Oh Lucy!の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

Oh Lucy!2016年製作の映画)

上映日:2018年04月28日

製作国:

上映時間:95分

あらすじ

東京で働く43歳の独身OL節子は、ほど遠くない「退職」と、いずれ訪れる「死」をただ待つだけの生活を送っていた。そんなある朝の通勤ラッシュ。目の前で電車の飛び込み自殺を目撃してしまう。惨事の余韻から抜け出せないまま、仕事に就く節子。突然、節子の姪で 若き自由人である美花(21)から久しぶりに電話があり、話をしたいとランチに誘われる。姉の綾子に美花には関わるなと散々言われたのだが、それは節子に逆の効…

東京で働く43歳の独身OL節子は、ほど遠くない「退職」と、いずれ訪れる「死」をただ待つだけの生活を送っていた。そんなある朝の通勤ラッシュ。目の前で電車の飛び込み自殺を目撃してしまう。惨事の余韻から抜け出せないまま、仕事に就く節子。突然、節子の姪で 若き自由人である美花(21)から久しぶりに電話があり、話をしたいとランチに誘われる。姉の綾子に美花には関わるなと散々言われたのだが、それは節子に逆の効果を及ぼすだけ。節子は美花と会う。姪にはなぜか弱い節子。お金に困った美花を助けるはめに。美花が前払いした英会話クラスを代わりに取り、その受講料を美花に支払うことになる。アメリカ人講師ジョンの教える一風変わった英会話教室が始まる。そこで「ルーシー」という名前と金髪のカツラを与えられ、教室では「ルーシー」になりきるようにと言われる。節子の中で眠っていた感情を「ルーシー」が解き放ち、節子はジョンに恋をする。そんな幸せもつかの間、ジョンは姪の美花と一緒に日本を去ってしまう。自分が置かれた人生に納得ができない節子は、二人を追いかけて、アメリカへ旅立つ決意をする。しかし、仲の悪い姉の綾子も行くと言い出し、同行することになる。嫉妬、秘密、欲望に満ちた旅の果てに節子が見つけたものとは?

「Oh Lucy!」に投稿された感想・評価

raga

ragaの感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

性格悪い節子がルーシーになって人生やり直したい、しかし節子として想いを寄せる人を見つける。物語の骨組みはいいのだが、終盤慌てて展開していくので肝心な場面が希薄だし、それまでの道中も要らない挿話が見受けられる。もっと脚本練ってほしいよ、ガンバレ!
meco

mecoの感想・評価

4.0
人生は山あり谷あり。平凡や幸せを人は求めがちだけど、一度きりの人生を正直に生きる節子。いい人で無いと生きづらくなっている今、節子の行動は身勝手で軽はずみなところもあるけれど、人様に迷惑を掛けないレベルで素直に自分らしく生きたもん勝ちだな…と考えさせられた映画でした。
役所さん、今回も完璧な演技でした。ラストシーンは彼の存在で救われた終わりかたでした。
寺島さんの揺るぎない隙のない隙に、物語が構築されてゆく。
動きに生き様ってまさに出るもんだ。
まゆみ

まゆみの感想・評価

3.7
シネ・リーブル神戸にて。
コメディだと思って観に行くと、けっこう黒かった。性描写が絶妙。日常と恋をしている時の目の輝きのギャップが素晴らしい。寺島しのぶを見に行きたかったんだなと気づいた。
久々に見たジョシュ・ハートネットいいなと思ったけど、結局役所広司に心奪われてしまった。ダークなシンデレラストーリー。
り

りの感想・評価

-
社会人になって圧迫されれば分かるところもあるのかも
痛い痛いと思いながら観たのは自分が痛くなりたくないからなのかも
映画みるたびにしあわせになってほしい人増えるなー
linen

linenの感想・評価

3.8
寺島しのぶさんが演じる節子は身近にはいないようなタイプ。40代でとんがってる。でもイタイ部分は思いっきりリアル。暴走して人間らしい生き方、世間的には受け入れらないけど一生懸命さにはつい応援したくなる。南果歩さんも好演でした。
AS

ASの感想・評価

3.4
ジョシュ・ハートネットとの出会いにより寺島しのぶが暴走。反面教師的なそれには全く共感できないけど応援はしたくなる。
役所広司が出てくる瞬間作品の風格が増す不思議
佐々木

佐々木の感想・評価

4.0
寺島しのぶ演じる節子の粗大ゴミみたいな駄目ぷりがリアル。その粗大ゴミが恋した瞬間の行動力が凄い。恋に復讐が重なると何でもできるんだ。空港の自販機での姉妹とジョンが最後去ろうとして自省する瞬間。四人しか観客は居なかったけど俺は面白かった。節子と同年代の女性には辛辣すぎるかも。忽那汐里が滅茶苦茶可愛い。2018/5/14ユーロスペース
わけ

わけの感想・評価

3.7
なんか勝手に想像してたストーリーとは全然違った。でも良かった。
仕事に追われる生活をしている人は共感できるシーンが散りばめられてると思う。
公開している劇場は少ないけれどキャストは素晴らしい。見て損はないと思った。
英会話学校の先生に彼らの母国で会ったらああいう感じのギャップは貰えるのかな(^_^;)まさかの、そしてここぞとばかりの役所広司登場のタイミングが好き。