オー・ルーシー!の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「オー・ルーシー!」に投稿された感想・評価

caiyi

caiyiの感想・評価

4.3
どんな言語でも文化でも人間関係でも、口にすべきことと黙っておくべきこと、越えてはいけない立場上の一線、みたいな暗黙の了解があって、この映画はもう一人の自分に目覚めてから日本でもアメリカでもそのルールをとことん派手に無視しまくるルーシーが痛々しくも、面白くも、怖くも、可愛らしくもあって、胸が張り裂けそうだった。ルールの中で生きながらも、節度あるユーモアと本当に必要なときには枠を越える大胆さや優しさがひとを繋げていくんだな。
つらい、いたい、苦しい…!
わかる、わかるよこういうの。

寺島しのぶさんの演技が上手過ぎて
もうルーシーが不憫で不憫で。

ルーシーとジョンのポップで
コメディアスな恋の話かと思ったら
全く違う心揺さぶるロードムービー。

美花と綾子の親子に
散々迷惑をかけられながら苦しみ
もがく様がとてもリアルだった。
ある意味、仕返し出来たのかな?

最後にハグ出来る存在がいて
ルーシー、そして節子なりに
幸せになれたと思いたいな。
ハグって良いよね。だいすき。
M.K.

M.K.の感想・評価

3.6
中年から後年…そんな季節に差し掛かった一人の女性の物語って感じかな。
若い頃の何もかもがもどかしくて、生活や色々なことが上手く行かない葛藤や不安ではなくて、物事がこれ以上何一つ進んでいかないこと、何一つ変わっていかないことへの嘆きや焦り。それが故に分かっていてしてしまう自傷的な立ち振る舞い…何とも共感というか身につまされた。

そんな日々に突然差し込んだ陽射しのような異性の登場は自分ならどう受け止めてしまうんだろう?
妄想して依存して勝手に未来を思い描いて…そうでもしなければ自分の存在意義を実感することすら出来ないっていうのは分かる気がする。

ハグの文化に全く触れたことがないけれど、誰かと抱き合って人肌を確かめ合うこと、そんな些細な幸せ?に出会い、噛み締めた時の寺島しのぶさんの雰囲気がとても良かった。
So hard to see miserable ugly loneliness Japanese woman.. but it means she’s acting is really great
寺島しのぶすご!あとメイド服姿の忽那汐里かわいい。あのメイド喫茶行きたい。
チャウ

チャウの感想・評価

3.0
勝手にコメディを想像していたら全く違ってちょっと引く感じ。付いていけない展開もあったりしつつラストは結構好きだな。南果歩は探偵ナイトスクープのアシスタントのイメージが強くてちょっと違和感。
ちい

ちいの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

登場人物の暗い、悪い面も描かれていたから、すごく人間的ではあった。

節子はどちらかというと大人しそうな平凡な人に見えるけど、ヘビースモーカーで家はすごく汚いし、気付けば退職する人に暴言吐いたり、ジョンを追いかけて姪っ子も結果的に追いつめたり、、

でもストーリーがあまり好きじゃなかった。
Binchos

Binchosの感想・評価

-
背筋が凍ったので、忽那汐里のメイド姿可愛かったとだけ言い残しておこう
ハグだけでこんなに笑えるとは。
さすが寺島しのぶだ。
独身女性の痛々しく苦しい部分と
笑いとを取り入れた傑作。
なぎさ

なぎさの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

閉塞感漂う毎日にウンザリしていた平凡なOL節子は、姪から押し付けられた英会話教室でイケメン講師に「ルーシー」という新たな名前を付けられる。恋に落ちた節子は彼を追ってカリフォルニアまで行く決意をするのだが。。。
姪がちょっとひどいな、と思ってしまって、個人的には節子にちょっと同情してしまった。「白人である」というだけの理由で日本で英語講師をしながら遊びまくるクズみたいな人たくさんいそうで、そこにリアリティを感じてしまうよね。