Oh Lucy!の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

Oh Lucy!2016年製作の映画)

上映日:2018年04月28日

製作国:

上映時間:95分

3.5

あらすじ

東京で働く43歳の独身OL節子は、ほど遠くない「退職」と、いずれ訪れる「死」をただ待つだけの生活を送っていた。そんなある朝の通勤ラッシュ。目の前で電車の飛び込み自殺を目撃してしまう。惨事の余韻から抜け出せないまま、仕事に就く節子。突然、節子の姪で 若き自由人である美花(21)から久しぶりに電話があり、話をしたいとランチに誘われる。姉の綾子に美花には関わるなと散々言われたのだが、それは節子に逆の効…

東京で働く43歳の独身OL節子は、ほど遠くない「退職」と、いずれ訪れる「死」をただ待つだけの生活を送っていた。そんなある朝の通勤ラッシュ。目の前で電車の飛び込み自殺を目撃してしまう。惨事の余韻から抜け出せないまま、仕事に就く節子。突然、節子の姪で 若き自由人である美花(21)から久しぶりに電話があり、話をしたいとランチに誘われる。姉の綾子に美花には関わるなと散々言われたのだが、それは節子に逆の効果を及ぼすだけ。節子は美花と会う。姪にはなぜか弱い節子。お金に困った美花を助けるはめに。美花が前払いした英会話クラスを代わりに取り、その受講料を美花に支払うことになる。アメリカ人講師ジョンの教える一風変わった英会話教室が始まる。そこで「ルーシー」という名前と金髪のカツラを与えられ、教室では「ルーシー」になりきるようにと言われる。節子の中で眠っていた感情を「ルーシー」が解き放ち、節子はジョンに恋をする。そんな幸せもつかの間、ジョンは姪の美花と一緒に日本を去ってしまう。自分が置かれた人生に納得ができない節子は、二人を追いかけて、アメリカへ旅立つ決意をする。しかし、仲の悪い姉の綾子も行くと言い出し、同行することになる。嫉妬、秘密、欲望に満ちた旅の果てに節子が見つけたものとは?

「Oh Lucy!」に投稿された感想・評価

俳優陣が豪華なだけに、自分が期待するストーリー展開をことごとく裏切っていく展開には流石にテンションの上げようが有りませんでした(^_^;)
Shino

Shinoの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

冒頭からビックリさせられる😰
痛くて、切なくて…人生捨ててる感が漂って、
すごく辛くなる😢

寺島しのぶさんは、さすがでした👏🏻
女子はやはり、頭ポンポン、とか、ハグとか、必要なのかもなぁ🤔
肯定されたい生き物だからなぁ🤣
skip

skipの感想・評価

-
文章にしてしまえば短いもので、中身は引き伸ばされて、雰囲気で流している印象を受けた。でもこれは媒体の問題というか、所詮は量の話であって、イタくて適度にインパクト受けた。ぶっちゃけ影響力ある。距離感に違和感を覚え、わざと出遅れゆっくり歩くとか、全国共通をあえて抜かない感じ、良いよね。
mami

mamiの感想・評価

4.3
昨年から海外で上映されていたから気になっていて、エアカナダ機内で観た。comedyだと思ったら、すごく、赤裸々で胸が痛くなる話。
大人の女性なら、誰でも、共感できる部分がある。女という生き物を、赤裸々に描き、寺島しのぶが凄すぎて、胸が痛くなった。役所広司の出番は少なくても、さすがの存在感。
男性は、この作品をどう観るのか、気になる。
女性監督でなければ描けない心理
お薦めする
Tyga

Tygaの感想・評価

2.5
予告編を観てめちゃくちゃわくわくした。
https://youtu.be/WlNMsG1RKfE

なんか元気付けてくれる感じを期待して行ったら見事に裏切られた。
基本的に「まぁ、そうなるよね」な方向にしか進まないので、わくわくしない。
アメリカまで行くロードムービーなんだから、少しくらいわくわくさせて欲しい。
結局、世代も国も越えられないなんて寂しすぎる。

休暇とったら悪だし、行き遅れは悪みたいな会社の部分が、めちゃくちゃ古臭くて20年前くらいの映画かと思った。
そういう会社は今もあるかもしれんけど、今更描く意味よ。

地下鉄も伝えたいことはわかるんだけど、なんか撮り方とかくどいかな。
小一郎

小一郎の感想・評価

4.1
40代女性の恋物語、切なすぎる。英会話学校で金髪カツラとアメリカ人風の名前を与えられ、普段の自分を解き放つも、待っていたのはとても厳しい現実。でも、例えどんなに辛くても死んだように生きているよりは、自分を解放する方がマシでしょと言いたげな世界観に、ちょっと共感してしまった。

寺島しのぶが金髪のカツラをかぶって、オレンジ色のピンポン玉を口に加えている顔がアップのチラシの写真に、面白そうな映画だって思うし、そういう雰囲気がないわけではない。

主人公の43歳独身OL、節子が姪の美花の頼みで英会話学校に通うことになり、そこで金髪の「ルーシー」となる。一緒に習う生徒には「トム」のオジサン会社員・小森(役所広司)もいて、「ハーイ!」とか言いながらハグしたりする。こんな英会話学校ありそう。

