みみずのオッサン

オー・ルーシー!のみみずのオッサンのレビュー・感想・評価

オー・ルーシー!(2017年製作の映画)
3.8
いよいよ令和、新しい時代が始まりました。この1週間ばかり、わたしは音楽アプリでバイバイ平成(^_^)/~なんつープレイリストを作ってしみじみと自分の平成を振り返ったりしていました。
2002年の曲に選んだのがヴァネッサカールトンのA Thousand Milesだったのですが、この曲を思い出させてくれたのが映画の中でジョシュハートネットが口ずさんでいた場面。ありがとうジョシュハートネット!

寺島しのぶだしもっともっとイタいおばちゃんの話を想像していたので、思ったほどでもなく意外に良かったです。
とはいえ、よしこさんの送別会での態度とか、ほんとにこんな独身女性がいたらこわすぎる。寺島さんのやさぐれ方は、先生の鞄のキョンキョンとかブリジットジョーンズなんかとは次元が違いすぎるのです。
そんなとこに現れる素敵な英会話教師。今までジョシュハートネットってシワのないトミーリージョーンズくらいに思っていたんですが、日本人の中にまじるとこんなにかっこいいのか!!と思い知りました。だからせつこさんの気持ちには共感する。

せつこの姉役で登場する南果歩と、その娘の忽那汐里がものすごく良かった。
ちょっと前に近所の人に南果歩にそっくりだねと言われてびっくりしたんだけど、うちの母が昔から似てると言われていたのでわたしもやっぱりちょっとは似てるのかなぁと思うのですが、南果歩さんきれいなのでうれしい。
彼女のかもすユーモラスな空気がこの作品の救いだったと思う。
モーテルの隣の部屋に聞き耳立てて、真顔で「してるんだわ」って言うのが笑えた。

しかしジャケットが無駄にエロすぎる。
こんなおばさんやだなーっていう場面がたくさんあったけど、最後のシーンはとってもすてきだった。役所広司すごい。