あゝ、荒野 後篇の作品情報・感想・評価

あゝ、荒野 後篇2017年製作の映画)

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:147分

4.0

あらすじ

荒野ーそこは荒れ果てた地か、希望に満ちた場所なのか。これは、二人の男の運命の物語。 ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。幼い新次を捨てた母、バリカンに捨てられた…

荒野ーそこは荒れ果てた地か、希望に満ちた場所なのか。これは、二人の男の運命の物語。 ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。幼い新次を捨てた母、バリカンに捨てられた父、過去を捨て新次を愛する芳子、社会を救おうとデモを繰り広げる大学生たち・・・2021年、ネオンの荒野・新宿で、もがきながらも心の空白を埋めようと生きる二人の男の絆と、彼らを取り巻く人々との人間模様を描く、せつなくも苛烈な刹那の青春物語。

「あゝ、荒野 後篇」に投稿された感想・評価

地元のみさこボクシングジムでとった。
g

gの感想・評価

4.0
前半の方が好きかなって感じだけど、良い。
前編では漠然と過去に未練のある2人だったのが、次第にどんな動力源で戦っているのか見えてきた。
矛先を失った怒りと愛なき人生を変えたい男。
けんし

けんしの感想・評価

4.0
後編。
ボクシング映画なので、落とし所は宿命の対決と相場は決まっているが、なかなか目が離せないのは、菅田将暉はもちろん素晴らしいのだが、バリカン健二の「かなしみ」のせいである。
切ない。愛おしい。

身体性の復権と映画のテーマをまとめてしまえばそれまでだが、暗く切なく息苦しく、良い映画でした。

ユースケサンタマリア、好演!
滾る、、!
男のツボはしっかり抑えつつ、
ありきたらない重層的ストーリー!
鑑賞後の陶酔感と虚無感!
菅田将暉は素晴らしい!!!
Taka

Takaの感想・評価

4.5
菅田さんとヤンさんの演技に惹き込まれました!
泥臭くあついヒューマンドラマ!
かーん

かーんの感想・評価

3.5
菅田将暉が菅田将暉たる由縁?みたいなものを見せられた気がする。
物語としては「あしたのジョー」であり、「ピンポン」であり、青春スポコン的な内容でしょうか?
菅田将暉って昔の窪塚洋介だなって思う。演技、立ち振る舞い、表情、なんとなく被る。
最近エルレガーデンが復活して、対バンがワンオクってのに少し驚いたんだけど、菅田将暉と窪塚洋介もワンオクとエルレみたいな存在っぽいなって勝手に思った。つまりアラサー以上ぐらいの人達にとっての窪塚が、今の10代20代前半にとっては菅田ってのを勝手に考えてしまい、おれは老いたんだなと痛感。この先こういう事いっぱいあるんだろうな。
話は長たらしくて濡れ場ばっかで、原発とか震災とかちょっと先の未来とか設定とかもめんどくさいなーって感じなんだけど、ラストの菅田の表情だけマジで満点って映画でした。
2017112
菅田 将暉
ヤン イクチュン
モモ子

モモ子の感想・評価

4.1
ヤンさんの自分の顔を叩くシーン、新次に手紙を書くシーン、それから最後の演技が本当に凄かった。涙が止まりませんでした。
世の中で闘っている人々を、この映画のおかげでしっかりと目にすることができました。
心が燃え盛るのを感じます
>|