ライオン・キングの作品情報・感想・評価

上映館(25館)

ライオン・キング2019年製作の映画)

The Lion King

上映日:2019年08月09日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

「ライオン・キング」に投稿された感想・評価

show

showの感想・評価

3.3
佐藤二朗のフンバが観たくて吹き替えで観賞。佐藤二朗だった。
観るきっかけは
ドキュメンタリー「ぼくと魔法の言葉たち」
2歳で言葉をなくした子・オーウェンが、ディズニー・アニメをきっかけに
我が言葉(外界とつながる言葉)を取り戻すお話

…プライド・ランドへ戻ったシンバが 雨の中
父が見守る天を 仰ぎ見て咆哮するシーンが、象徴的に使われていた

己が何者なのかを 思い出し
名乗りをあげる
オーウェンは「脇役たちの守護神」として
我が人生の主役に躍り出る


一度は追われるままに逃げたシンバも
「俺はシンバ。ムファサの息子だ!」とはっきり名乗る

名乗るところからしか
その人の人生は 本当の意味では始まらないのですね


お話のシンプルさは、さすがディズニー。
子どもが、ディズニーアニメを通して現実世界を認識するほどですからね^_^


アニメの、デフォルメの楽しさは
3DCGで消えても
リアルさを纏ったプライド・ランドと動物たちの姿が
シンプルなストーリーをより引き立ててる気がします。
rio

rioの感想・評価

1.0
夏休みで小さい子どもも多かったが、開始15分くらいでシンバの父が死んで会場がざわついた。死を理解出来ない子たちがこぞって母親に質問し、理解してる子は泣き出し途中退場する親子もあった。アニメ版は笑ったり悲しんだりの表情があるが、実写CGは表情変化がほぼなく、面白いこと言ってるのに顔は真顔で、ちぐはぐな感じ。映像はキレイだったけどライオンキング観てるというよりNHKの動物ドキュメントでも観てる気分だった。2019.8.10新百合ヶ丘イオンシネマ
OLN

OLNの感想・評価

3.3
リアル!が、故に表情が読み取りにくい。
わかるが、豊かではない。
今後のための試金石といった作品。
Banila

Banilaの感想・評価

3.4
本当に本物さらがらの野生の動物たちが
お芝居しているかのようで、映画技術の進歩を感じる1作でした。
見ごたえのある作品でした。
KanaeSh

KanaeShの感想・評価

3.1
そもそも最近のディズニーのなんでも実写版にしちゃう風潮。。
ライオンキングはディズニーの中でも大好きな作品だったから、楽しみでもあったが、ちょっと嫌だった。
ディズニー映画というより、ナショナルジオグラフィックて感じだった。
ひめ

ひめの感想・評価

4.0
子供の頃にアニメを観た時、他のディズニー映画と比べてそんなに強い印象はなかったんだけど、この歳で観たからか映像に魅入ったからか、こんなにも自分の心に響くとは。ハクナマタタ。
>|