あゝ、荒野 後篇の作品情報・感想・評価

あゝ、荒野 後篇2017年製作の映画)

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:147分

4.0

あらすじ

荒野ーそこは荒れ果てた地か、希望に満ちた場所なのか。これは、二人の男の運命の物語。 ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。幼い新次を捨てた母、バリカンに捨てられた…

荒野ーそこは荒れ果てた地か、希望に満ちた場所なのか。これは、二人の男の運命の物語。 ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。幼い新次を捨てた母、バリカンに捨てられた父、過去を捨て新次を愛する芳子、社会を救おうとデモを繰り広げる大学生たち・・・2021年、ネオンの荒野・新宿で、もがきながらも心の空白を埋めようと生きる二人の男の絆と、彼らを取り巻く人々との人間模様を描く、せつなくも苛烈な刹那の青春物語。

「あゝ、荒野 後篇」に投稿された感想・評価

daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

5.0
“片目”こと堀口(ユースケ・サンタマリア)に誘われ、兄貴分の劉輝を半身不随にした裕二(山田裕貴)への復讐を誓ってボクシングを始めた新次(菅田将暉)。やがて試合を重ねて実績を積み上げてゆく。兄貴分の仇の裕二との念願の復讐戦に挑む新次。一方、吃音と赤面対人恐怖症に悩む自分を克服するため、新次と共にボクシングを始めた健二(ヤン・イクチュン)は、そんな新次に対して、正面から戦い繋がりたいという特別な感情を抱くようになる。新次が所属するジムが、取り壊されることになった。やがて、裕二との戦いに挑む新次。一方、バリカンもまた、大きな決断を下すこととなる……。寺山修司の唯一の長編小説を映画化した大作青春映画の後編。
新次の父親が自殺する原因を健二の父親が作っていたことを新次が知ったり、健二が愛憎を抱えた父親と正面から向き合い新次のように強く生きたいと決意したり、新次と健二のお互いの宿命に向き合い戦う友情と宿命的なぶつかり合いの熱いドラマが加速していく。母親や裕二への怒りすらバネにして狂気じみた強さを身に付けていく新次、新次のように憎むことで強くなろうとして新次から離れてがっちりガードして相手を狙いすましたカウンターで倒すファイトスタイルを身に付けていく健二の濃厚な絆が、軸になっていく。内に秘めた野生を新次が爆発させる裕二とのバトル、クライマックスでの渾身を込めたパンチを新次が放ちパンチを命懸けで受け止めることでお互いに繋がろうとする健二の戦うことで繋がろうとし合う壮絶なバトルの生々しい魂のぶつかり合いそのもののボクシングシーン。新次と健二のトレーナー堀口が新次に言うように「自分の宿命に抗わなきゃ、生きることが味気ないだろ」という言葉そのままの渾身で選べない親や社会など理不尽な宿業に抗い戦うことこそが生きることと思える、閉塞感に苦しみ生きるこの時代の若者たちや大人が見るべき傑作青春大作映画です。野生の獣のような菅田将暉、内に秘めた怒りや激情を丁寧に演じたヤン・イクチュンの代表作になったと断言出来る傑作映画です。
記録

記録の感想・評価

3.8
熱量がすごい
うふふ

うふふの感想・評価

3.8
面白かったけど、時代を変えたことで、邪魔に感じる設定が多い印象(デモとお父さん同士の関係とか)
健二役のヤが「息もできない」のヤンイクチョンと後で知って驚いた。「息もできない」をもう一回見たくなった。
花

花の感想・評価

4.4
泣けるシーンはないけど観た後の満足感と疲労が異常。

菅田将暉が。
g

gの感想・評価

4.0
前半の方が好きかなって感じだけど、良い。
前編では漠然と過去に未練のある2人だったのが、次第にどんな動力源で戦っているのか見えてきた。
矛先を失った怒りと愛なき人生を変えたい男。
けんし

けんしの感想・評価

4.0
後編。
ボクシング映画なので、落とし所は宿命の対決と相場は決まっているが、なかなか目が離せないのは、菅田将暉はもちろん素晴らしいのだが、バリカン健二の「かなしみ」のせいである。
切ない。愛おしい。

身体性の復権と映画のテーマをまとめてしまえばそれまでだが、暗く切なく息苦しく、良い映画でした。

ユースケサンタマリア、好演!
滾る、、!
男のツボはしっかり抑えつつ、
ありきたらない重層的ストーリー!
鑑賞後の陶酔感と虚無感!
菅田将暉は素晴らしい!!!
Taka

Takaの感想・評価

4.5
菅田さんとヤンさんの演技に惹き込まれました!
泥臭くあついヒューマンドラマ!
かーん

かーんの感想・評価

3.5
菅田将暉が菅田将暉たる由縁?みたいなものを見せられた気がする。
物語としては「あしたのジョー」であり、「ピンポン」であり、青春スポコン的な内容でしょうか?
菅田将暉って昔の窪塚洋介だなって思う。演技、立ち振る舞い、表情、なんとなく被る。
最近エルレガーデンが復活して、対バンがワンオクってのに少し驚いたんだけど、菅田将暉と窪塚洋介もワンオクとエルレみたいな存在っぽいなって勝手に思った。つまりアラサー以上ぐらいの人達にとっての窪塚が、今の10代20代前半にとっては菅田ってのを勝手に考えてしまい、おれは老いたんだなと痛感。この先こういう事いっぱいあるんだろうな。
話は長たらしくて濡れ場ばっかで、原発とか震災とかちょっと先の未来とか設定とかもめんどくさいなーって感じなんだけど、ラストの菅田の表情だけマジで満点って映画でした。
>|