Oh Lucy!の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

Oh Lucy!2016年製作の映画)

上映日:2018年04月28日

製作国:

上映時間:95分

3.5

あらすじ

東京で働く43歳の独身OL節子は、ほど遠くない「退職」と、いずれ訪れる「死」をただ待つだけの生活を送っていた。そんなある朝の通勤ラッシュ。目の前で電車の飛び込み自殺を目撃してしまう。惨事の余韻から抜け出せないまま、仕事に就く節子。突然、節子の姪で 若き自由人である美花(21)から久しぶりに電話があり、話をしたいとランチに誘われる。姉の綾子に美花には関わるなと散々言われたのだが、それは節子に逆の効…

東京で働く43歳の独身OL節子は、ほど遠くない「退職」と、いずれ訪れる「死」をただ待つだけの生活を送っていた。そんなある朝の通勤ラッシュ。目の前で電車の飛び込み自殺を目撃してしまう。惨事の余韻から抜け出せないまま、仕事に就く節子。突然、節子の姪で 若き自由人である美花(21)から久しぶりに電話があり、話をしたいとランチに誘われる。姉の綾子に美花には関わるなと散々言われたのだが、それは節子に逆の効果を及ぼすだけ。節子は美花と会う。姪にはなぜか弱い節子。お金に困った美花を助けるはめに。美花が前払いした英会話クラスを代わりに取り、その受講料を美花に支払うことになる。アメリカ人講師ジョンの教える一風変わった英会話教室が始まる。そこで「ルーシー」という名前と金髪のカツラを与えられ、教室では「ルーシー」になりきるようにと言われる。節子の中で眠っていた感情を「ルーシー」が解き放ち、節子はジョンに恋をする。そんな幸せもつかの間、ジョンは姪の美花と一緒に日本を去ってしまう。自分が置かれた人生に納得ができない節子は、二人を追いかけて、アメリカへ旅立つ決意をする。しかし、仲の悪い姉の綾子も行くと言い出し、同行することになる。嫉妬、秘密、欲望に満ちた旅の果てに節子が見つけたものとは?

「Oh Lucy!」に投稿された感想・評価

平成30年(2018年)7月4日(水)
於:八丁座 壱・弐
評価:③
*摩訶不思議な感じの映画です🎥このように何かの弾みで危うくなり、あり得ないような、でも何となくそうだよねと納得してしまえるような主人公に寺島しのぶはぴったりです!そして、ある時にはとても綺麗で可愛く、また、ある時には不細工にもなり得る、寺島しのぶに今更ながら驚きです😮
きよこ

きよこの感想・評価

3.9
忽那汐里可愛い!ハリウッドデビューしちゃったし、彼女の萌えカフェに行きたい(笑)

さて…真面目に。

金髪女のピンポン玉くわえた、変わったコメディ映画だと甘くみてた。

…脚本に救いがない。

怖い。まじ怖い。苦しい。救いがない。
観ていて辛い。寂しい。重い(笑)とにかく全員に共感できない。特に姉さんなんかイライラしてしまう。みんな自己中。けど、それが現実。。。

なせだろう。自分にも重ねてしまう。一歩違えば明日は我が身かも…といらぬ不安に駈られてしまう(既婚、子供あり、仕事ありなのに…)。

いい意味でバッサリと裏切られたけど、心に刺さった棘はチクチクと傷む。


昨年『勝手にふるえてろ』や『彼女が知らない鳥たち』などなど、拗らせ女子が話題となり、みんな虜になった。

しかし、この映画も確かに拗らせ女子が沢山出てくる。ん?女子と呼んでもいいのだろうか?主人公の節子はチリチリパーマを無造作に束ねて会社でムスッとしてるし、色気も品もなく、家ではごみの中で生活している。しばらく男っ気もない証拠。努力とかプライドとかないのか?と問い詰めたくなる。

そんなとき、金髪のカツラとイケメンのハグで彼女のなにかが弾けた。違う私になること。誰しも心で望んでいてもその一歩が踏み出せない事。そんなときに、見た目を変えたり、他人に成り済ますこと。勇気を出して前を向けるアイテムなのかもしれない。私もそうしたいと思う事があるから。

少し狂気的に物語が進行していくなかで、自殺に焦点を当てたことで、生かされる意味、生きる意味を感じさせた良作でした。ラストに少しだけ光が射したように思います。

賛否ありますが、女性の感じ方はどうだろうか。語りたい(笑)
もちろん、男性の感想も聞きたいでーす\(^o^)/
シュリ

シュリの感想・評価

3.3
寺島しのぶは裏切らない。
その一言に尽きる。
姉との絡みは笑える。あんな姉もこんな妹もイヤだ。ジョンやミカとの絡みは切ないけど笑いもあり。最後やっぱりのトムの癒しにホッとするが…。

