あゝ、荒野 後篇の作品情報・感想・評価

あゝ、荒野 後篇2017年製作の映画)

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:147分

4.0

あらすじ

「あゝ、荒野 後篇」に投稿された感想・評価

それぞれのいろんな感情がむき出しになってくる終盤、目が離せなかった。
ただラストはああじゃなきゃダメなのか。
あれがベストだったのかもしれないけど、好みではない
前編鑑賞から一年以上経ってしまった…

アドレナリンが出るわ出るわ。ちょっと仇を討つってところはなんだか盛り上がりに欠けたような気もしたけど。

バリカンはケンジと拳を合わせて、死をもって繋がれたんだな。
ai

aiの感想・評価

4.0
これはヤン・イクチュンの映画だ。

勿論、菅田君との相性も良いのだけれど、彼にとにかく惹き込まれる。
前編よりも熱くなった。

こういう邦画をもっと観たい。
村

村の感想・評価

4.9
バリカンのかっこよさがエグい。泣けるし胸が痛くなる。最高の映画。
mew

mewの感想・評価

4.9
菅田将暉を拝んで癒されたいという不純な動機で選んだけれど、めちゃくちゃ良かった。血まみれでもかっこよくて美しい菅田将暉。ヤン・イクチュンの演技力も凄まじい。芳子はただただ愛おしい。ありえないようでありえそうな未来の設定。登場人物たちが儚くて、懸命に生きてて、すごく好き。受け取り手に与える自由度が多めで、考えさせられた。憎むこと、人が死ぬこと。それでも生きていく、生きている。いい映画観た。
Aya

Ayaの感想・評価

4.0
登場人物たちがあまりにも綺麗に繋がりすぎてるのは頂けないけれど、それを差し引いても主演二人の圧倒的な演技が素晴らしすぎて鳥肌。

前編からハッキリしていた菅田くんとヤンさんの対比が、逆転した後編でも鮮やかでそれが余計に観ていて苦しくなって、でも最高に熱くてカッコいい。

ユースケとでんでんもかなり良かった。二人が男前に見える不思議。
前編を見て後編に想像してた盛り上がり方はしなかったなあ、、
寺山修司の原作読まなきゃ!と思わされた
孤独な二人の男は拳を交える。

憎しみを強さに変えてきた新次。
そこに立ちはだかるのはユウジではなく、
人とつながることを、
ボクシングに求めるバリカン。

そんなことは認めないとしつつも、
バリカンの強さは誰よりも知っている。
新次がバリカンを殴る音、
バリカンが新次を殴る音。
今まで共に闘ってきたことを思うと、
最後の試合は何とも悲しかった。
りりこ

りりこの感想・評価

3.8
バリカンが移籍して、ボクシングの試合が続く点では後編の方がスピード感あり。ただ最期の試合に全員集まるのは、あまりにもご都合主義の印象。ヤンさんの表情が素晴らしく、バリカンの気持ちは胸に刺さった。
yuty

yutyの感想・評価

3.5
前編の勢いが欲しかった
ちょっといらないなーって思う要素がちらほら差し込まれてて少し残念
前編良すぎたからこそ残念
>|