あゝ、荒野 後篇の作品情報・感想・評価

あゝ、荒野 後篇2017年製作の映画)

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:147分

4.0

あらすじ

荒野ーそこは荒れ果てた地か、希望に満ちた場所なのか。これは、二人の男の運命の物語。 ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。幼い新次を捨てた母、バリカンに捨てられた…

荒野ーそこは荒れ果てた地か、希望に満ちた場所なのか。これは、二人の男の運命の物語。 ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。幼い新次を捨てた母、バリカンに捨てられた父、過去を捨て新次を愛する芳子、社会を救おうとデモを繰り広げる大学生たち・・・2021年、ネオンの荒野・新宿で、もがきながらも心の空白を埋めようと生きる二人の男の絆と、彼らを取り巻く人々との人間模様を描く、せつなくも苛烈な刹那の青春物語。

「あゝ、荒野 後篇」に投稿された感想・評価

daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

5.0
“片目”こと堀口(ユースケ・サンタマリア)に誘われ、兄貴分の劉輝を半身不随にした裕二(山田裕貴)への復讐を誓ってボクシングを始めた新次(菅田将暉)。やがて試合を重ねて実績を積み上げてゆく。兄貴分の仇の裕二との念願の復讐戦に挑む新次。一方、吃音と赤面対人恐怖症に悩む自分を克服するため、新次と共にボクシングを始めた健二(ヤン・イクチュン)は、そんな新次に対して、正面から戦い繋がりたいという特別な感情を抱くようになる。新次が所属するジムが、取り壊されることになった。やがて、裕二との戦いに挑む新次。一方、バリカンもまた、大きな決断を下すこととなる……。寺山修司の唯一の長編小説を映画化した大作青春映画の後編。
新次の父親が自殺する原因を健二の父親が作っていたことを新次が知ったり、健二が愛憎を抱えた父親と正面から向き合い新次のように強く生きたいと決意したり、新次と健二のお互いの宿命に向き合い戦う友情と宿命的なぶつかり合いの熱いドラマが加速していく。母親や裕二への怒りすらバネにして狂気じみた強さを身に付けていく新次、新次のように憎むことで強くなろうとして新次から離れてがっちりガードして相手を狙いすましたカウンターで倒すファイトスタイルを身に付けていく健二の濃厚な絆が、軸になっていく。内に秘めた野生を新次が爆発させる裕二とのバトル、クライマックスでの渾身を込めたパンチを新次が放ちパンチを命懸けで受け止めることでお互いに繋がろうとする健二の戦うことで繋がろうとし合う壮絶なバトルの生々しい魂のぶつかり合いそのもののボクシングシーン。新次と健二のトレーナー堀口が新次に言うように「自分の宿命に抗わなきゃ、生きることが味気ないだろ」という言葉そのままの渾身で選べない親や社会など理不尽な宿業に抗い戦うことこそが生きることと思える、閉塞感に苦しみ生きるこの時代の若者たちや大人が見るべき傑作青春大作映画です。野生の獣のような菅田将暉、内に秘めた怒りや激情を丁寧に演じたヤン・イクチュンの代表作になったと断言出来る傑作映画です。
2018.01.15 新宿ピカデリー
まさに全身全霊芝居にぶつけたんじゃないかと思ってしまう映画。
すごすぎて映像作品購入!
つながり。

あゝ荒野 後編 やっと見れた…
本当に劇場で見たかった映画。

この作品は前編後編に分かれてますが、本当に1つの作品を前半後半にブチっと分けたような作品。

そして様々な思いが交差する。

人は皆何かしらの過去を背負って生きている。
逃れたい、逃げたい、でも変わりたくて…

前編後編を通してやはり菅田将暉くんの演技はずば抜けていると思いました。表情、動き、素晴らしすぎます。
他の役者さんも素晴らしかったですが、やはりでんでんさんこの役微妙やな〜って感じでした笑
あしたのジョーの香川照之さんがドンピシャだったからかな〜って、多分ボクシングに対する知識とかが全然違うかったからかなと思います。でも、最後の試合のシーンで声を出したくても出せない表情は素晴らしかったです。

ストーリーもすごく好きで、最初はそれぞれの登場人物がバラバラスタートから最後皆が集まって試合を観戦する所はグッときました。
バリカン健二の、僕はここにいるってモノローグがすごく刺さりました。
新次みたいになりたい、でも全然できない注目されない、自分の存在は。
幼い時からの経験から全てが物語ってました。

邦画でこんな青春映画は久しぶり
素晴らしかったです。
Junkei

Junkeiの感想・評価

4.5
そして、後編。

孤独な人間関係がつながっていく。より濃い展開になる。
こういう不器用に生きるヤツが好きなのかもしれない。みんなに思い入れてしまう。
それにしても新宿。世間狭いな。

そしてさらにボクシング映画になっていく。
兄弟だと思っていた健二と新次の関係は、ライバルという皮肉。年上の健二は、年下の新次の劣等感を感じ、ライバル心を燃やす。
ラストの試合は、熱くなる。そして強引に感動させられた。

3組のいわゆる濡れ場があって、それぞれの人間関係もその中に表現されている。で、3人の女優さんのカラダはとてもキレイでした。

たっぷり青春。ずっと観ていられる。
モノ子

モノ子の感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

バリカン好きだったのに…

このレビューはネタバレを含みます

前編がよかっただけにちょっとラストに不満あり
先の展開を予想させるようなエピソードの並べ方が実に以て巧み、故に、諸々の含みを持ってドラマが進行する、なもんでもうのめり込んで観ちゃいましたよね。

物語としての面白さにただただ没入しましたよね。

ただ個人的に、脳味噌の構造が、親と子のハナシをされるとそれを自動的に切り離して見るように出来上がってしまっているもので、終盤にちょいと醒めてしまう箇所がありましたけれども。

更に個人的な感情を言えば結末に納得のいかない部分も御座いましたけれども。

とまれ。

グラビア出身というともすればハンデもものとせず濡れ場を辞さない女優はやはり正義だなあと、思いましたよ、と。
2017年公開🎬回収強化期間③-2
tomoco

tomocoの感想・評価

3.5
やっとの後編。
キャストのこの作品に対する気迫を感じられた。
フラストレーションをボクシングへのかたちに変え、吐き出す。
己と柵との闘い。

菅田将暉の豹変っぷりが怖かったw
寺山修司の原作を読んでみたくなりました。
>|