あゝ、荒野 後篇の作品情報・感想・評価

あゝ、荒野 後篇2017年製作の映画)

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:147分

4.0

あらすじ

荒野ーそこは荒れ果てた地か、希望に満ちた場所なのか。これは、二人の男の運命の物語。 ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。幼い新次を捨てた母、バリカンに捨てられた…

荒野ーそこは荒れ果てた地か、希望に満ちた場所なのか。これは、二人の男の運命の物語。 ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。幼い新次を捨てた母、バリカンに捨てられた父、過去を捨て新次を愛する芳子、社会を救おうとデモを繰り広げる大学生たち・・・2021年、ネオンの荒野・新宿で、もがきながらも心の空白を埋めようと生きる二人の男の絆と、彼らを取り巻く人々との人間模様を描く、せつなくも苛烈な刹那の青春物語。

「あゝ、荒野 後篇」に投稿された感想・評価

daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

5.0
“片目”こと堀口(ユースケ・サンタマリア)に誘われ、兄貴分の劉輝を半身不随にした裕二(山田裕貴)への復讐を誓ってボクシングを始めた新次(菅田将暉)。やがて試合を重ねて実績を積み上げてゆく。兄貴分の仇の裕二との念願の復讐戦に挑む新次。一方、吃音と赤面対人恐怖症に悩む自分を克服するため、新次と共にボクシングを始めた健二(ヤン・イクチュン)は、そんな新次に対して、正面から戦い繋がりたいという特別な感情を抱くようになる。新次が所属するジムが、取り壊されることになった。やがて、裕二との戦いに挑む新次。一方、バリカンもまた、大きな決断を下すこととなる……。寺山修司の唯一の長編小説を映画化した大作青春映画の後編。
新次の父親が自殺する原因を健二の父親が作っていたことを新次が知ったり、健二が愛憎を抱えた父親と正面から向き合い新次のように強く生きたいと決意したり、新次と健二のお互いの宿命に向き合い戦う友情と宿命的なぶつかり合いの熱いドラマが加速していく。母親や裕二への怒りすらバネにして狂気じみた強さを身に付けていく新次、新次のように憎むことで強くなろうとして新次から離れてがっちりガードして相手を狙いすましたカウンターで倒すファイトスタイルを身に付けていく健二の濃厚な絆が、軸になっていく。内に秘めた野生を新次が爆発させる裕二とのバトル、クライマックスでの渾身を込めたパンチを新次が放ちパンチを命懸けで受け止めることでお互いに繋がろうとする健二の戦うことで繋がろうとし合う壮絶なバトルの生々しい魂のぶつかり合いそのもののボクシングシーン。新次と健二のトレーナー堀口が新次に言うように「自分の宿命に抗わなきゃ、生きることが味気ないだろ」という言葉そのままの渾身で選べない親や社会など理不尽な宿業に抗い戦うことこそが生きることと思える、閉塞感に苦しみ生きるこの時代の若者たちや大人が見るべき傑作青春大作映画です。野生の獣のような菅田将暉、内に秘めた怒りや激情を丁寧に演じたヤン・イクチュンの代表作になったと断言出来る傑作映画です。
naabu

naabuの感想・評価

4.0
物凄い映画だった。

本当に一言では言い表せない。


この映画のことをあえて言うなら、
「孤独」がもっとも表現が近いかもしれない。


ケンジが何度も口にしている、
繋がる。という表現。


この映画を見て、
人は、繋がるために生きているのかもしれないと思った。


誰もが、
ありのままの自分を愛してもらいたい。
これが繋がるとニアリーイコールなのではないか。


一位を目指して見たり、
仇を殺せば、満たされるんじゃないかと思って見たり、
セックスでまぐわれば満たされると
思ってみるが、
やっぱり満たされない。


繋がるというのを求め続けるのが、
人生なのかもしれない。


人間模様をこの5時間に詰め込む。語り尽くす。
本当に映画って凄いな。と、
映画の存在自体に圧巻を受ける作品だと強く感じられた。
まさと

まさとの感想・評価

3.4
前半の期待感返して欲しいです。めっちゃ期待してみてしまいました。
前半も少し気になってましたが、後半は突っ込みどころが気になりすぎて話に集中できなかったです。特に最期の試合はうーん。。。
それに、語りたいことが多すぎて本当に伝えたいことがわからなかったです。前後半と長いので、話が収束するのを期待してしまったのがよくなかったです。前後半でいらないところを削って1本にまとめれそう。

今野杏奈の清楚ビッチ感は最高でした。
hotaka

hotakaの感想・評価

4.0
うーーーーん、、、、、
良かったけどラストがなぁ、、、

それにしても伏線回収があれなのと登場人物が繋がりすぎてる奇跡がちょっとあれかなぁ
mskj

mskjの感想・評価

4.0
あらゆる痛みはどこかへと
より純粋なものだけが残る
PORK

PORKの感想・評価

3.9
前篇の時にいた十数人の観客も僕含めて2人になってた。今野杏南のおっぱいを二人で山分けしてやったぞ。

どちらかといえば自分を投影してくれてるのがバリカン建二だったので、これが見たかったと唸るラスト。あのカウントもダンサーインザダークを想起させて最高やったぜ。

ボクシング映画となると、否が応でもロッキーの下敷きが敷かれているわけでね。でも『100円の恋』然り、和製ロッキーをそのままやっても好きになるってことを考えると、別ベクトルでの快楽をくれたこのラストは偉大よ。

堀口の濡れ場、芳子親子問題の未回収とか後篇でも蛇足が出てしまったのが残念でならないね。
peito

peitoの感想・評価

4.5
ボクシングは特別なスポーツ。生身で殴り合い、勝つことは相手の夢をつぶすこと。相手の夢も背負うこと。
新宿は特別な町。都市計画ではなく、人間の生きる執念が作ってきた町。

「人は不完全な死体として生まれ 何十年かゝって 完全な死体となる。」
片目、ED、吃音、下半身不随、人はどこかに欠陥を抱えている。一番は心の欠陥だろうか。新次と繋がろうとするバリカンに対し、その手には乗らねぇぞという新次。敵が欲しい、闘う場所が欲しい。その先は荒野でも、振り返れば夢ばかりだろうか。

「勝つと皆優しい顔になる」「残った歯磨き粉は一人で使って下さい」ヤンイクチュンがとにかく良かった。
あきほ

あきほの感想・評価

3.2
つらいつかれた苦手
ヤン・イクチュン、そろそろあなたの監督作が観たいよ
回収しない伏線なら撒かずに上映時間短くした方が良いんじゃないか
必要な5時間ではない気がする
mot

motの感想・評価

3.6
前編同様に、前のめりな熱量、伏線も回収せず突き進むストーリーととにかく突っ走ってて面白かった。
>|