Oh Lucy!の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

Oh Lucy!2016年製作の映画)

上映日:2018年04月28日

製作国:

上映時間:95分

あらすじ

東京で働く43歳の独身OL節子は、ほど遠くない「退職」と、いずれ訪れる「死」をただ待つだけの生活を送っていた。そんなある朝の通勤ラッシュ。目の前で電車の飛び込み自殺を目撃してしまう。惨事の余韻から抜け出せないまま、仕事に就く節子。突然、節子の姪で 若き自由人である美花(21)から久しぶりに電話があり、話をしたいとランチに誘われる。姉の綾子に美花には関わるなと散々言われたのだが、それは節子に逆の効…

東京で働く43歳の独身OL節子は、ほど遠くない「退職」と、いずれ訪れる「死」をただ待つだけの生活を送っていた。そんなある朝の通勤ラッシュ。目の前で電車の飛び込み自殺を目撃してしまう。惨事の余韻から抜け出せないまま、仕事に就く節子。突然、節子の姪で 若き自由人である美花(21)から久しぶりに電話があり、話をしたいとランチに誘われる。姉の綾子に美花には関わるなと散々言われたのだが、それは節子に逆の効果を及ぼすだけ。節子は美花と会う。姪にはなぜか弱い節子。お金に困った美花を助けるはめに。美花が前払いした英会話クラスを代わりに取り、その受講料を美花に支払うことになる。アメリカ人講師ジョンの教える一風変わった英会話教室が始まる。そこで「ルーシー」という名前と金髪のカツラを与えられ、教室では「ルーシー」になりきるようにと言われる。節子の中で眠っていた感情を「ルーシー」が解き放ち、節子はジョンに恋をする。そんな幸せもつかの間、ジョンは姪の美花と一緒に日本を去ってしまう。自分が置かれた人生に納得ができない節子は、二人を追いかけて、アメリカへ旅立つ決意をする。しかし、仲の悪い姉の綾子も行くと言い出し、同行することになる。嫉妬、秘密、欲望に満ちた旅の果てに節子が見つけたものとは?

「Oh Lucy!」に投稿された感想・評価

となみ

となみの感想・評価

3.3
女は狂うと怖い…としみじみ思いました。
悪くないけど見ててとても疲れる映画。
10年後私もルーシーくらいの年になったらまた違う見方ができるのかも?
yucat

yucatの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

寺島しのぶのあのポスタービジュアルに興味を持ったので鑑賞。ポップながらも不穏な雰囲気が好みっぽかったので。
まさか舞台がアメリカまでいくなんて想像してなかったし、前半の不貞腐れた節子の表情や態度から、女を武器にし始めることも意外だった。でも、仕事も家族も友達も何もない節子にとって、自分の女の部分に価値を見出すことって仕方ないのかも。
自分にもああいう部分がないか、と言われると多少ある気がする。

そんな痛い節子に対して生命力に溢れた美しい姪っ子の忽那汐里がキラキラしてた。ナイスキャスト。

人身事故からスタートしたので、電車が徹度にヒヤヒヤした。人生を自分のタイミングで終わらせることはいつでも出来る。

最後、役所広司と2人でどこにいくんだろうな。
ポスターからにじみ出る"明るく楽しいハートフルストーリー"みたいのをイメージしてたら意外と重かった。
後半は話が急展開するし、どうなるのかと思ったら、結構放ったらかしのままで突き放された感じ。
でも寺島しのぶ、南果歩、役所広司の三つ巴の細かい演技合戦にジョシュ・ハートネットのおまけ付でかなり満腹。
この中だと、忽那汐里の弾ける若さが更に際立って見えた。

自分が勤めている会社に節子(寺島しのぶ)見たいのがいたらどうしただろう?と考える。
もしかしたら、ワタシも映画の中の社員たちと同じような対応をしたのではないか?上辺だけのキレイごとはいくらでも言えるが、果たして周囲にとらわれずに行動できるのか?そもそも彼女に気がつくだろうか?

自問自答の繰り返し。いつまでも答えは出なかった。
不器用で、強がって、でも本当は寂しくて、優しくて。
出てくるキャラクターは最低な人間ばかりだけど、それが人間の本性。

次の作品が楽しみな監督。
kkusa

kkusaの感想・評価

3.8
周囲と馴れ合わず、溶け込まない生き方は強さを感じさせるが、裏返せばそれは弱さでもあるのだと思う。
あんなに構えていたのに、見せかけの承認だけであっさりとタガが外れてしまう。
そんな主人公の脆さを登場人物との対比で浮かび上がらせながら見せつけられるとハラハラしたし、何かに夢中になった時の客観性の無さは自分自身の経験なども思い起こさせ、ウンザリもさせられた。
登場人物は総じて変なのだが、現実社会も冷静に見回してみると変な人で溢れかえっている。
とてもリアリティを感じさせる映画だった。
みみ

みみの感想・評価

3.5
突飛な流れのようでもあって、

咀嚼に少し時間が必要かもしれない。

でも、彼女のような、一人で空想して、現実が見えなくなること、どうにもおさえられない衝動に走ること、女性として誰かに受け止めて欲しい思い、それは同じ女性として共感できるところでもある。

そして、これから、彼女はどうなっていくのか、それが気になるな。
ha

haの感想・評価

3.3
痛々しすぎて目を覆いたくなる。
女の殴り合い大好きだけどあまりのリアリティに引いちゃった。
ナミ

ナミの感想・評価

3.5
まさかこんな映画で久しぶりにジョシュ・ハートネットの姿を拝むことになるとは…笑
相変わらず作り物みたいに男前でした。

登場人物がもう笑っちゃうぐらいクズばっかりで(役所広司が唯一の良心という感じでとても良い)、中でも寺島しのぶ演じる主人公がダントツで痛くてあまりにも未熟で見ていられない。
若くて可愛い姪と女としてのマウント取り合っちゃうところとか本当にきつい。
自分が誘えば男がその気になってくれると信じてる(そんな素振り見せないけど実は自分の女としての価値に妙に自信を持っている)あたりも本当にきつい。

多分自分の中にも主人公のような痛い部分ってどこかに潜んでいて、普段ちゃんと大人として生活して眠らせているのに、それが白日の下に晒されて爆発しているもんだから、終始もうやめてくれ~~という気分でした。
この心地の悪さこそが映画だなぁ。
Osamu

Osamuの感想・評価

4.2
予想外によかった(失礼)。これが無ければ生きていけない。

40代独身、都会でひっそり暮らす。職場では地味にはみ出している。そんな節子の物語。

寺島しのぶが金髪カツラでピンポン球をくわえているビジュアルで攻められたら観ないわけにはいかない。そんなどうでもいい理由で久々の劇場鑑賞作品をチョイス。

ゆるいコメディを想像していたんだけど、ガツンと揺さ振られるヤツだった。

そうなんだ。これが無ければ生きていけないのだ。これがあれば僕らはもっと幸せになれる。
脚本に多少の穴はあるが、きっちりまとまっている。特に出だしの流れは上手い。演出的には、説明としてのアップを拾っておいた方がいい気もする。役者陣は全て見事。特に役所広司さんは、出演シーンは少ないが出てくると画面が引き締まる。
予想以上に面白く、料金分は楽しめる作品。
エンドロールの文字は、もう少し大きくしてほしかったかも…….。