「ルーシー」はアメリカ人講師のジョン先生に恋をする。実は彼は美花の恋人で一緒に帰国してしまうけれど、「ルーシー」はその後を追いかける。

節子は<職場では空気のような存在、一人暮らしの部屋は物だらけ>(公式ウェブ)で、<ほど遠くない「退職」と、いずれ訪れる「死」をただ待つだけの生活を送っていた>(フィルマークスのあらすじ)。姉の綾子とは険悪。綾子の娘の姪の美花には何故か弱い。

そんな節子が見出した生きる歓びが「ルーシー」になった自分とジョンとの恋。心の闇の深そうな節子の必死さは鬼気迫るものがあり、その純情を翻弄した姪の実花との関係も…。

自分を不器用に解放してしまったことから、人間関係でとても厳しい報いを受けた節子だけど「ルーシー」となったからこそ新たな道も開けてくる。

<「死」をただ待つだけ>のように生きるなら、たとえどんなに不利な闘いでも「ルーシー」として生きることの方が、「可能性」という「絶望」の特効薬はあるのだ、という実存系の物語だったかな。

●物語(50%×4.5):2.25
・コメディかと思いきや、案外いつまでも覚えて良そうな結構重たい話。

●演技、演出(30%×4.0):1.20
・寺島しのぶの痛々しさがイイ。役所広司もさすがの役どころ。

●画、音、音楽(20%×3.0):0.60
・特にこれと言って…。
Koheii

Koheiiの感想・評価

4.0
途中で前通ってた学校の近くが出てきて嬉しかったです。ちょっとアメリカ遊びいきたくなります。期待し過ぎた感はありますがサラッと見れて面白いです。
観た後ハッピーにはならない。
ハッピーになるのはこれからで、話の始まりで終わってしまったような気持ち。
knee

kneeの感想・評価

3.0
「レッツハグ 節子さん」

桃井かおり主演の短編映画の部分を含めその後を描いた平柳監督初長編作品。
まずトレーラーが捏造の類であったのは確か。私はコメディというよりかは人生賛歌ものの雰囲気を感じた。実際はというと舞台カリフォルニアの空もどんよりと曇っていたように国違えど底には暗い淀みが通っている。東京とカリフォルニア、どちらにせよ画面に映るポジティブとははじめからネガティブの上にあってのもののよう。真の幸福はそう簡単には顔を出さない

4月『光』ぶりの日本映画(合作)。アメリカロケにおけるシーンをみて、日本人は日本という土地でしか映画にならないなと痛感する。寺島しのぶ、南果歩、忽那汐里、3キャストどれもアメリカの風景にミスマッチ。馴染めず浮いていた。『Paterson』の永瀬正敏のように強いキャラクターでないと映画の一部になることができない。弱いビジュアルの日本人でおまけにドラマ映画となると馴染むのは困難。そしてどうも、日本語のセリフが片言英語を引きずったように聞こえた。日本ロケを全て終えアメリカロケの順だったらしいのだが、思い込みなのか寺島しのぶの演技がうざったらしい。過去にみた韓国映画『ビューティー・インサイド』で上野樹里の日本語セリフがあるのだが、全編韓国語のなか日本語が聞こえてきたときの不快感は、今までに感じたことのないものであったのを覚えている。日本語とアルファベット系言語の間には乗り越えられない音の壁があるようだ。

節子を開くアメリカ英語
平柳監督も日本人は外国人とは比較的明るく自分から会話しているように感じるそう。アルファベット、アクセント、流れるように繋がった音、言語学の側面からも理由が何かありそう。また40半ばで口にする新しい言語とは、使い古した母語とは全く別物だろう。単語や言葉一つ一つにまだ何も自分にとっての意味・気持ちが完全に込められてはいないはずだ。まだ汚れていない空の言葉であるからこそ固まった自分を変えるきっかけを外国語は持っているのではなかろうか。

今回描かれた日本。海外の方からは「なんだこの日本?」という声があったのだとか、ダークで自殺との距離が近いイメージはほぼなく、やはり日本の伝統的文化を基盤としたものが一般的なところが現状に違いない。現代日本の暗がりを映した多くの作品が海外を回るようになればいいのだが、今作はそういうところでは意味ある一本なのは間違いない


「映画を観た人から『もっと節子は幸せになると思った』と言われたりもしますが、私としてはこのエンディングは100%希望のあるハッピーエンディングだと思っています。」

薬を吐かせる元警官、役所広司の重く優しさある英語とハグで終えるラスト。映画は多様性の共有の時代であっても身の丈の恋に落ち着く主人公。とても地道なハッピーエンド
kyo

kyoの感想・評価

4.5
てっきりコメディだと思っていたんだけど……。
痛い女の痛々しいお話。

時々笑ったけど、すぐに他人事とは思えず
ああ、自分の話かもと胸が痛んだ。

役所広司演じるトムに救われた。
トムがいなかったら落ち込んだままの
最低映画になっていたかも。
ルーシーとトムとの物語第2章が観たい。

捨て身の寺島しのぶは勿論のこと、
南果歩他、出ている役者全員の演技が素晴らしいので
0.5ポイントプラスです。