オー・ルーシー!の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「オー・ルーシー!」に投稿された感想・評価

とろろ

とろろの感想・評価

3.6
日本の狭くて鬱々とした世界が描かれてた。
ルーシーになることで本当の自分を解き放っていく感じは痛々しいけど理解出来る。
ジョシュ格好いいな!笑
それにしても簡単に死にすぎじゃないか?笑
飛行機で観たら、日本語の英語字幕(英語の日本語字幕はない)だったんだけど、元は英語の訳もついてるのかな?不思議な感じになってしまった。
内容としては自殺防止もの…のようにみえた。英会話スクールのこともっと知りたかったんですけど。
寺島しのぶの奥深さは、底無しなのかと思うような作品でした。この人、本当に腹の据わった女優なんだなあ…。設定は43才でしたが、もう少し更年期になってからこの精神状態は来るのではないかと思います。だからその世代の女性たちには全く笑えない内容でした。脇を固めるキャストも素晴らしかった。ただ、ラストが尻切れトンボのように感じたのは私だけですかねえ?役所さんの使い方、これで良かったんてすかねえ…。
マダム

マダムの感想・評価

3.0
もっと笑えるかと思ってみたら、みんな悲しい人ばかりで、余計にかなしくなったしまった。
寺島しのぶさん、必ず脱ぐみたいで、それがないとしのぶさん成立しないみたいだと思った。
なんだろ、もっと、笑えるように作ってみたら、ダメなんだろうか?とおもった
しのぶさん、果歩さん、役所さん皆さんお上手だけど、悲しくなった。
みっこ

みっこの感想・評価

3.8

LUCYと節子
LUCYは節子であって節子でなく
節子もまたLUCYであってLUCYでない

LUCYは恋を知って
節子は叶わぬ想いに傷付く

歩んだ恋の分だけ、ただ痛みを知る

若くもない
おばちゃんと呼ばれる自分

だって、愛した男は姪のもの
自分に名前をくれた男は
自分に場所をくれた男は
これから先も振り向いてはくれない

デスクに溜め込まれた甘いもの
必要とされていない自分への寂しさ
不必要を作り出すことでしか
埋められない空虚感

節子はLUCYを共有したTOMを
ハグという言葉に乗せて
力一杯抱きしめるのだった

そうするしかなかった

ハグでもなんでもいい
本名でもイングリッシュネームでもいい
ただ抱きしめ
抱きしめ合いたかった
KarimF

KarimFの感想・評価

3.5
みんなかわいそうだった。
満員電車、メイドカフェ、自殺とか、海外の人が想像する日本がたくさん出てきた感じがした。
配役がパーフェクトだった!


姪っ子は実はレズビアンで彼を利用してアメリカに来たのでは!と予想してたけど外れた。色々予想してなかったことが起こっておもしろかった。
たく

たくの感想・評価

3.6
こじらせアラフォー女子の痛い話で、寺島しのぶの演技力が際立ってた。
南果歩も良かったし、役所広司はこういう朴訥な役がいいね。

会社でもらった菓子を引き出しに溜め込んじゃうのは自分も同じことしてるので共感したなー。

桃井かおりの短編が元なのは知らなかった。
まぁ

まぁの感想・評価

3.6
ファーストシーンからショッキングで…

軽めのコメディをレンタルしたつもりが…
「どうしよう」…と悪い予感に変わった…(汗)
その「予感」は……見事に「的中」…(汗)

「やっちゃった…」

…ラストに救いがあって……私も救われたけれど…

初めの方は、寺島しのぶ演じる主人公が
「可愛くて」…クスクスって笑いながら観ていたんだけれど…

どんどん、どんどん…「ドツボ」に嵌っていく彼女が…「痛い」「目も当てられない」…となっていく…

でも…
何となく…「分かってしまう」…というか、
重なる部分が、自分にもあるかも…と思えて…

上手く言葉で表現出来ないのだけれど…

登場人物全てが
「愛」「人」を求めていて…

「外見」を変えても「中身」は変わらない…という事だと思う…

…「やっちゃった」…だけど…
この作品、私、嫌いじゃない…(笑)
こじらせすぎたババア
いたすぎ〜
だけど、ちょっとかわいそう。
mizukineko

mizukinekoの感想・評価

3.0
ルーシーの気持ちはわからなくはないけど、そこまで感情のままに行動できるのってすごい。狂気としか言いようがないし、側から見ていて痛々しいんだけど、妙にリアルだった。