機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦2017年製作の映画)

上映日:2017年09月02日

製作国:

3.5

あらすじ

宇宙世紀0079年、人類は宇宙ですら戦場に変えてしまった。世界の人口の半数を死に至らしめたブリティッシュ作戦(コロニー落とし)を実行し、突き進むジオン公国軍。それに対し、劣勢を挽回すべく圧倒的な戦力で挑む地球連邦軍。交錯するザビ家の陰謀、変えがたい運命に翻弄されるセイラ・マス、ジオン軍のパイロットとなってしまったランバ・ラルやハモン、サイド7で平穏に暮らすアムロやフラウの日常生活にも暗い影が訪れ…

宇宙世紀0079年、人類は宇宙ですら戦場に変えてしまった。世界の人口の半数を死に至らしめたブリティッシュ作戦(コロニー落とし)を実行し、突き進むジオン公国軍。それに対し、劣勢を挽回すべく圧倒的な戦力で挑む地球連邦軍。交錯するザビ家の陰謀、変えがたい運命に翻弄されるセイラ・マス、ジオン軍のパイロットとなってしまったランバ・ラルやハモン、サイド7で平穏に暮らすアムロやフラウの日常生活にも暗い影が訪れようとしていた――。そして、復讐に駆られたジオン軍のエース、シャア・アズナブルが参加する「ルウム会戦」がついに始まる。

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦」に投稿された感想・評価

django

djangoの感想・評価

4.0
前回までのあらすじが異様に長い。
映画館で映画本編が始まるまでの時間くらいに感じた。苦痛すぎる。

初代ガンダムの前日譚。5話目。
それなりにいいのだが、登場人物の演出の過剰さ。このシリーズは気を抜けばそれだ。自然さがない。
どうせこの話をやるなら、シーマやシローを出してあげればみんな喜んだかな。
前作までと違い、新しさがない。
そのくせ歴史は破壊している。
もはや、本編のキャラクターの台詞には違和感しかない。
スターウォーズⅣ症候群とでも呼べばいいくらいの病状。
ガンダムでてこないけどおもしろいのはガンダムは人間ドラマだからだよね
ガンダムが出てこないのにこの熱い闘いはなんなんだ
ハモンの歌かっけぇ
ドズルとランバラルのキャラがよく出ている回でした(^^) セイラさんの意外な一面も見られて満足です。あの人やこの人もちょいちょい出てきてニンマリしました。
録画視聴。
2018年65本目。
1年戦争のTV版以外で、1番興味のあるところ

静の部分が多かったけど、最後に一気に動の部分が観られると思ってたら………

最後、しっかり観せて欲しかったなぁ

映画館で見てたら、金返せと言いたくなる

今のところ、このシリーズは暁の蜂起が1番面白かった
アニマックス一挙放送で観たので、次の「誕生 赤い彗星」冒頭10分セットでの感想。

そこで終わるんか〜!!
めちゃくちゃ盛り上がるシーンでお預けやん。

しかしまぁ開戦への盛り上がりというか、戦争に向けての悲惨の連鎖を上手く描けてるなと感心。完全に大人向けガンダム作品。
ブリティッシュ作戦って、はじめジャブロー直撃狙ってたんやね。30年ガンダム見続けて知らんかったわw これだけ後付けがキレイにハマる作品も珍しいよね。

でも史上初のMS同士の戦闘はガンダム対ザクなはずなので、オリジンガンタンクとかガンキャノンは観なかったことにするよ!
推しのカイ・シデンさまお目当て
(最初からずいぶん好戦的なキャラになってますね)

ファーストから出てる声優さんたちは皆レジェンドですね、素晴らしい役者だ