ライオン・キングのネタバレレビュー・内容・結末

上映館(1館)

ライオン・キング2019年製作の映画)

The Lion King

上映日:2019年08月09日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

「ライオン・キング」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ホント今頃になってようやく鑑賞。

まぁ、語り尽くされてはいますが、本物と見まごうばかりの野生動物たちと、人間のみが持つモラルやマナー、インテリジェンスの数々。どんな気持ちで見ればええのよとおもわなくもない。おもちゃが動くトイストーリーの方にリアリティを感じてしまわなくもない。

といいつつも充分に楽しませていただきました。
モフモフの子供ライオンとか猫好きにはたまらないものがありそう。

でも、肉を食べないで虫とかのタンパクで育ったシンバが、あんなにたくましく育つのぉ?

とか、キリンが葉っぱと共に食べて糞になってフンコロガシが転がして乾燥して砕けてチリの如くなってアリンコが運んでるのを、たまたま例のシンバを掲げてたマンドリルが見つけて、『シンバ…』って、そりゃないでしょ。

とか、暗がりで戦ってるシンバとスカーが見分けつきにくい。

とか、あのマンドリルは、物腰や発言が、モーガン フリーマンにしか思えない。

とかとか、色々ありましたが、楽しませていただきました。
ライオンキング自体初めて観たけどストーリーg面白く最後まで楽しめた。
すごいリアルで最新の技術に感動した。とくに牛の大群みたいなのが駆け抜けるシーンには圧倒された。
吹き替えだけかもしれないけど準備せよはなんかダサかった。
ライオンキングというものを初めてちゃんと見たので。アニメをちゃんと知らないからか、とても感動した。そして、ディズニーって弟が兄を殺すという何とも残酷な場面も描けるんだと思った。笑
すごい。面白かった。このパターンの映像は初めて。ほんまに動物が動いてるみたい!歌もいつものやつあって安心。最初の3分の感動味わうためだけに見ても良いレベル。そしてライオンキングの親子愛で泣かされてしまった。ええ話です。
シンバが自分は誰なのか、その答えを見つけたシーンは涙が止まらなかった
実写になるべくしてなった作品✨
ビヨンセで見るか豪華俳優陣の吹替にするか悩んだ末、字幕で鑑賞
(アニメ3回、劇団四季3回鑑賞済)

冒頭「サークルオブライフ」でいきなりの感涙。サバンナに広がるプライドランドの完全再現が素晴らしい…
ヤングシンバがとても可愛い💓
「早く王様になりたい」最高でした♪
あとで動画見ましたが、吹替のヤングシンバは歌うますぎです✨

途中の何度見ても泣くシーンを経て
プンヴァとティモン登場
プンヴァはアニメのまるっとしたフォルムの方が好きですが、ティモン!
ミーアキャットの虜になりました
あのサイズ感…立ち姿…しぐさ…

「ハクナマタタ」「Can You Feel The Love Tonight」名曲が続き、
真の自分の姿を知るシーン
劇団四季の名曲「お前の中に生きている」…ではなくビヨンセ様の別の曲!!
でもこれはこれでよかった…
あの名曲はエンディングで少し聴けます

少し残念に思ったのは悪役スカー
悪役なので、かなりダークな見た目のキャラクターでかっこいいんです
でも実写にすると、、黒っぽい色の悪い顔したライオンっていないのでw
細身、老いで表現してましたね
そのせいかクライマックスはややビジュアルがわかりづらく、迫力に欠けたかと思います
映画には映画の良さがしっかりあり、最後まで楽しめました。同時に、アニメと劇団四季への恋しさも沸き上がりました😊
映像がすごい。CGが今ある映画の最高クラス。歌もよく、話も面白かった。
幼少期のシンバが糞ガキすぎ。約束守らんし親が死んだのに何がハクナマタタだコノヤロウってなった。しかも虫食ってたやつが狩りをしてたライオンにこうもあっさりと勝ててしまうのがおもんねって思った。1回負けてから修行編とかしてから勝てたらもっとシンバに好感持てたかも。あとムファサの崖から落ちる時の顔が今でも忘れられん(笑)動物映画は向いてないのかも。
94年版の功績に縋っただけの凡作。
リアルな映像も本作に関して言えば表現の幅が狭まっただけ。
1ショットを除いて全部CGってプロモあんまよくないと思うなぁ。
とりあえず実写化しとけばみんな喜ぶんでしょ?って企画者とともに私も思っていたわけだけど、意外とそんなこともないんだなっていうのが知れたので、意義のあるリメイクだと思います。
草食動物のオーディエンススコアが気になる🤔
観るきっかけは
ドキュメンタリー「ぼくと魔法の言葉たち」

2歳で言葉をなくした子・オーウェンが、ディズニー・アニメをきっかけに
我が言葉(外界とつながる言葉)を取り戻すお話


…プライド・ランドへ戻ったシンバが 雨の中
父が見守る天を 仰ぎ見て咆哮するシーンが、象徴的に使われていた


己が何者なのかを 思い出し
名乗りをあげる
オーウェンは「脇役たちの守護神」として
我が人生の主役に躍り出る


一度は追われるままに逃げたシンバも
「俺はシンバ。ムファサの息子だ!」とはっきり名乗る


名乗るところからしか
その人の人生は 本当の意味では始まらないのですね


お話のシンプルさは、さすがディズニー。
子どもが、ディズニーアニメを通して現実世界を認識するほどですからね^_^


アニメの、デフォルメの楽しさは
3DCGで消えても
リアルさを纏ったプライド・ランドと動物たちの姿が
シンプルなストーリーをより引き立ててる気がします。

プンバァが、超実写版の方がより“らしく”て好き♪
>|