギャップがなかった。いい意味で。
あと、玉木宏ヘビースモーカー。
キャラクターの心情の変化で衣装の色が変わる。
miu

miuの感想・評価

-
2018/01/16 12:45 センチュリーシネマ
E12