あゝ、荒野 後篇の作品情報・感想・評価

あゝ、荒野 後篇2017年製作の映画)

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:147分

4.0

あらすじ

「あゝ、荒野 後篇」に投稿された感想・評価

Emy

Emyの感想・評価

3.9
魂のボクシングシーン◎
孤独な二人の男は拳を交える。

憎しみを強さに変えてきた新次。
そこに立ちはだかるのはユウジではなく、
人とつながることを、
ボクシングに求めるバリカン。

そんなことは認めないとしつつも、
バリカンの強さは誰よりも知っている。
新次がバリカンを殴る音、
バリカンが新次を殴る音。
今まで共に闘ってきたことを思うと、
最後の試合は何とも悲しかった。
りりこ

りりこの感想・評価

3.8
バリカンが移籍して、ボクシングの試合が続く点では後編の方がスピード感あり。ただ最期の試合に全員集まるのは、あまりにもご都合主義の印象。ヤンさんの表情が素晴らしく、バリカンの気持ちは胸に刺さった。
yuty

yutyの感想・評価

3.5
前編の勢いが欲しかった
ちょっといらないなーって思う要素がちらほら差し込まれてて少し残念
前編良すぎたからこそ残念
憧花火

憧花火の感想・評価

4.0
ラストの熱量が圧巻。

後編の方が、なぜボクシングをやるのかという主役の二人の感情に焦点が当てられていて前編より数段良かった。
Pivotetsu

Pivotetsuの感想・評価

3.9
前篇の方が面白かった。
シンジがライバル倒したあとに失速した感じ。
それでもボクシングシーンは相変わらず迫力あってカッコいいし、ラストの試合はなんだかよく分からんけど関係者全員が涙ぐんでる姿にもらい泣きしそうになった。

原作がジャズのように展開をその場その場で決めて書いていたらしいので、回収されない話が沢山あるのもその影響かなと。
それでも要らない話が結構あるような。
でもそれを削ったらよく分からないこの映画の説得力がなくなっちゃうような気もする不思議なバランス。

俳優陣の演技が素晴らしい。
ヤンさん凄い。サッカーの名波と岸谷五郎足したような顔。笑
女優陣が素晴らしい脱ぎっぷりでした。

なんか凄い映画を観た感が強い。
前半に比べてかなり雑で登場人物それぞれが散らかりまくってた
世相と絡めた描写が好きだなと思った。
その辺りの描写がどうなってるか気になるし、原作読んでみようかな

前編と後編、あまり間を開けずに見ることをお勧めします…1年越しに見たのは失敗だった
あゝ、荒野(後編)

2022年🇯🇵新宿歌舞伎町


幼少時代に不幸な人生を送り、行き場の無い生活をしていた二人がひょんな事でボクシングを始め、自分の立ち位置を知り、成長していく。(前編)

その二人が自分の生きる証を証明する為、過去を背負い戦う!同じ釜の飯を食べた二人が闘いを通して全てをぶつけ合う!🤣




◉96B点。スゲ〜映画を見たと思いました。
陳腐なサブストーリーと濡れ場シーンとボクシングの練習と試合を交互に見せていくただのストーリー!(褒めてます!)

それなのにラストはとにかく魂を感じました。理屈などどうでも良い!💪


多少誇張や変なストーリーがあるからでこそ生きてくるスポ根とクライムストーリーがうまく融合していて感動に導いてくれます。💦


完璧では無い所に愛着が湧くそんな映画でした。


🔲見所ベスト3!

◎第3位
スポ根がメインストーリーでしたが、サブストーリーに自殺、震災、介護、老人から金を搾取など中途半端ですがこれかあるから良かったのかなあ?よくわかりませんがバランスが良かった。



◎第2位
前編から後編でスポ根とエロを交互に約5時間弱ありますが退屈せずに最後まで見れました。
★彡役者さんみんながそらぞれ、持ち味を生かしていてよかった。みんな最高!



◎第1位🥊
やっぱりラストの試合が最高です!
前編の二人のボクシングを通した生活シーンがかなり意味を成しています。
★彡号泣と言うよりも嗚咽の涙が出ました!自分でもちょっと予想外でした。
>|