オー・ルーシー!の作品情報・感想・評価

「オー・ルーシー!」に投稿された感想・評価

トコ

トコの感想・評価

-
ロンドン行き飛行機の中
思っていた内容と違ったが寺島しのぶはうまい
変わりのない日常を送る43歳の独身OL節子。姪に頼まれて向かった英会話教室で、アメリカ人英会話教師のジョンと出会う。
フレンドリーで「ハグ魔」のジョンと、彼から与えられた「ルーシー」という名前と金髪のかつらが、しばらく忘れていた感情を思い出させるが、程なくジョンは帰国。気持ちに火がついた節子は、ジョンを追いかけてロサンゼルスへ向かう。

たまたまWOWOWで放送していたから見てみたら…

うわあああああああ!!!!!!しんど!!!!!!!!!!!!!!!容赦なさすぎ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

これ見た後では「勝手にふるえてろ」ですら優しい世界だ…というか主人公の節子は「ニに出会えなかったヨシカ」でしょ…。「勝手にふるえてろ」に高評価付けてた男性方も「いやーきっついわ」と苦笑しそうな。結局若くて可愛いからか松岡茉優が!?と詮無いことを口走ってしまいそう。

ホンマに、これでもかってくらい40代独身女性がタコ殴りにされる映画ってない。会社では透明人間のように扱われ、(元カレを奪った)姉には終始半端者扱いされ、好きな男には「無理だ」と言われ、慕ってくる姪も最後には腹の中で見下してたのが露見する。
ついでに男の「恋愛対象か否か」で態度が変わる残酷さよ。知ってる!
金のない40代に価値はない、と言わんばかりに。いろいろ思い当たるからなかなかきつかった。米国在住の40代日本人女性監督だからか…

この話は何度も映像化してきたらしいから偶然だと思うけど。43歳ってもろにロスジェネ世代ですよね。社会に出たタイミングがちょうど不景気の始まりで、社会が全くそれに対応できないまま年齢を重ねてしまった世代。

無駄に多いライバルと競い合い厳しく育てられたのに、得たノウハウは結局役に立たず。時代遅れの装備のまま社会に放り出され、まごついてる間に「とろくさい奴は自己責任」と見捨てられる、ここまで甘い汁を吸うことできなかった世代。
何とかサバイブしてきたのに、他の生きやすい世代から踏み台にされ見下される無常感(恐らくこの世代が年金受給者となった頃に、安楽死が合法化されると思うのです…)は、そりゃ夢なんて見れないし、下向いて現実を粛々と受け入れるだけ。

勿論ロスジェネ世代でも出世し財を成し、家庭を持ってる人もいるし(ZOZO田端氏とか堀江氏とか)節子の振る舞いはいろいろと痛々しいかもしれないけど、どうかこういった背景を加味してくれと思うのです。
一生負け組を運命づけられることに。
恋した男に「無理」と言われることに。

一般的な同情を買いづらい寺島しのぶのふてぶてしい演技はじめ、要領いい姉役の南果歩や姪の忽那汐里(あんまり上手と思わないけど、バイリンガルの若手日本人女優は貴重)、実はクソ野郎なジョシュ・ハートネット(!)。殆ど誰にも感情移入できひんわなこれ…なんですが、それがまんま現実すぎて辛ァ…
最後に救いを見せたのは、せめてもの…なんですかね。今年観たなかで一番他人事じゃない映画でしたし、劇場で観てたら無事に帰宅できたかも怪しかった。家でよかった…
そしてこれ観た後でキャプテンマーベルがあってよかった。
Chirico

Chiricoの感想・評価

3.9
観るのを楽しみにしてた作品。
しばらくぶりにジョシュ・ハートネットを観たきがしますが、相変わらずカッコ良い。
寺島しのぶさん、カツラのオジさん振り返るとまさかの役所広司さんで俄然テンション上がりました。
ラストの終わり方が色々考えてしまう終わり方で胸がザワザワした。しかし節子は見てて痛々しい、、
なんか最後までよくわからん映画でしたm(__)m
でも見てて何故か飽きない…
なんとも不思議な空気の映画でした(*^^*)
ただ見終わったら何も残らない…
すでに内容忘れた(笑)
apple

appleの感想・評価

3.3
絶対いるよねこういう重い女性
英語の先生はめっちゃかっこよくて好きでした
ひたすらにルーシーが虚しく不運な女性に見えてきてしまう...自分の妹?にも昔自分が付き合ってた男性をとられその間にできた子供も自分が好きな人と恋仲で自分は勝てなかった、おかしくなり仕事もクビ。
でも最後に役所広司がでてくることによってこの映画はまだ普通の映画になっているのかなと思います。もしいなかったらやばい女性の話で終わるからね
momofuku

momofukuの感想・評価

2.0
ジョシュ・ハートネットにつられてつい観てしまったんだ。みんな自業自得だ、なんて意地悪な気持ちにさせられて、すごいやな感じ。役所広司が、弥勒菩薩様のよう。
はる

はるの感想・評価

3.9
痛い女が主人公の映画大好きなので、この映画も好みでした!!
主人公の一言で、さりげなく性格を演出するのが上手い。買ってきた水捨てたりとか。

改札を挟んでの「ごめんなさい!」が良かった。
miho

mihoの感想・評価

3.0
OH Lucy!
OUCH...Lucy!!


ジョシュ・ハートネットの
英会話の先生かっこよすぎな。
地元帰ってからはアカンけど。

寺島しのぶさんはほんと上手いなぁ。
あのヤバくて痛い表情。
南果歩の嫌な感じのお姉さんも
良かったw 嫌だけど良かったw
役所広司が締めてくれる安定感。
>|