あゝ、荒野 後篇の作品情報・感想・評価

あゝ、荒野 後篇2017年製作の映画)

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:147分

あらすじ

「あゝ、荒野 後篇」に投稿された感想・評価

嵐子

嵐子の感想・評価

5.0
ほんとに良い映画!
ラストは息ができなくなる。心の臓から苦しくなる、引き込まれる、熱くなる映画でした。
ゆみ

ゆみの感想・評価

4.0
闘争。
tomo

tomoの感想・評価

3.5
前編もそうだったけど、余分なシーンもあるし長いなぁという印象。
いくつかの伏線も回収しそうでしてないし、小説なら良いかもしれないけど、映画なら要らないかなと思った。
爆発シーンとか訳がわかりません。

新次と健二の演技はとても良かった。
ラストシーンも長過ぎるとは思ったけど、拳で語り合い、そしてお互いの存在を認め合ってある感じが伝わってきて雰囲気は良かった。
福太郎

福太郎の感想・評価

2.4
前篇までは
臨場感ある殴り合い 綺麗な撮影技術
そして演技も上手で申し分なかった。

後篇からはヒドイねありゃ
まんまと期待を裏切られたよ
健二が移籍してからダレるし
ラストはサムいし。
他の人も言ってるけどせめて自殺防止フェイだとかいらないシーン全部カットして一本に纏めてくれよ。
こんな駄作に5時間も奪われちゃったじゃないか
なんも見えねえ。俺の右腕、右脚どこいった。あ。そういや左手もねえや。なんだかやけにうっせえな。くそくそ。そういや目の前にいる、こいつは誰だ。ああ、闘ってんのか、今こいつと。くそ辛え。さっさと倒れろよ。マジで渋てえな。くそ。ああ、生きてんな俺。
あぷ

あぷの感想・評価

3.8
前・後編で5時間という長尺ながら、一気に観てしまった。

日本アカデミー賞で最優秀主演男優賞を獲った菅田将暉はもちろんのこと、全てのキャストが良かったのだが、中でもヤン・イクチュンが抜群だった。
「息もできない」の時ととても同じ人とは思えない変貌っぷり。

間違いなく彼こそが、この作品の最優秀俳優だろう。
まつ

まつの感想・評価

3.7
みなさん、おっしゃる通り自殺サークルの件、必要だったのかわからなくなったけど…
あれがなかったら、バリカンとお父さんが繋がらなかったってことかな…?

最後の2人の演技は、圧巻。
現実ならとっくに止められてるだろうけど。
菅田くんの迫力、格好良さはさておき、どこまでも純粋で、心底孤独を感じていたであろうバリカンを演じたヤン・イクチュンがすごく印象的でした。
彼の他の作品も観てみようと思います。

主演の2人に負けじと、脇を固めるおじさん俳優たちもよかったです。
俳優陣が本当にすごい!
最後まで圧倒されました!色々考えさせられる映画だった
>|