はるき

アナと雪の女王2のはるきのレビュー・感想・評価

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)
4.8
【安定感抜群のディズニーの中でも自身にとって最高の一本。最強のプリンセスに魅せられてしまった】

アナ雪1と2で1つの作品が仕上がったという印象。1で登場人物と設定を理解させ、2で掘り下げる。よりキャラクターを好きになれる素晴らしい構成。

1を見てストーリーの起伏が少なくてつまらん、オチこれで終わり?って拍子抜けした大人ほど観に行って欲しい。
2は自分の人生をどう生きるのかというヒューマン映画なので大人ほど感情移入してしまう。実際周りも子連れの親が泣いていた。1のネタもちょこちょこ出てくるから前作の知識があるとクスッと笑えてより美味しい。

1は生まれて初めてに憧れる自由気ままなアナに魅力を感じ惹かれたが、2で一気にエルサも好きになり選べなくなってしまった。強いだけでなく本来の自分を取り戻そうとするか弱さ、そして母との関係性に垣間見える幼さ等。それらが歌とマッチして涙が止まらなくなる。歌のシーンの迫力と映像美はやはり劇場ならでは。

アナも素晴らしいシーン、セリフが多々で姉妹ならではの良さが前面に出ていた。
もちろん脇を固めるクリストフ(ディズニー 王子様枠でも抜群にいい男)、スベン、オラフといったキャラクター達も欠かせない家族の一員だ。

全編を通して一瞬たりとも無駄に出来ないと感じるほどだった。ディズニーの表情の作り込みの緻密性がここまでの感動を作り上げたのだろう。

続編おめでとう、ありがとう。
次は字幕で、そして家族とも劇場に見に行きたい。