ライオン・キングの作品情報・感想・評価 - 8ページ目

上映館(371館)

ライオン・キング2019年製作の映画)

The Lion King

上映日:2019年08月09日

製作国:

上映時間:119分

あらすじ

「ライオン・キング」に投稿された感想・評価

けい

けいの感想・評価

3.6
さすがはディズニーの圧倒的なクオリティと映像美。

美しい起承転結と、ところどころの笑いでとてもテンポは良かったですが、突出して面白いわけではなかったです。
比較対象が他のディズニー実写だとどうしてもハードルが高くなってしまいそう
Tommy

Tommyの感想・評価

2.9
最高のCG技術で作れた動物たちに生命が宿る。
それと同時にその限界も垣間見た。
動物の表情にまで求められる時代が遂に来たか。きっとディズニーはこれから実現してくれることだろう。
そして、いつか、自然に生き生きと歌う動物を見てみたい。そんな希望を抱かせてくれた。
れ

れの感想・評価

4.0
CGで実写化されたライオンキング!
動物達がすごい!そして可愛い。
ハイエナの設定がちょっと違ったけどアホな子はちゃんといた。
シンバの毛が流されてくとこで最初の鳥が巣材として持ち帰ったのにすぐ捨てられてるの笑った。
ティモンとプンバァは実写でも可愛いし良いキャラしてた。
おもしろかった。
きいな

きいなの感想・評価

3.3
アニメも観たことがなくストーリーを知らないまま鑑賞。
ずっと可愛い小さいライオンのままかと思ったら途中でデカくなって驚き。
そして動物たちがみんなめっちゃ歌が上手。
ハイエナっていつも悪役でちょっとかわいそうに思えた。
ハクナマタタ!
はな

はなの感想・評価

3.8
動物の顔がだんだん人間に見えてくる(笑)。この手の映画撮らせたらジョン・ファブローはピカイチだと思う。けどストーリーはアニメのまんまだし、映像以外は目新しさはないんだよね。そもそも「超実写」って言ってるけど実写扱いなの?実写を超えてるって意味?
好きなシーンはプンバァをおとりにしようとするところと、一瞬『美女と野獣』が始まるところです。ルミエール!
客観的な感想としては、「映像技術も遂にここまで来たか」といった感じ。
「リアル過ぎてキャラクターっぽく見えない」という意見は、まぁわかる。
ストーリーにも目新しい変化はないので、やはりアニメ版ありきというか、超えるのは流石に難しいだろう。
ストーリーの新鮮さで魅せるというより、映像技術の試験場という意味合いが強い作品かもしれない。
ただ一方で、アニメ的演出を可能な限りリアルな描写に落とし込んでいたり、演出シンボルも効果的に使われていたりと、画面内の情報密度も高く素晴らしかった。


以下、主観的な感想。
ストーリーに余計な手を加えていないのが高評価。さすがジョン・ファブロー監督、手堅い仕事をする。
昨今の実写化ディズニー作品は余計な社会性テーマを訴えようとしたり、無粋な追加解釈ばかりだった。
しかし、元から完成度の高いストーリーを劣化させずに超実写版で再現したのだから、文句なしに良い作品だと思う。

オープニングも圧巻だが、嵐の空からシンバに亡きムファサが語りかけるシーンが個人的に最高だった。
「ムファサだと思おうとすればムファサに見える」という、シンバの中にいるムファサ感が完璧に描かれていた。

また、シンバとムファサが「昇る円い太陽」なのに対し、スカーが「欠けてゆく細い傷のような月」とシンボリングされているのも良かった。

そして、「プンバの顔が佐藤二郎に見えるな」と思っていたら吹替が佐藤二郎で笑えた。
2019.09.05
ストーリーが分かってるからこそ
ムファサの言葉が染みるし
愛を感じ取ってしまって初めから
涙が止まらなかった〜
残して欲しいシーンは綺麗に残してあって雄大でした。
HO

HOの感想・評価

-
セスローゲンのア゛---------!!!!!聞けたのでいい映画
ライオンの赤ちゃんかわうい
Takuma

Takumaの感想・評価

4.1
まず映像がきれいだった。
CGってすごい。。

ハクナマタタとかいい言葉をたくさん聞けたのが良かった。大事だなあ。

個人的にはスカーは元々悪いやつではなくて兄と比べられたりする過程で劣等感とかを感じてああなったのではと思うから誰が悪いとかはないんじゃないかなあ。

プンバがハイエナの囮になるシーンが特に面白かった 笑

あとラフィキは途中までただのやばいやつで笑えたw
3Dは実写レベルで綺麗で凄いけど、次アニメ版とどっちが観たいか問われるとアニメ版に軍配が上がる。
随分前に見たけどアニメ版であった表情の豊かさとかが薄くて良さが少し失われてる気がした。