後味のあまり良くない映画でした。
俳優陣が豪華なだけに、自分が期待するストーリー展開をことごとく裏切っていく展開には流石にテンションの上げようが有りませんでした(^_^;)
Shino

Shinoの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

冒頭からビックリさせられる😰
痛くて、切なくて…人生捨ててる感が漂って、
すごく辛くなる😢

寺島しのぶさんは、さすがでした👏🏻
女子はやはり、頭ポンポン、とか、ハグとか、必要なのかもなぁ🤔
肯定されたい生き物だからなぁ🤣
skip

skipの感想・評価

-
文章にしてしまえば短いもので、中身は引き伸ばされて、雰囲気で流している印象を受けた。でもこれは媒体の問題というか、所詮は量の話であって、イタくて適度にインパクト受けた。ぶっちゃけ影響力ある。距離感に違和感を覚え、わざと出遅れゆっくり歩くとか、全国共通をあえて抜かない感じ、良いよね。
mami

mamiの感想・評価

4.0
昨年から海外で上映されていたから気になっていて、エアカナダ機内で観た。comedyだと思ったら、すごく、赤裸々で胸が痛くなる話。
大人の女性なら、誰でも、共感できる部分がある。女という生き物を、赤裸々に描き、寺島しのぶが凄すぎて、胸が痛くなった。役所広司の出番は少なくても、さすがの存在感。
男性は、この作品をどう観るのか、気になる。
女性監督でなければ描けない心理
お薦めする
Tyga

Tygaの感想・評価

2.5
予告編を観てめちゃくちゃわくわくした。
https://youtu.be/WlNMsG1RKfE

なんか元気付けてくれる感じを期待して行ったら見事に裏切られた。
基本的に「まぁ、そうなるよね」な方向にしか進まないので、わくわくしない。
アメリカまで行くロードムービーなんだから、少しくらいわくわくさせて欲しい。
結局、世代も国も越えられないなんて寂しすぎる。

休暇とったら悪だし、行き遅れは悪みたいな会社の部分が、めちゃくちゃ古臭くて20年前くらいの映画かと思った。
そういう会社は今もあるかもしれんけど、今更描く意味よ。

地下鉄も伝えたいことはわかるんだけど、なんか撮り方とかくどいかな。
小一郎

小一郎の感想・評価

4.1
40代女性の恋物語、切なすぎる。英会話学校で金髪カツラとアメリカ人風の名前を与えられ、普段の自分を解き放つも、待っていたのはとても厳しい現実。でも、例えどんなに辛くても死んだように生きているよりは、自分を解放する方がマシでしょと言いたげな世界観に、ちょっと共感してしまった。

寺島しのぶが金髪のカツラをかぶって、オレンジ色のピンポン玉を口に加えている顔がアップのチラシの写真に、面白そうな映画だって思うし、そういう雰囲気がないわけではない。

主人公の43歳独身OL、節子が姪の美花の頼みで英会話学校に通うことになり、そこで金髪の「ルーシー」となる。一緒に習う生徒には「トム」のオジサン会社員・小森(役所広司)もいて、「ハーイ!」とか言いながらハグしたりする。こんな英会話学校ありそう。

「ルーシー」はアメリカ人講師のジョン先生に恋をする。実は彼は美花の恋人で一緒に帰国してしまうけれど、「ルーシー」はその後を追いかける。

節子は<職場では空気のような存在、一人暮らしの部屋は物だらけ>(公式ウェブ)で、<ほど遠くない「退職」と、いずれ訪れる「死」をただ待つだけの生活を送っていた>(フィルマークスのあらすじ)。姉の綾子とは険悪。綾子の娘の姪の美花には何故か弱い。

そんな節子が見出した生きる歓びが「ルーシー」になった自分とジョンとの恋。心の闇の深そうな節子の必死さは鬼気迫るものがあり、その純情を翻弄した姪の実花との関係も…。

自分を不器用に解放してしまったことから、人間関係でとても厳しい報いを受けた節子だけど「ルーシー」となったからこそ新たな道も開けてくる。

<「死」をただ待つだけ>のように生きるなら、たとえどんなに不利な闘いでも「ルーシー」として生きることの方が、「可能性」という「絶望」の特効薬はあるのだ、という実存系の物語だったかな。

●物語(50%×4.5):2.25
・コメディかと思いきや、案外いつまでも覚えて良そうな結構重たい話。

●演技、演出(30%×4.0):1.20
・寺島しのぶの痛々しさがイイ。役所広司もさすがの役どころ。

●画、音、音楽(20%×3.0):0.60
・特にこれと言って…。
Koheii

Koheiiの感想・評価

4.0
途中で前通ってた学校の近くが出てきて嬉しかったです。ちょっとアメリカ遊びいきたくなります。期待し過ぎた感はありますがサラッと見れて面白いです。