あゝ、荒野 後篇の作品情報・感想・評価

あゝ、荒野 後篇2017年製作の映画)

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:147分

4.0

あらすじ

「あゝ、荒野 後篇」に投稿された感想・評価

daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

5.0
“片目”こと堀口(ユースケ・サンタマリア)に誘われ、兄貴分の劉輝を半身不随にした裕二(山田裕貴)への復讐を誓ってボクシングを始めた新次(菅田将暉)。やがて試合を重ねて実績を積み上げてゆく。兄貴分の仇の裕二との念願の復讐戦に挑む新次。一方、吃音と赤面対人恐怖症に悩む自分を克服するため、新次と共にボクシングを始めた健二(ヤン・イクチュン)は、そんな新次に対して、正面から戦い繋がりたいという特別な感情を抱くようになる。新次が所属するジムが、取り壊されることになった。やがて、裕二との戦いに挑む新次。一方、バリカンもまた、大きな決断を下すこととなる……。寺山修司の唯一の長編小説を映画化した大作青春映画の後編。
新次の父親が自殺する原因を健二の父親が作っていたことを新次が知ったり、健二が愛憎を抱えた父親と正面から向き合い新次のように強く生きたいと決意したり、新次と健二のお互いの宿命に向き合い戦う友情と宿命的なぶつかり合いの熱いドラマが加速していく。母親や裕二への怒りすらバネにして狂気じみた強さを身に付けていく新次、新次のように憎むことで強くなろうとして新次から離れてがっちりガードして相手を狙いすましたカウンターで倒すファイトスタイルを身に付けていく健二の濃厚な絆が、軸になっていく。内に秘めた野生を新次が爆発させる裕二とのバトル、クライマックスでの渾身を込めたパンチを新次が放ちパンチを命懸けで受け止めることでお互いに繋がろうとする健二の戦うことで繋がろうとし合う壮絶なバトルの生々しい魂のぶつかり合いそのもののボクシングシーン。新次と健二のトレーナー堀口が新次に言うように「自分の宿命に抗わなきゃ、生きることが味気ないだろ」という言葉そのままの渾身で選べない親や社会など理不尽な宿業に抗い戦うことこそが生きることと思える、閉塞感に苦しみ生きるこの時代の若者たちや大人が見るべき傑作青春大作映画です。野生の獣のような菅田将暉、内に秘めた怒りや激情を丁寧に演じたヤン・イクチュンの代表作になったと断言出来る傑作映画です。
ヤン・イクチュンが好きです。

11
ボクシングシーンの迫力が凄い。泣けた。
後編を観て、原作の設定を変えてまで、バリカンを韓国人とのハーフにした意味がよく分かった。バリカンはヤン・イクチュン以外に考えられない。納得の新次とバリカンだった。
ユースケ・サンタマリアもでんでんもジムの面々が皆ハマっている。でんでんは、零細企業の社長かスーパーボランティアが一番ハマっていると思っていたが、トレーナー役もかなり良かった。
回収しないのなら、ストーリーを枝打ちしてシンプルなボクシング映画にしてもらった方が感動が倍増したようにも思うが、難しいところ。
kota

kotaの感想・評価

3.6
前半めちゃ激アツで後半はじめの一歩だった。
okei

okeiの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

性格が正反対の2人でしたが、
自分に似てるだろうバリカン健二が、愛おしく感じました

無視されてるより殴られてる方がいいかもね

どっちも嫌だけど!

誰かと繋がりたいって思ったら、
ちゃんと向き合わないといけないね


役者陣の熱量変わらず、スタッフもこの長篇ですごいなと思いました
下っ端

下っ端の感想・評価

4.0
俺はカウンターだー!
あん時背負った親父は重かったか?
ぱんぱんぱんぱん
この爺さんもうちょっとでパーフェクトだ
介護は、なんか汚ならしい。
あなたは誰かと繋がったことあるんですか?
殺してもいいぞ
残った歯磨き粉は一人で使ってください。
僕はあなたと繋がれない
ムスコさんの調子どうですか?
ありがとーございましたー!

今野杏南にはびっくり
ぽめこ

ぽめこの感想・評価

3.6
前編を見てからだいぶ期間が空いてしまいましたがようやく後編にも手を付けました。前編も後編も3時間超えで内容も重いので見るのにエネルギーがいりますな。。


新宿が舞台となり、終始退廃的な雰囲気が流れています。夜の街が舞台になるとだいたいこうなりますね。

スポ魂系の映画と思いきや全然違った。

登場人物がみんな闇抱えすぎてて愛に飢えてる。最後にバリカン健二が「僕はここにいるよ。」「愛してほしい」って言ってたからそういうのがテーマなのかなあ。暗くて重くて見終わったあとも苦しくなるようなラスト。
俳優陣の演技は素晴らしかったしボクシングの試合シーンも見応えあります。

でもなんか、誰もしあわせになれてなくってまあそういう終わり方をする映画ではないんだろうけど、複雑な気持ちになってしまうといった作品ですね。
yochinoir

yochinoirの感想・評価

4.0
後篇もすごかった。

ラストシーンは新次と建二それぞれ、愛されたくても満たされず、孤独を感じながら成長してきたことへの憎しみや哀しさや欲望やいろんなことを殴り合いでぶつけ合い、ちゃんと繋がろうとしているようにみえた。

殴られ続ける建二の心の声。
僕はここにいる、だからどこにもいかないで。
僕はここにいる、だから愛してほしい。

新次と建二の生い立ちは全然違うけど、この気持ちでふたりは繋がれたんだなとおもった。

映画の舞台が2021-2022年と少し未来で、
社会奉仕プログラムでの徴兵や それによって死がいまよりも身近になっている世の中になってた。
前篇の自殺フェスの話も社会に対して希望が持てない、まさに荒野のなかで生きられなくなる人が増えている時代を表現するのに必要だったのかな。

少し余計なサイドストーリーな感じがしたけど、実は必要なのかもしれない。

恐らく「繋がる」意味が隠れたテーマで、だけど少し未来なのにSNSやスマホやインターネットやそういうものはほとんど出てこない。

ラストシーンは、汗と血にまみれて戦って、涙を流し叫んで、直接的な痛みと直接的な拳と拳のぶつけあいと、直接的な憎しみ、怒り、悲しみ、孤独、死。
大勢の人たちのみている中で、目の前で起こるリアルの中で、人を愛することや愛されること、繋がることが生まれるんだよって言われてる気がした。

それにしても菅田将暉の狂ったエネルギーがすごい。ヤンイクチュンの優しさと暖かさと強い想いを秘めた演技がすごい。
milk

milkの感想・評価

3.5
観終わったあとの余韻がとても残る作品だった。
菅田将暉の演技はすごい。
>|