Oh Lucy!の作品情報・感想・評価 - 14ページ目

Oh Lucy!2016年製作の映画)

上映日:2018年04月28日

製作国:

上映時間:95分

3.5

あらすじ

東京で働く43歳の独身OL節子は、ほど遠くない「退職」と、いずれ訪れる「死」をただ待つだけの生活を送っていた。そんなある朝の通勤ラッシュ。目の前で電車の飛び込み自殺を目撃してしまう。惨事の余韻から抜け出せないまま、仕事に就く節子。突然、節子の姪で 若き自由人である美花(21)から久しぶりに電話があり、話をしたいとランチに誘われる。姉の綾子に美花には関わるなと散々言われたのだが、それは節子に逆の効…

東京で働く43歳の独身OL節子は、ほど遠くない「退職」と、いずれ訪れる「死」をただ待つだけの生活を送っていた。そんなある朝の通勤ラッシュ。目の前で電車の飛び込み自殺を目撃してしまう。惨事の余韻から抜け出せないまま、仕事に就く節子。突然、節子の姪で 若き自由人である美花(21)から久しぶりに電話があり、話をしたいとランチに誘われる。姉の綾子に美花には関わるなと散々言われたのだが、それは節子に逆の効果を及ぼすだけ。節子は美花と会う。姪にはなぜか弱い節子。お金に困った美花を助けるはめに。美花が前払いした英会話クラスを代わりに取り、その受講料を美花に支払うことになる。アメリカ人講師ジョンの教える一風変わった英会話教室が始まる。そこで「ルーシー」という名前と金髪のカツラを与えられ、教室では「ルーシー」になりきるようにと言われる。節子の中で眠っていた感情を「ルーシー」が解き放ち、節子はジョンに恋をする。そんな幸せもつかの間、ジョンは姪の美花と一緒に日本を去ってしまう。自分が置かれた人生に納得ができない節子は、二人を追いかけて、アメリカへ旅立つ決意をする。しかし、仲の悪い姉の綾子も行くと言い出し、同行することになる。嫉妬、秘密、欲望に満ちた旅の果てに節子が見つけたものとは?

「Oh Lucy!」に投稿された感想・評価

tonga

tongaの感想・評価

3.3
不器用で、何だかつい暴走しちゃう、コジラせおばさんの「ルーシー」を、
スカヨハさんではなく、寺島しのぶさんが演じています。

映画「彼女がその名~」や「勝手にふるえてろ」のこじらせ女子とは、
またちょっと違った感じで、ルーシーが暴れまくります。

アベンジャーズに入っていたら、サノス君を倒しちゃいそうな勢いです。

はたから見てると、ルーシーは恋をしているだけなので、
とっても切ないんですけれど。

コメディ映画を予想してましたけど、案外シリアスな話でした。
あっ、笑えるシーンもたくさんありますよ。

ストーリーよりも、すごい役者さんたちの演技を楽しめました。

特に、南果歩さん演じるお姉さんとのケンカの演技合戦が迫力です。

役所こうじさん演じる「トム(小森)」の可笑しさも満点です。

トム(役所さん)が英会話学校へ通う理由のセリフ「字幕なしで映画を観たいから」
が、
大好きです。 
私も駅前留学しようかなぁって思いました。

「ルーシー」は、ジョシュハートネットさん演じる英会話のイケメン講師の「ジョ
ン」に
恋をして、アメリカまで追っかけちゃうのですが、
このアメリカでのシーンが「Youは何しにL.A.へ?」的で、普段着なアメリカの感じが
出ていて、
良かったです。 

ジョンと初めてハグをするルーシーの表情が、コジラせおばさんの怪獣顔から、
だんだんと恋する女の子の顔に変わっていくのが、可愛かったです。

この映画のキーとして、「Hug」があります。

あったかいし、Open-Mindになって心通じ合うのはいいのですが、
チキンハートな私としては、
例えfreeだって言われても、渋谷駅前で「Hug」はできませんです。
もちろん会社にて、部長の「Hage」もいじれません。
たらこ

