あゝ、荒野 後篇の作品情報・感想・評価

あゝ、荒野 後篇2017年製作の映画)

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:147分

4.0

あらすじ

「あゝ、荒野 後篇」に投稿された感想・評価

karayu

karayuの感想・評価

4.2
震災、自殺、新宿、憎しみ、dv、売春色々と重いテーマが連なるのに愛と死で何だかストーリーが爽やか

菅田は狂気と哀愁漂う
にも関わらず周りとの親和性がカメレオン
ヤンイクチュンは息もできないと同じ不器用さが滲みる
原作を変えてまでバリカンを日韓ハーフにしたみたいなんだけど
最後の「僕を愛して」で全て悟った
そういう面では在日テーマのGOと被った
対象はバリカンだけど当時の窪塚と菅田が重なった
合わせて300分もあるのに流れていった
YokoNakano

YokoNakanoの感想・評価

4.7
たまらん
やっぱり主人公はバリカン健二になった

それにしても、こんなに深く沈み込む映画は久しぶりだし、心も動いた。

このレビューはネタバレを含みます

試合の迫力がすごかった…!
新次の今後がどうなんだろう。
あんなに憎んだ相手に勝って、判定で負けた祐二にそれだけかよ〜と怒鳴る新次、その一方で新次と戦おうといなくなる健二。
結局相手を殺す殺す言ってた新次が親友の健二を殺してしまって、今後どのように生きるのかとても気になりました。
映画最後の試合が、新次にどう影響を与えるのか…。
2019.3.18 記録
ラストの表情
数ヶ月越しの後編
ヨレヨレの体勢で打つパンチが泥臭くて良い
矢吹ジョーvs幕之内一歩

結局 最後まで観てしまった!
「最高かよ♪」と言った前編が、前座に思える後編。

ボクシングという荒野をさまよう新次と健二。
ついに宿命の対決が始まる。

なぜリングは四角いのにリングと言うのか。
それは、昔は丸かったから。(詳しくは自分で調べてね)

リングにかける、丸くない二人!

性格丸くない新宿新次:
ヤンキー上がりの型にはまらぬテクニシャン、鋭い野生の勘が武器…さながら矢吹ジョー。
生い立ち丸くないバリカン健二:
いじめられっ子のハードパンチャー、打たれ強さは誰にも負けない…さながら幕ノ内一歩

矢吹ジョーvs幕之内一歩
想像を絶する壮絶な夢の対決。

親子、ライバル、そして敵(かたき)
みんな誰かと繋がりたくて、荒野をさまよっている。

長い映画が苦手な飽きっぽい私めを満足させる、観応え十分な6時間。
夜通し ぶっ続けで観てしまった私めは、燃えつきて真っ白な灰になったことは言うまでもない。
310

310の感想・評価

3.2
ボクシングの試合シーンがすごい。
ラストの表情が印象的。
濡れ場が多くて、本当に必要?って思った
ramenman

ramenmanの感想・評価

3.7
こういう映画を見ると、男の人に生まれてみたかったなと思う。
菅田将暉色白。
>|