ハイブリッジ

ライオン・キングのハイブリッジのレビュー・感想・評価

ライオン・キング(2019年製作の映画)
3.3
リアルライオンキング

アニメのストーリーのまま、リアルな動物たちが描かれていました。

でも何か、違和感。。

やっぱりライオンキングはストーリーもいいし、感動するし、ティモンとプンバァは笑えるし、最高なんですけど、なんか、ん?ってなる。

そこで考えてみました。何が違和感を感じさせるのか。

声優陣も、吹き替えで見たのですが、文句ないし、なんなら英語のキャストも最高じゃないですか。豪華。

そしたらあとは、なにがおかしいのか。正直、リアルな動物たちに声をつけるのは、違和感があります。でもそれ言ったら、ディズニーはすでに、アニメだけど、魚とか車とかに声つけてるし、慣れという意味で違和感は取れるはず。

だとしたら何なんだろうか。

そこで一つ思いついたのが、表情です。

リアルな動物に表情がないわけではないです。ただ、分かりやすい表情は難しいです。寂しそうな時、楽しいとき、伝わってくるんですが、声とのバランスが違和感の原因だったかもしれません。やっぱりディズニーはアニメだからこそ、色んな表情を普段持たない生き物や物体に持たせることができるのではないでしょうか。

ただ、やはりすごかったです。

迫力は満点ですし、さすがファブロー監督でした。

ニモやカーズを実写化なんて、さすがにしないですよね。