機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦2017年製作の映画)

上映日:2017年09月02日

製作国:

3.5

あらすじ

宇宙世紀0079年、人類は宇宙ですら戦場に変えてしまった。世界の人口の半数を死に至らしめたブリティッシュ作戦(コロニー落とし)を実行し、突き進むジオン公国軍。それに対し、劣勢を挽回すべく圧倒的な戦力で挑む地球連邦軍。交錯するザビ家の陰謀、変えがたい運命に翻弄されるセイラ・マス、ジオン軍のパイロットとなってしまったランバ・ラルやハモン、サイド7で平穏に暮らすアムロやフラウの日常生活にも暗い影が訪れ…

宇宙世紀0079年、人類は宇宙ですら戦場に変えてしまった。世界の人口の半数を死に至らしめたブリティッシュ作戦(コロニー落とし)を実行し、突き進むジオン公国軍。それに対し、劣勢を挽回すべく圧倒的な戦力で挑む地球連邦軍。交錯するザビ家の陰謀、変えがたい運命に翻弄されるセイラ・マス、ジオン軍のパイロットとなってしまったランバ・ラルやハモン、サイド7で平穏に暮らすアムロやフラウの日常生活にも暗い影が訪れようとしていた――。そして、復讐に駆られたジオン軍のエース、シャア・アズナブルが参加する「ルウム会戦」がついに始まる。

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦」に投稿された感想・評価

馬子

馬子の感想・評価

3.4
これ観に行った人はどんな気持ちで劇場を後にしたのか😭
アニマックスで見た私にとっては「うぉおーーーー!!」となる終わり方だった
速かったよシャア!!でも短すぎる

ドズル ザビがちょっと好きになったw
コギー

コギーの感想・評価

4.0
オリジンシリーズで唯一劇場で見逃した作品。
小さい頃何気なく聞いていたアニメガンダムのオープニングナレーションと地球に走る閃光……
人類が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた、、、宇宙世紀0079……
人工都市コロニーを地球に落下させるジオンのテロ攻撃からはじまる戦争アニメと知ったのは大人になってからだ。
そしてジオン軍がナチス等枢軸国で連邦軍が連合国という見方をするようになった。
未来少年コナンのオープニングの『ギガント』の総攻撃の映像のように幼い頃見た日本アニメには大人になって気がついた戦争へのメッセージが込められているような気がします。
ドズル ザビが赤ん坊のミネバをあやしながら涙ながらに語る忠誠から戦争に踏み込んだ恐怖と苦悩がアニメながらリアリズムがあるシーンだった。
ac

acの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

セイラが人を撃つ
シャアが1stのシャアらしくなっている
作品としては繋ぎの物語なので単体としての評価は普通かな。
Shu

Shuの感想・評価

3.0
書くの忘れてたっぽいので今更ながらに書いておくf^_^;

なかなか見ごたえあったけどあそこで終わるのはばっさりだな。
普通はモブであろう市民にもスポットがあたり戦争の狂気を
感じさせるのは良かった。
Elvis

Elvisの感想・評価

3.2
アマゾンプライムで¥300になったので視聴。ストーリーの追認。だからストーリーというよりかは絵。高い時に見なくて良かったな内容。薄っぺらい感情表現を時折差し込まれ萎える。
最終章に向けての箸休め回。
印象的な戦闘はなく、メインとなるのは遂にコロニー落とし。

機動戦士ガンダムでくどい程聞かされたコロニー落としだが、今回やっとどんな経緯でどんなコロニーを落としたのかが描かれる。
全体の割合として見ればそれほど多くを占めているわけではないが、それでも最も印象に残ったのは、この後落とされる事になるコロニー内でのモブ2名の話。
地球の人口を半分にしたというコロニー落としだが、どこか絵空事のようで実感が湧かないものだったが、それをミニマムな表現で描くことで初めてその恐怖を実感できた。

それとこのTHE ORIGINという作品でもっとも見る目が変わったキャラクターがドズル・ザビなのは最早言うまでもないが、今回もドズルは良いキャラをしている。



ここまで来てこの一作品だけ見る人がいるのかはわからないが、これまでの4話の内容をまとめた冒頭のイントロダクションは膨大で、10分以上あったような気さえする。
あれだけでもわからなくはないが、やはり一作目から見るのがこの作品を楽しむための正道だろう。もし機動戦士ガンダムを見た事がない人が居たら、それを見るにあたってもこの作品を先に見ておくとぐっと深みが増すので、THE ORIGINシリーズは素直にオススメである。
次作でこのシリーズは終わってしまうため一年戦争を新規映像で楽しむ事ができないのは非常に残念だが、最終章も実に楽しみだ。