Oh Lucy!の作品情報・感想・評価 - 18ページ目

Oh Lucy!2016年製作の映画)

上映日:2018年04月28日

製作国:

上映時間:95分

3.5

あらすじ

東京で働く43歳の独身OL節子は、ほど遠くない「退職」と、いずれ訪れる「死」をただ待つだけの生活を送っていた。そんなある朝の通勤ラッシュ。目の前で電車の飛び込み自殺を目撃してしまう。惨事の余韻から抜け出せないまま、仕事に就く節子。突然、節子の姪で 若き自由人である美花(21)から久しぶりに電話があり、話をしたいとランチに誘われる。姉の綾子に美花には関わるなと散々言われたのだが、それは節子に逆の効…

東京で働く43歳の独身OL節子は、ほど遠くない「退職」と、いずれ訪れる「死」をただ待つだけの生活を送っていた。そんなある朝の通勤ラッシュ。目の前で電車の飛び込み自殺を目撃してしまう。惨事の余韻から抜け出せないまま、仕事に就く節子。突然、節子の姪で 若き自由人である美花(21)から久しぶりに電話があり、話をしたいとランチに誘われる。姉の綾子に美花には関わるなと散々言われたのだが、それは節子に逆の効果を及ぼすだけ。節子は美花と会う。姪にはなぜか弱い節子。お金に困った美花を助けるはめに。美花が前払いした英会話クラスを代わりに取り、その受講料を美花に支払うことになる。アメリカ人講師ジョンの教える一風変わった英会話教室が始まる。そこで「ルーシー」という名前と金髪のカツラを与えられ、教室では「ルーシー」になりきるようにと言われる。節子の中で眠っていた感情を「ルーシー」が解き放ち、節子はジョンに恋をする。そんな幸せもつかの間、ジョンは姪の美花と一緒に日本を去ってしまう。自分が置かれた人生に納得ができない節子は、二人を追いかけて、アメリカへ旅立つ決意をする。しかし、仲の悪い姉の綾子も行くと言い出し、同行することになる。嫉妬、秘密、欲望に満ちた旅の果てに節子が見つけたものとは?

「Oh Lucy!」に投稿された感想・評価

HARU

HARUの感想・評価

3.5
ドラマ版を鑑賞

冒頭の電車に飛び込むシーンで『わっ‼︎』って…
そんなことがあっても、日常はいつも通り変わらず流れていく。

姉妹の関係、叔母姪の関係
複雑な胸の内がありながら、バランスを保っている。

40女の寂しい暮らしぶり。
職場での扱われようといったら!

今から映画版がとっても気になります。
TV版鑑賞。
なんか思ってたのと違ったな〜。
後半の急展開にビックリしたけど、所詮TV版なのか中途半端で終わってしまった感がある。
ところどころ笑える所もあったけど。
私も、あんな風にジョシュにハグしてもらいたい笑笑
takayama

takayamaの感想・評価

3.5
NHKにてドラマ版を。来年劇場公開されるみたい。
退屈な感じかなと思いきや、ストーリーが良い感じに転がっていき見やすかった。如何わしい英会話教室、なんともユーモラスなアメリカ人講師。極め付けはカツラをかぶった役所広司。序盤のコレで、ツカミはOK。
折り合いの悪い姉との気まずいアメリカ行きも緊張感漂いながらもどことなくユーモラス。ただアメリカでの主人公の痛ましさが切なく、帰国してからの追い討ちがさらに悲しい。
希望を手繰り寄せるかのようなハグが胸にくるラストシーンでした。
Kana

Kanaの感想・評価

-
記録
ドラマ版を見ました。
う〜ん、まだ私には難しすぎたようです。
NHKをぼんやり観てて このドラマ版があると宣伝してて 知り、観てみましたが、 短時間ながらとても面白く、続きがもっともっと観たくなってしまった。
寺島しのぶさんが 自堕落な女演じたら 最高な味わいなのだ。
ジョシュ・ハートネット、久しぶりに観たけど、やっぱり良いね〜、ダメンズなんだが、許してしまおう、と思いますよ。
映画版も観たいが、このドラマの続きは、もうないのかな。
あれば、観たいのにな。
頑張って、ルーシーって言いたくなるよ。
かお0307

かお0307の感想・評価

3.5
NHKのドラマだからほんわか系かと思いきや、違うかも?と冒頭のシーンから解釈。
なるほど。なにやら大作なのですね。
手短にいえば、切なくて痛々しく感じたなぁ。
ジョシュ、年を重ねて更にシッブー!くて、かっこいー!
もともと外人特有の濃さがないから、これからも期待大!
Maki

Makiの感想・評価

1.0
寺島しのぶは独特の役やるの定番になってるな〜。実際の人間性も険しい?難しい?歌舞伎の世界に生まれた個性的な女の子には複雑な思いがあるんだろうな〜。作品は狭い範囲で男を取った取られたの顛末…みたいな陳腐なストーリー。
なっこ

なっこの感想・評価

2.7

このレビューはネタバレを含みます

【ドラマ版を鑑賞】
桃井かおりさん主演の短編の方もかなり気になりますが、NHKで放送された海外との共同制作のドラマ版を視聴しました。

東京とアメリカ。ひとりの男をめぐるふたりの女。そして、ハグと電車、群衆と孤独、その対比。
愛ってなんでしょう…幸せってどこにあるんでしょう。。。探して見つかるものなんでしょうか、なんて聞きたくなっちゃいますね。

姪っ子の代理で英会話教室に通うことになるOL、そこで新しい自分に目覚めて…なんて、なんだか素敵な展開を期待して見始めたら、とんでもなかった。
随分と痛いところをえぐってくる映画。それでも、目が離せなくなるのは、どこか覚えのある感情がそこにはあるからかもしれない。

かつて男を取り合った姉妹。男と一緒にアメリカに逃げちゃう姪っ子。姪っ子の好きな男を追いかけてアメリカまで行っちゃう女。

恋に生きて、追いかけて、追い詰めて、愛されたくて、何かを間違う。ぶつけ方を、感情のもっていき方を、頑張り方を、間違えてしまう。賢くないのかな、いや、そうじゃないよね、いつも、欲しいのは愛だけだったはずなのにね。誰かを傷つけたかったわけじゃない。

痛いほどわかる女の気持ち。そこに寄り添ってみてしまう。幾つになっても女は女。ああ、私にもある、そんなドロドロとした気持ち。そう認めてしまえる。

だから、ラストは一緒に涙してしまった。

どこか人間として大事なことを心に押し込めて、ダイヤ通りに狂わず動き進み続ける電車たちのように人は、生きられないはず。
車内の狭い空間で息のかかるほど近くにいるのに、心は全く触れ合わない。貨物のように人が運ばれていく。そんな非人間的な日常は、心を少しずつ蝕んでいく。孤独は深まっていく。自分の心の痛みにも人の心痛みにも鈍感になっていく。

ひとつのハグがそれを、変える。

それを恋と間違えた彼女を誰が責められるだろう。
ハグは世界を変える。
私はトムのように優しいハグのできる人になりたい。

こんなおばさんにはなりたくない
役所広司が良いとこで出てくるなぁ
かっこいい
yukarainen

yukarainenの感想・評価

3.6
NHKでやっていたのを偶然鑑賞。映画版とドラマ版では結末もしかして違うのか、、、

寺島しのぶが出てると観てしまう(´ー`)

どんな役でもつまらない話でもこの人が出るとピリリと締まる気がします。
忽那汐里ちゃんも、無邪気で残酷な振る舞いをうまく表現していました。

映画版も早く見たい!