Oh Lucy!の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

Oh Lucy!2016年製作の映画)

上映日:2018年04月28日

製作国:

上映時間:95分

3.5

あらすじ

東京で働く43歳の独身OL節子は、ほど遠くない「退職」と、いずれ訪れる「死」をただ待つだけの生活を送っていた。そんなある朝の通勤ラッシュ。目の前で電車の飛び込み自殺を目撃してしまう。惨事の余韻から抜け出せないまま、仕事に就く節子。突然、節子の姪で 若き自由人である美花(21)から久しぶりに電話があり、話をしたいとランチに誘われる。姉の綾子に美花には関わるなと散々言われたのだが、それは節子に逆の効…

東京で働く43歳の独身OL節子は、ほど遠くない「退職」と、いずれ訪れる「死」をただ待つだけの生活を送っていた。そんなある朝の通勤ラッシュ。目の前で電車の飛び込み自殺を目撃してしまう。惨事の余韻から抜け出せないまま、仕事に就く節子。突然、節子の姪で 若き自由人である美花(21)から久しぶりに電話があり、話をしたいとランチに誘われる。姉の綾子に美花には関わるなと散々言われたのだが、それは節子に逆の効果を及ぼすだけ。節子は美花と会う。姪にはなぜか弱い節子。お金に困った美花を助けるはめに。美花が前払いした英会話クラスを代わりに取り、その受講料を美花に支払うことになる。アメリカ人講師ジョンの教える一風変わった英会話教室が始まる。そこで「ルーシー」という名前と金髪のカツラを与えられ、教室では「ルーシー」になりきるようにと言われる。節子の中で眠っていた感情を「ルーシー」が解き放ち、節子はジョンに恋をする。そんな幸せもつかの間、ジョンは姪の美花と一緒に日本を去ってしまう。自分が置かれた人生に納得ができない節子は、二人を追いかけて、アメリカへ旅立つ決意をする。しかし、仲の悪い姉の綾子も行くと言い出し、同行することになる。嫉妬、秘密、欲望に満ちた旅の果てに節子が見つけたものとは?

「Oh Lucy!」に投稿された感想・評価

観た後ハッピーにはならない。
ハッピーになるのはこれからで、話の始まりで終わってしまったような気持ち。
knee

kneeの感想・評価

3.0
「レッツハグ 節子さん」

桃井かおり主演の短編映画の部分を含めその後を描いた平柳監督初長編作品。
まずトレーラーが捏造の類であったのは確か。私はコメディというよりかは人生賛歌ものの雰囲気を感じた。実際はというと舞台カリフォルニアの空もどんよりと曇っていたように国違えど底には暗い淀みが通っている。東京とカリフォルニア、どちらにせよ画面に映るポジティブとははじめからネガティブの上にあってのもののよう。真の幸福はそう簡単には顔を出さない

4月『光』ぶりの日本映画(合作)。アメリカロケにおけるシーンをみて、日本人は日本という土地でしか映画にならないなと痛感する。寺島しのぶ、南果歩、忽那汐里、3キャストどれもアメリカの風景にミスマッチ。馴染めず浮いていた。『Paterson』の永瀬正敏のように強いキャラクターでないと映画の一部になることができない。弱いビジュアルの日本人でおまけにドラマ映画となると馴染むのは困難。そしてどうも、日本語のセリフが片言英語を引きずったように聞こえた。日本ロケを全て終えアメリカロケの順だったらしいのだが、思い込みなのか寺島しのぶの演技がうざったらしい。過去にみた韓国映画『ビューティー・インサイド』で上野樹里の日本語セリフがあるのだが、全編韓国語のなか日本語が聞こえてきたときの不快感は、今までに感じたことのないものであったのを覚えている。日本語とアルファベット系言語の間には乗り越えられない音の壁があるようだ。

節子を開くアメリカ英語
平柳監督も日本人は外国人とは比較的明るく自分から会話しているように感じるそう。アルファベット、アクセント、流れるように繋がった音、言語学の側面からも理由が何かありそう。また40半ばで口にする新しい言語とは、使い古した母語とは全く別物だろう。単語や言葉一つ一つにまだ何も自分にとっての意味・気持ちが完全に込められてはいないはずだ。まだ汚れていない空の言葉であるからこそ固まった自分を変えるきっかけを外国語は持っているのではなかろうか。

今回描かれた日本。海外の方からは「なんだこの日本?」という声があったのだとか、ダークで自殺との距離が近いイメージはほぼなく、やはり日本の伝統的文化を基盤としたものが一般的なところが現状に違いない。現代日本の暗がりを映した多くの作品が海外を回るようになればいいのだが、今作はそういうところでは意味ある一本なのは間違いない


