まるき

Oh Lucy!のまるきのレビュー・感想・評価

Oh Lucy!(2016年製作の映画)
4.0
ドラマ版を観ました。

入りから興味を唆る映像だったので、期待を胸に鑑賞。
人間の意地汚さや厭らしさを存分に味わえる好きなタイプの映画でした…。

いかにも結婚出来なさそうな女性の主人公が、今まで抑え込まれていた自分の中の感情や溜め込まれていた愛をふとした出来事から解き放つ。
今の今まで恋だの愛だの素通りして生きてきたが故に、それが目の前に立ちはだかった時には目が眩んで避けられなかったのでしょう。しかし報われない。こういう、愛に縋り付くけど突き放される映画大好きです。人は愛を一心に信じ続ける。だけど、愛はすべてをかえてくれない。そんな現実を描いている映画は切なくも鬱めいて印象的です。

彼女の場合は、愛を信じて縋り付くほど、返しは大きくて裏切られ途方に暮れる。
好きになった男のため、無我夢中に走り続ける姿には哀れみさえ感じました。現代の言い方をすれば、”イタイ女”である主人公。彼女の場合、好きな男に盲目的にアタックし続けるのは、自信からきているものではないのでしょうね。好きになったから、ただ結ばれたい。すべて”欲”からきているもの。後先考えずに犠牲まで踏みつけて好きな男に手を伸ばす彼女は、狂っているように見えてまさに人間臭い人物でした。

諦念も知らない彼女には同情せざるを得ませんが、重い女は結ばれないのが常。何せキャスティングが素晴らしかったもので、人物一人一人の情感が重く伝わってきました。姉妹揃って意地汚く厭らしく人間臭い彼女たちですが、女の強さは人一倍ありました。完璧には程遠いけれど、憎めないキャラクターでしたね。

愛を信じて追い求めて裏切られて、死を見据えた時に本当の愛を知る。愛は誰でも持っているけれど、扱い方は十人十色だということを深く突きつけられました。

とてもよく出来た傑作だと思います。
平柳敦子監督のファンになりそうです…次作に期待!