たらこの感想・評価

4.1
現実を綺麗に描かない感が素敵。ロストイントランスレーションの逆バージョンみたいな。ザ・ガイコクジンに弱い日本人女性へ、ロクでもない奴が多いよという警鐘もあり、なんというか、全体的に説得力ある。おもしろい。
桃井かおりバージョンは知らなかったこともあり、ポスター写真の印象から「寺島しのぶにしてはカジュアルな作品に出てるなー」くらいに思って観たらトンデモナカッタ…

全編通してクスクスっと笑うシーンが多いにもかかわらずなんだか闇のベールに覆われてる感じがして全体的に暗く重い。登場人物みんなが闇を抱えているからかな。

人が自分とは真逆の方向に舵を切るきっかけなんて本当に些細なことなのかもしれないし、その時に自分をしっかりと持っていないと自分で自分がコントロールできなくなってしまい、そんな自分の行動に自己嫌悪感を感じてしまう結果になり兼ねない。そして根が真面目な人であればあるほど、その自己嫌悪感が罪悪感にまで発展し、取り返しのつかない結果になったりもする。

肝に銘じよう、うん。
DEPOLABO

DEPOLABOの感想・評価

5.0
・邦画と洋画のいいとこどりミックスしてる
・女性だから描ける、女性の情けなさと怖さと可愛さ
・ハグというよりしがみつく。だがそれがよい。
lp

lpの感想・評価

2.5
初の長編監督作にして、寺島しのぶ、忽那汐里、役所広司、ジョシュ・ハートネットが共演して、製作陣にウィル・フェレルとアダム・マッケイの名前までクレジットされてる平柳敦子ってどれだけ凄いの!?・・・という訳で、公開2日目の本日ユーロスペースにて鑑賞。

結論から言うと、悪いところばかりではないし、面白いシーンも確かにある。ただ、全体を通して観ると「何だこれ?」感が強い。
というのもこの映画、地味で平凡な女性が英会話教室の講師と恋に落ち、最後には彼を追いかけアメリカに行くことで成長する・・・そんな精神的な解放の話だと思っていたし、実際の映画も予想通りの方向に話が進む。しかし今作は、後半から予想の斜め上を行く展開の連続で、話の終着点は「地味に生きた方が良い」とも解釈し易い方向に進んでしまう。その点で、酷くチグハグな印象を受けてしまった。主人公を完全に突き放すのでもなく、安直なハッピーエンドを用意するのでもなく、中途半端な話にしてしまったことが痛い。

そんなイマイチな今作ではあったけど、主人公の個性の無さと、物語における「死」の抽象的なイメージを手際よく見せるアバンタイトルや、そうそうたる顔ぶれのキャスト陣に対して、色々やらせる(何箇所か本当に驚いた!)度胸の良さの点で、平柳監督の力量の高さは感じられた。次回作には期待したい!
satomi

satomiの感想・評価

3.3
何というかどうしてこうなってしまったのかっていうのを考えてはみたけれど考えてもしょうがないなと笑
自分の欲望に正直に生きる寺島しのぶ演じるルーシーの役がはまっていてとても面白かった。ほんとにあんな英会話教室があったらと考えると何だか行ってみたくなるような気持ちになりました。
いち麦

いち麦の感想・評価

4.0
授かったハグで心を解き放たれたものの、そうそう人生が開ける訳もなく、寧ろ今までの鬱積が見苦しく噴出する節子の描写が容赦ない。女性三人の因縁が見えるドラマの痛々しさ。如何わしい英会話教室等演出には笑えた。
BLACKMICKY

BLACKMICKYの感想・評価

3.0
クソって思う女の話。ちょっと可愛いからって、ちょっと若いからって、何クソって。うん、いいんじゃないかな。
あん

あんの感想・評価

3.5
43歳独身OLの勇気の顛末はいかに!

ともすると15年後のワシ
samiam

samiamの感想・評価

3.0
コメディーだと思って観たら、自殺という重いキーワードを笑いで包んで、観る者に考えさせる良い映画だった。皆いい演技。