機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦2017年製作の映画)

上映日:2017年09月02日

製作国:

3.5

あらすじ

宇宙世紀0079年、人類は宇宙ですら戦場に変えてしまった。世界の人口の半数を死に至らしめたブリティッシュ作戦(コロニー落とし)を実行し、突き進むジオン公国軍。それに対し、劣勢を挽回すべく圧倒的な戦力で挑む地球連邦軍。交錯するザビ家の陰謀、変えがたい運命に翻弄されるセイラ・マス、ジオン軍のパイロットとなってしまったランバ・ラルやハモン、サイド7で平穏に暮らすアムロやフラウの日常生活にも暗い影が訪れ…

宇宙世紀0079年、人類は宇宙ですら戦場に変えてしまった。世界の人口の半数を死に至らしめたブリティッシュ作戦(コロニー落とし)を実行し、突き進むジオン公国軍。それに対し、劣勢を挽回すべく圧倒的な戦力で挑む地球連邦軍。交錯するザビ家の陰謀、変えがたい運命に翻弄されるセイラ・マス、ジオン軍のパイロットとなってしまったランバ・ラルやハモン、サイド7で平穏に暮らすアムロやフラウの日常生活にも暗い影が訪れようとしていた――。そして、復讐に駆られたジオン軍のエース、シャア・アズナブルが参加する「ルウム会戦」がついに始まる。

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦」に投稿された感想・評価

とうとう一年戦争がここで、はじまりますが、いいとこで終わってしまいます。

もう少しシャアが暴れまわるのを見たかった。
折角待っていたのですが、これから本格参戦の良いところで終わってしまうのです。
通常の三倍の動きの片鱗を見せつつ…

消化不良です…

ストーリーは面白いです。
ジオン側がコロニーを地球に落としたところも描くので本当の初期ガンダムを好きな方にはたまらないのではないでしょうか。

ジオン視点であってもこのまま最後までやってくれたら、トータル的に見て名作になりそう。

ってかセイラも強いんだなー
ニュータイプの片鱗が見え隠れしますね。
セイゴ

セイゴの感想・評価

3.6
コロニー落としのくだりがピックアップされる回だと思ったら意外にあっさり終わった
山猛

山猛の感想・評価

1.5
楽しみに待っていて観たのに内容がつまらん。
次回に期待する
こま

こまの感想・評価

3.0
確かにモビルスーツは初期ガンダムと比べてディテールが効いてるので格好よくなっているけど、盛り上がりにかけるストーリーなのが不満です。

なんといっても、ラストシーンに尽きるのではないでしょーか⁉︎(^。^)
まあ、いつもの事ですけどね…(^^;;
シリーズで一番ひどいんじゃないの?って出来。もうちょっと真摯に作って欲しいものね。
冒頭の今までのあらすじが時系列になっておらずとても分かりにくい上、尺稼ぎなのかやたらと長い。後半との対比か前半部分に笑いを取るシーンが多くダレる。また、ルウム会戦のサワリだけで良いところで終わってしまうのでガッカリ。これでは『ルウム会戦』では無く『ルウム会戦に至る道』である。
piroshi

piroshiの感想・評価

4.0
5作分まとめて
やっぱり一年戦争を今のアニメーションで観られるのはとてもワクワクした。
ファーストで足りない部分を上手く補完してくれる。ただコロニー落としの描写はさすがにエグかった。
漫画は全部読めていないのでそのうち読みます。
yasochi

yasochiの感想・評価

3.5
あっ
やっぱりいいとこで終わるのね

セイラさんの怒気、カイの不良さ、ドズルのドタバタ、シャアの3倍速の理由、ギレンの演説、ハモンさんの熱唱
フラウとララアは出番なし

次回予告が欲しかった
前回までのあらすじとハモンさんの歌がちょっと長かった

話の暗さを中和させようとしたのかくさい演出が目立ったけどガンダムだからしょうがないのか
鑑賞記録。劇場で観たのだが、如何せん前過ぎて…。
ガンダムって、凄い作品だなと。「ただの人殺しだ」コロニー落としは観ていてゾッとしました。