まつき

Oh Lucy!のまつきのネタバレレビュー・内容・結末

Oh Lucy!(2016年製作の映画)
3.8

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・冒頭から人身事故のシーン。その後、職場でのストレス、孤独、など、今の日本での生きづらさの描写が続く。主人公の寺島しのぶも例外ではなく、劇中で世の中に疲れ切って希望もないような生活を送っている。

・それが、アメリカ人と出会い、異文化に触れ、目に光が戻る。閉塞感や行き詰まりを感じたら、どこか違う文化に触れたり、気分転換すると元気出ますよー!という現代人へのエール的な映画だなぁと思った。

・ただ、そんな輝いて見えたアメリカ人も、実はダメな面を持っている、同じ人間であることがわかる。日本人が欧米や欧米人に対して憧れを持ちがちだけど、夢を見すぎちゃダメよと言われているような感覚もあった。

・ぽっかり空いた心の穴、虚しさを埋めてくれるのは、意外と近くにあるものかもしれない。また、ふと差し出されるものかもしれない。どんなに生きづらくても、苦しくても、何かがきっと助けになってくれる。