ラチェットラクーン

ライオン・キングのラチェットラクーンのレビュー・感想・評価

ライオン・キング(2019年製作の映画)
3.4
実写版ライオン・キング

映像面は本当に素晴らしい。
目に入る全てが美しくてリアル。
動物の毛とか筋肉の動き方が非常にリアルでした。
大自然の美しさも良く映せてだと思います。
ビジュアルや音楽はアニメに寄りすぎず離れすぎずの良い距離感だったと思います。

ストーリーとキャラクターはオリジナルそのまま。若干変わってたり、追加されてるところもあるけど。
変えすぎて酷いことになるよりはマシでした。
でも、変えないなら変えないで、もうアニメで良い気がします。

動物のCGがリアルなのは良いんですが動物の表情のレパートリーが少なかったです。声だけ感情が入ってた感じがします。

楽しそうな場面であまり楽しそうに見えなかったり、悲しい場面で悲しそうに見えなかったりして、かなり違和感を感じてしまいました。
キャラの表情とかから伝わるものも少なかったです。

あと、リアルすぎたが故にキャラの区別がつかなかったです。
もうちょい顔の違いが分かりやすくして欲しかった。
それと、単純に動物たちが歌い出すのは少し面白おかしいというか…アニメでは成り立ってたけど、実写になっちゃうとあんまり成立しない気がします。

あと脚本が一箇所だけ謎でした。ナラが映画中盤である行動を取るんだけどその時の計画性が皆無でした。

オリジナルをリメイクした映画って感じでオリジナリティのない映画でした。

正直言ってどんな実写・リメイクが良いのかってよくわかんないです。
そのままリメイクしちゃうとオリジナルのアニメだけで良くね?金稼ぐ為だけじゃんってなるし、変更し過ぎたり、加えすぎたりすると、もう別で良いじゃん?ってなっちゃう。

でもまあ、アラジンよりは断然好きです。