あゝ、荒野 後篇の作品情報・感想・評価

あゝ、荒野 後篇2017年製作の映画)

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:147分

4.0

あらすじ

荒野ーそこは荒れ果てた地か、希望に満ちた場所なのか。これは、二人の男の運命の物語。 ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。幼い新次を捨てた母、バリカンに捨てられた…

荒野ーそこは荒れ果てた地か、希望に満ちた場所なのか。これは、二人の男の運命の物語。 ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。幼い新次を捨てた母、バリカンに捨てられた父、過去を捨て新次を愛する芳子、社会を救おうとデモを繰り広げる大学生たち・・・2021年、ネオンの荒野・新宿で、もがきながらも心の空白を埋めようと生きる二人の男の絆と、彼らを取り巻く人々との人間模様を描く、せつなくも苛烈な刹那の青春物語。

「あゝ、荒野 後篇」に投稿された感想・評価

daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

5.0
“片目”こと堀口(ユースケ・サンタマリア)に誘われ、兄貴分の劉輝を半身不随にした裕二(山田裕貴)への復讐を誓ってボクシングを始めた新次(菅田将暉)。やがて試合を重ねて実績を積み上げてゆく。兄貴分の仇の裕二との念願の復讐戦に挑む新次。一方、吃音と赤面対人恐怖症に悩む自分を克服するため、新次と共にボクシングを始めた健二(ヤン・イクチュン)は、そんな新次に対して、正面から戦い繋がりたいという特別な感情を抱くようになる。新次が所属するジムが、取り壊されることになった。やがて、裕二との戦いに挑む新次。一方、バリカンもまた、大きな決断を下すこととなる……。寺山修司の唯一の長編小説を映画化した大作青春映画の後編。
新次の父親が自殺する原因を健二の父親が作っていたことを新次が知ったり、健二が愛憎を抱えた父親と正面から向き合い新次のように強く生きたいと決意したり、新次と健二のお互いの宿命に向き合い戦う友情と宿命的なぶつかり合いの熱いドラマが加速していく。母親や裕二への怒りすらバネにして狂気じみた強さを身に付けていく新次、新次のように憎むことで強くなろうとして新次から離れてがっちりガードして相手を狙いすましたカウンターで倒すファイトスタイルを身に付けていく健二の濃厚な絆が、軸になっていく。内に秘めた野生を新次が爆発させる裕二とのバトル、クライマックスでの渾身を込めたパンチを新次が放ちパンチを命懸けで受け止めることでお互いに繋がろうとする健二の戦うことで繋がろうとし合う壮絶なバトルの生々しい魂のぶつかり合いそのもののボクシングシーン。新次と健二のトレーナー堀口が新次に言うように「自分の宿命に抗わなきゃ、生きることが味気ないだろ」という言葉そのままの渾身で選べない親や社会など理不尽な宿業に抗い戦うことこそが生きることと思える、閉塞感に苦しみ生きるこの時代の若者たちや大人が見るべき傑作青春大作映画です。野生の獣のような菅田将暉、内に秘めた怒りや激情を丁寧に演じたヤン・イクチュンの代表作になったと断言出来る傑作映画です。
やま

やまの感想・評価

4.2
他の解決の仕方はないのか。
人間って。。。
寺山修司感満載でした。
ヤンイクチュンさんの演技が凄かったってことに観終わって鳥肌が立った。
まず吃音って私自身周りにいないしドラマや映画でもたまに見るぐらいなんだけど、演じるってめちゃくちゃ難しいと思うし、目や表情佇まいなんかも菅田君とは違った穏やかなんだけど殺気というか狂気じみた..こう壮絶な過去というかのっぺりしたものをまとった雰囲気が素晴らしく良かったです..泣けてしまう。怖くて。
避けてたけど...「息もできない」いっとこか。ってなりました。

それからやっぱり菅田将暉ここにあり!でした。
ディストラクション・ベイビーズとは違う決して「無差別ではない狂気」
が素晴らしかった。
後編というより全部通してドキュメンタリーのようで、
菅田将暉の事なんじゃないかって錯覚しちゃうけど決して1mmもそこに菅田将暉はいなかった。でも肉体は確かに彼のものだった。見事。

この年齢で新次をやりきって評価も結果もついてこれから一体どんなことをしたら彼は満足できるんだろう。と不安になるほどに。←勝手な不安w

脅威、殺意、暴力、エロ、優しさ、やりきれなさを同時に兼ね備えた「演技」が出来て、かつ菅田将暉としてもライダーに始まり、ドラマに映画に舞台にそして音楽にラジオパーソナリティー(これがまた面白いw)まで...大河も朝ドラも出てどれに対しても中途半端じゃなくてここまでやり抜いてくれると本当にかっこいいし年齢関係なく尊敬できる。
khiroyuki

khiroyukiの感想・評価

4.5
圧倒的熱量。人間の狂気と感情が入り乱れてた。
tree

treeの感想・評価

4.0
ラストは ちょっと想像してなかった
演者の目ヂカラとか よかったです
gane

ganeの感想・評価

4.4
前編の勢いそのままに、後編も続けて鑑賞。
中~終盤のボクシングが本当にアツい。
中盤は過去の怨みからくるアツさだと思うが、終盤のアツさ(と同時に感じるやるせなさ)はなんなのだろう。
この結末にならねばならなかったのか?

まぁあと、やはり今野杏南の濡れ場が最高で役者がとても羨ましい。(結局それか!)
ささき

ささきの感想・評価

3.8
自殺フェス的なのとかデモとか正直いらなくね?って思うけど、他は最高だった。
菅田将暉、キレるシーンと泣くシーン鳥肌たつぐらい上手い。
samup

samupの感想・評価

4.0
五時間という長編でも、まだ描ききれてないだろうなと感じるほどのボリューム。

新宿新次の主人公属性の高さと、ヤンイクチュンの演技力がすさまじい。
kotoe

kotoeの感想・評価

4.8
クソみたいな世界でそれでも生きてく。生きてくってなんだろう。死ぬってなんだろう。不完全な死体として生まれて、最後には完全な死体になる。って老人ホームの廊下のすれ違いざまに言うなんてずるい。世界は繋がってるんだなって思った。みんな繋がりたいんだなって。
fumit

fumitの感想・評価

3.5
前編に続けて鑑賞。
主演のお二人の熱演はとても熱かった!
でもやはり、監督の主張についていけませんでした。
主人公の生きてきた環境は十分荒野だと思うけど、それだけじゃ足りなかったかなー。
>|