Chip

ライオン・キングのChipのネタバレレビュー・内容・結末

ライオン・キング(2019年製作の映画)
1.5

このレビューはネタバレを含みます

動物の色味がアニメと比較するとどうしても地味で、画面がパッとしないためキャラの見分けが付きにくい。表情も乏しいので感情移入もしにくい。
色味のせいでCan't Wait to be Kingが消化不良で、Be Preparedも今回のアレンジが気に入らず消化不良、おまけにハクナマタタの大人シンバの歌い出しがチャラすぎてnot for meでした。いちばん悲しかったのはラフィキとシンバの禅問答的なやりとりがかなりカットされてたこと。
アニメ版ではラフィキが占いっぽい行動をするのが好きだったんだけど、それもなくなってたし、ラフィキがシンバ生存に気づくシーンをカットしてまで追加したキリンの糞とフンコロガシのくだり、本当に必要でした???
美女と野獣のときにも言ってた「作品のクライマックスになる曲やメインテーマ以外で盛り上がりすぎたら失敗」ってやつ、美女と野獣でいうとルクエバが良すぎてガストンの歌と野獣を殺せ!で盛り上がりすぎてた。ライオンキングはただのギャグにすぎなかった「ライオンが寝ている」ではしゃぎすぎ。
ただ、あんなリアルな動物をフルCGでやっちゃうディズニーは頭おかしいなすごいなと思いました。
ティモンとプンバァが囮になったところでBe Our Guest歌って自社の他作品をパロるのはいいけど、それだったらティモンがシンバにブラックパンサー式の敬礼するとかあっても良かったのでは?