「映画を観た人から『もっと節子は幸せになると思った』と言われたりもしますが、私としてはこのエンディングは100%希望のあるハッピーエンディングだと思っています。」

薬を吐かせる元警官、役所広司の重く優しさある英語とハグで終えるラスト。映画は多様性の共有の時代であっても身の丈の恋に落ち着く主人公。とても地道なハッピーエンド
kyo

kyoの感想・評価

4.5
てっきりコメディだと思っていたんだけど……。
痛い女の痛々しいお話。

時々笑ったけど、すぐに他人事とは思えず
ああ、自分の話かもと胸が痛んだ。

役所広司演じるトムに救われた。
トムがいなかったら落ち込んだままの
最低映画になっていたかも。
ルーシーとトムとの物語第2章が観たい。

捨て身の寺島しのぶは勿論のこと、
南果歩他、出ている役者全員の演技が素晴らしいので
0.5ポイントプラスです。
パンナ

パンナの感想・評価

1.9
コメディを期待して観たけど、全然話が重かった!
始まりからパンチ効いてた。。
本当に日常を切り取った映画で、寺島さんの演技は本当に素晴らしかったんだけど、、、

それ言っちゃダメでしょっていうシーンが多すぎて言われた相手の心情を想像してしまった私には見終わったらぐったりだった。

歳をとるのが恐くなった。
自分を許して相手を許すことを大事にしようって思えた。

真っ直ぐな想いもときには凶器になるんだなって思えた。

役所さんの役柄があって本当にホッとした。
RikaHonbe

RikaHonbeの感想・評価

4.2
なんかもうストーリーが想像と違いすぎて終始唖然としてたけど終わってみたら面白かったと思える映画
Tangerine

Tangerineの感想・評価

3.4
なんとも元気が奪われる映画。
体当たりの演技はすごいし、良作なんだけど、予告でみたコミカルさはなかった。

ジョシュ・ハートネットに気がつかず、エンドロールでびっくり。もさかっこよかったヴァージンスーサイズからほぼ20年‥。
Hiro

Hiroの感想・評価

3.8
同じ日に見た「女は二度決断する」が愛する家族を失った女性の話なら、本作は愛する人を探す女性の話。軽いタッチで笑いも誘うシーンもおおいが、こちらも見終わると切なくなる。ストーリーがコンパクトにまとまり過ぎの感もあるが、監督の冷静な視線が少し怖く感じる作品。次回作が楽しみです。
いお

いおの感想・評価

-
誰にも感情移入できないのに
「わかってしまう」面をみんなが持っているところが
この映画の凄みなのか。

騙し合いの日常、飛び込み自殺をするような朝も日常の一コマとして語られ、姉妹の根深そうな確執と母娘、叔母と姪、それぞれに支配や翻弄、愚弄、嫌悪、憎悪がちらつく。
非日常の語学教室の、あやしいホストまがいの男とのハグと新しい名前。
突破したくてできなかった何かのスイッチが入ってしまう瞬間。

わかるわかる、うんうんーっていう明るい頷きじゃなくて
苦笑いと共に、選びたくないけどわかっちゃうよ、それっていう感覚。
こわいわー。

せっかくの女優力のある二人の姉妹。
いっつも同じような描かれ方をされがちな女優二人。ヒステリックでちょっといじわるなかほさんと、さびしげでエロティックなしのぶさん。
キャスティングが当たってるというべきなのか、当たり前すぎるというべきなのか、悩むところかも。
ジロ

ジロの感想・評価

3.8
痛々しいルーシー。
でも笑うに笑えないし、「引くわ〜」って感じにもならないのは、一歩間違えればこうなる可能性があるからだ。

久しぶりの人肌で、あっさりと恋をしてしまう気持ち。
恋をした人間のすさまじい行動力。
たった一回のセックスで、取り返しのつかない行動をしてしまったり。

全部が紙一重で身に覚えがあるような錯覚にとらわれて、観ていて辛かった…

でも、全てを捨てて飛び込む姿はとても輝いていたし、羨ましかった。

テアトル新宿にて。
横のおばさまたちが缶ビールとお惣菜で宴会状態でビビった。
笑ってたけど笑えなくなる終盤、トムがいて良かった。「孤狼の血」のガミさんからトムまで、役所広司すごい。寺島しのぶの猛進振り、南果歩の嫌味っぷり。色んな事が起こってびっくりした。