機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦」に投稿された感想・評価

Ken

Kenの感想・評価

4.5
ブリティッシュ作戦が意外とあっさり描かれてました。
シリーズ5作目。いよいよ開戦。
冒頭前作までの振り返り(ほぼ総集編で10分超)…タイトルまで長い長いщ(゚Д゚щ)サブキャラクター達の些細なドラマまで描かれているのは良いのですが、逆を言えば今作では主要キャラに大きな動きがない。コロニー落とし→艦隊戦…と若干大味に感じました
kaz

kazの感想・評価

3.3
ランバ・ラル、ハモン…いいね😊💕
BROKER

BROKERの感想・評価

3.0
記録。2018年17本目。
星

星の感想・評価

3.6
THE ORIGINもとうとう5作目。

今回はコロニー落としの全貌が出てくるわけなんだけど、鬼畜の所業だ。ギレンまじ悪魔。しかも失敗してるし。

ジオンにはジオンの理由があって独立を求めて戦争を起こしたわけだけど、あのコロニー落としによって「悪」決定って感じ。
ORIGINは、連邦軍側から描かれていたオリジナルガンダムとちがって、シャアの目を通したジオン側視点なのでジオンが悪には思えなくなってきてたのに。
ドズルいいやつだし、ガルマかわいいし。
デギンも人間臭い。

でもコロニー落としはなあ。
もともとその前からランバに「戦争ではない。殺戮だ。」なんて言われてたわけだし。
戦争なんて視点によって正義がかわるけど、ギレンだけはあかんわ。地獄行き。

セイラ、仕事中になにかとよく大事な場面で抜けて話し込んでるけど、大丈夫なのかな、と心配に。

あと、アムロが平手されてた。????ってなった。親父にもぶたれたことないのに???って。

5 3 3 4 3
シャア過去編第5弾。今回はコロニー落としからルウム開戦までの物語。いよいよ本格的に戦争が始まってしまうわけですね。特にコロニー落としの詳細を映像化したのは戦争の狂気そのものですわ。

ガンダムは戦争に正義も悪もないことを教えてくれるロボットアニメとして有名ですが。いくらジオンに大義があるいうてもコロニーの中の数千万もの人を毒ガスで皆殺しにした上でそのままコロニーごと地球に落としてさらに何十億もの人を殺してるわけでしょ?これ国家として見れば絶対悪以外の何者でもないよ。「この戦争は狂ってるよ!!」と上司に物申して左遷されたランバラルさんが唯一の良心だわ。

今回はシャアパートの他にもアムロパートやセイラパートさらには歌長すぎハモンさんパートもありますんで要チェックや!!
ジオンえげつなか
Natsumi

Natsumiの感想・評価

3.8
「私にひざまずけ、神よ!」はい名言いただきましたー。ルウム開戦は開戦し始めたところで終わりであれ?という感じ。ガンダムに出てくる女の人たちは皆(精神的にも)強いから好き。ガルマはとことん軍人には合ってない。
jk298

jk298の感想・評価

5.0
賛否の賛、このラストがシリーズ最大かな