Oh Lucy!の作品情報・感想・評価 - 14ページ目

Oh Lucy!2016年製作の映画)

上映日:2018年04月28日

製作国:

上映時間:95分

3.5

あらすじ

東京で働く43歳の独身OL節子は、ほど遠くない「退職」と、いずれ訪れる「死」をただ待つだけの生活を送っていた。そんなある朝の通勤ラッシュ。目の前で電車の飛び込み自殺を目撃してしまう。惨事の余韻から抜け出せないまま、仕事に就く節子。突然、節子の姪で 若き自由人である美花(21)から久しぶりに電話があり、話をしたいとランチに誘われる。姉の綾子に美花には関わるなと散々言われたのだが、それは節子に逆の効…

東京で働く43歳の独身OL節子は、ほど遠くない「退職」と、いずれ訪れる「死」をただ待つだけの生活を送っていた。そんなある朝の通勤ラッシュ。目の前で電車の飛び込み自殺を目撃してしまう。惨事の余韻から抜け出せないまま、仕事に就く節子。突然、節子の姪で 若き自由人である美花(21)から久しぶりに電話があり、話をしたいとランチに誘われる。姉の綾子に美花には関わるなと散々言われたのだが、それは節子に逆の効果を及ぼすだけ。節子は美花と会う。姪にはなぜか弱い節子。お金に困った美花を助けるはめに。美花が前払いした英会話クラスを代わりに取り、その受講料を美花に支払うことになる。アメリカ人講師ジョンの教える一風変わった英会話教室が始まる。そこで「ルーシー」という名前と金髪のカツラを与えられ、教室では「ルーシー」になりきるようにと言われる。節子の中で眠っていた感情を「ルーシー」が解き放ち、節子はジョンに恋をする。そんな幸せもつかの間、ジョンは姪の美花と一緒に日本を去ってしまう。自分が置かれた人生に納得ができない節子は、二人を追いかけて、アメリカへ旅立つ決意をする。しかし、仲の悪い姉の綾子も行くと言い出し、同行することになる。嫉妬、秘密、欲望に満ちた旅の果てに節子が見つけたものとは?

「Oh Lucy!」に投稿された感想・評価

舞台も海外、セリフも英語が多いけれど、しっかり邦画。そして、難しい…。
登場人物がみんな自分勝手で、ワガママな部分のぶつかり合いがすごい。
こんな大人になっていきそう。
MS

MSの感想・評価

3.9
節子の気持ちに寄り添わざるを得ない。
痛々しくてグサグサくるけど、人間味溢れててしかたない。
なかなかディープで面白かった。日々のやるせなさと好奇心と失うものがないという心境が、人を一歩踏み外させてしまうのだろうか
MALPASO

MALPASOの感想・評価

3.1
『オー・ルーシー!』

主人公の冴えないOLに寺島しのぶ、彼女の英会話の先生にジョシュ・ハートネット、彼と駆け落ちする姪に忽那汐里、役所広司、南果歩が出演。

ジャームッシュ的アプローチの作品。

寺島しのぶのカッコつけない潔い演技がいい。


puku

pukuの感想・評価

2.1
舞台挨拶付きの試写会で観た
恋愛経験が豊富でなく、人生に焦りを感じるアラフォー女子のイタイ日常を描いたようなストーリー
sicklychic

sicklychicの感想・評価

3.0
久しぶりのジョシュ・ハートネット!
キャストが豪華です。
やるせない感がひしひしと伝わる
寺島しのぶさん。
ヤバイ人をマイルドに見せられるのは女優さんの力でしょうか。

人生の中で時折起こる、
運命かもしれない瞬間や流れって、
別に本当はそうでもない。
でもそれがなければ、今もない。

忽那汐里さんが観られて良かったです。
まあこんな雰囲気の映画なんだろうなっていう予想をのっけからぶっ飛ばすオープニング。この時点で「こりゃただの、中年女性の共感を呼ぶような映画じゃないな」と気が引き締まる。

とはいえ笑える部分も多く、特に寺島しのぶと南果歩の口論は最高。また、これまでミステリアスな役どころが多かった忽那汐里が快活で奔放な女をほんのりエロく演じてるのもいい。

