いっちー

ライオン・キングのいっちーのレビュー・感想・評価

ライオン・キング(2019年製作の映画)
4.1
改築してドルビーシネマになった梅田ブルク7のスクリーン1で初めて観賞。
これぞキング・オブ・エンターテイメントと言わんばかりに途中CGであることも忘れるぐらいに押し寄せる圧倒的な映像美と場面場面で効果的に使われるストーリーを彩る名曲の数々に終始、鳥肌が立ちっぱなしの本当に素晴らしい作品でした。
ほんと、動物の肌触りとかが伝わるぐらいの細かい表現とか素晴らしかったし、大自然の迫力も凄かったです。
ティモンとプンバァのやりとりに笑ったり、シンバとムファサの家族愛に涙したり、曲がかかるごとに鳥肌が立つぐらい圧倒されたり、とても満足できました。
実は、オリジナルは観ていないのですが、とてもオリジナルに忠実に作られているみたいなのでその辺も楽しめるのではないかなと思います。