ひさびさに見たジョシュ・ハートネットは相変わらずカッコよく、「最近はインディー映画中心に出てる」と聞いてますますカッコよく思えてしまった。

それにしても、外国人が日本で映画を撮ると独特なムードになるものだけど、この平柳監督が撮るアメリカというのもなんか独特ですね。日本のメジャーな映画に出てくる海外ロケシーンとはまた全然違うというか…。

なんにせよ平柳監督の新作が楽しみです!次は男を描いてほしいかも
1号

1号の感想・評価

3.9
テレビで観た。
寺島しのぶは、ただいま日本で一番の俳優のひとりだと思う。こんな役演じ切れるのは彼女だけ。と、どの出演作を観ても思ってしまう。
この役も映画も、陳腐にならないのは寺島しのぶの力でしょう。
シュールでもあり、生々しくもあり、面白かったです。
Herara

Heraraの感想・評価

3.5
ドラマ版にて鑑賞

寺島しのぶとジョシュが出るってどんなドラマ?!と興味も持ち録画してみました。
映画館でも上映するんですね。

主人公の冴えない感がグサッと刺さる。
世に言う結婚適齢期を過ぎ職場と家の往復を繰り返して生活する40代OLに、姪っ子が紹介する英会話スクールは見るからに怪しい。間違いなくボッタクリでしょうと誰もが思うだろう。
その英会話スクールはカラオケを改装したような、外国から見る東京のディープなネオン街の混沌としている雰囲気が全面的に出ている。

見て思ったのは、ジョシュみたいな優しい笑顔のチャーミングな先生がいたらいくつになってもほれちゃうけど冴えないOLの心を変えてしまう程とは外国人っておそろしい。

個人的には深夜にコソッとひとりで観るくらいが丁度良いと思いました。
これを大スクリーンで観るとけっこー重いかも。
KUBO

KUBOの感想・評価

4.5
3月9本目の試写会は「OH LUCY!」完成披露試写会。

この映画、おもしろかった! なにがおもしろいって、洋画の空気の中で日本人俳優が自然に生き生きと演じているからだ。

監督はアメリカ在住の平柳敦子。どういうバックボーンを持った方なのかはわからないが、長編第1作にして、寺島しのぶ、南果歩、忽那汐里、役所広司にジョシュ・ハートネットという豪華キャスト!

日本人が監督をして、日本人が演じているが、基本、国際規格のインディペンデント作品なので、作品そのものの持つ空気は邦画ではなく「洋画」なのだ。おもしろい!

未婚の40代事務員の節子(寺島しのぶ)。毎日同じことの繰り返しで鬱々とする日々を送っていたが、姪(忽那汐里)に振り回されるような形で英会話教室に行くことになった。講師のジョン(ジョシュ・ハートネット)は節子に金髪のカツラをかぶせ「ルーシー」という英語名をつける。

この英語名、英会話教室に通ったことがある人にはあるあるネタだろう。私が若い頃に通っていた英会話教室でも同じことが行われていた。ただし、金髪のカツラや「ハグ」はなかったけどね。

そして、この「ハグ」の持つ意味が、日本とアメリカでは大きく違うところが本作のポイントにもなっている。インド映画の「マダム・イン・ニューヨーク」でも同様なネタが使われていたが、先進国ぶっていても、日本でいきなりハグしたらセクハラって言われそう。

そして「節子」は「ルーシー」に変わることによって、彼女の人生そのものも大きく変わることになる。東京〜ロサンゼルス〜サンディエゴと、ルーシーは冒険の旅へ。

私は元々「寺島しのぶ」は嫌いな女優なのだが、本作のルーシーの演技は本当に素晴らしかった。また姪役の忽那汐里も、姉役の南果歩も、トム役の役所広司も、ジョン役のジョシュ・ハートネットも、それぞれの個性がぶつかり合い、素晴らしい作品になっている。

上映前の舞台挨拶で監督の平柳敦子さんは、この映画で言いたかったことは「人生に困惑するっていうのも大事じゃないか」ということだとおっしゃっていた。

フランス、アメリカで先行公開し、カンヌをはじめ多くの映画祭に出品され、ついに日本で公開となる本作。キネマ旬報とかだと相当高く評価されるんじゃないかな?

前情報から予想されるようなコメディではない。コメディだけど、かなり痛いコメディだ。私は「邦画」「洋画」の垣根を超えるカルチャーショックを感じました。