機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦の作品情報・感想・評価

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦2017年製作の映画)

上映日:2017年09月02日

製作国:

3.5

あらすじ

宇宙世紀0079年、人類は宇宙ですら戦場に変えてしまった。世界の人口の半数を死に至らしめたブリティッシュ作戦(コロニー落とし)を実行し、突き進むジオン公国軍。それに対し、劣勢を挽回すべく圧倒的な戦力で挑む地球連邦軍。交錯するザビ家の陰謀、変えがたい運命に翻弄されるセイラ・マス、ジオン軍のパイロットとなってしまったランバ・ラルやハモン、サイド7で平穏に暮らすアムロやフラウの日常生活にも暗い影が訪れ…

宇宙世紀0079年、人類は宇宙ですら戦場に変えてしまった。世界の人口の半数を死に至らしめたブリティッシュ作戦(コロニー落とし)を実行し、突き進むジオン公国軍。それに対し、劣勢を挽回すべく圧倒的な戦力で挑む地球連邦軍。交錯するザビ家の陰謀、変えがたい運命に翻弄されるセイラ・マス、ジオン軍のパイロットとなってしまったランバ・ラルやハモン、サイド7で平穏に暮らすアムロやフラウの日常生活にも暗い影が訪れようとしていた――。そして、復讐に駆られたジオン軍のエース、シャア・アズナブルが参加する「ルウム会戦」がついに始まる。

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦」に投稿された感想・評価

個人的に久しぶりのガンダム

ストーリーの進みがもどかしくもある

前作も観たらもっと楽しめるのかな…
Insop

Insopの感想・評価

4.0
「機動戦士ガンダム」の前日譚に当たる「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」の第5話。

宇宙世紀0079年1月3日。
かねてより独立を画策していたジオン公国は、ついに地球連邦政府に対し宣戦を布告した。
電撃的に巡航艦隊を撃破し、月のグラナダを占拠したジオン軍は、対ジオン派であるサイド2の8バンチコロニー「アイランド・イフィッシユ」に毒ガス攻撃をかけたのち、コロニー自体を強大な弾頭として、南米にある地球連邦軍本部ジャブローに叩きつける事とした。
世に言う「ブリティッシュ作戦」である。しかし、落下したコロニーは大気圏で分断され、作戦は失敗。
挽回を期したジオンはサイド5ルウムに進撃。連邦軍もこれを迎え撃つ構えをとる。
「ルウム会戦」が今、始まる、、、と言うお話。

原作である漫画版にかなり準拠してますが、安彦良和総監督によるものとはいえ、富野由悠季監督作とはやや趣を異にします。

特にシャアのセリフが何か違和感を伴うんですよね。富野監督作では言わないようなセリフが溢れてます。

そして、アムロが親父以外にぶたれるシーンもあるし(笑)。。。

本シリーズではかなり良い役所のタチですが、原作だとハモンの配下のザクパイロットとして、登場してすぐに撃破されるので、かなり印象が薄いのに。。。

まあ、それでも十分に面白いですよ。

ちょろっとした泣けるストーリーとか、ハモンの唄とか、なかなか良し。

セイラの描き方も良いですね。本作が一番シャアに似た部分(性格と外見)を描いてます。
外見もかなりシャアに似てきました。

ルウムに集結した両軍。艦隊砲撃戦が始まり、連邦軍の背後からモビルスーツ部隊が展開され、さあ、これから!!って時に終わります(笑)。
一番良いところで、引っ張られてしまいかなり残念。

そして、本シリーズは冒頭に毎回それまでのあらすじ紹介がある親切設計ですが、個人的にはそれがややくどいと思っちゃったりもします。

でも、やっぱり次作が楽しみです(笑)。
CORO3

CORO3の感想・評価

3.0
DVDで鑑賞。
もう5本目になると、ほぼファーストの手前まで来た。
今回はコロニー落としか。

何だろ、もうコレジャナイ感でいっぱいなのだが…

マ・クベや、コンスコン、コズンが出てきた!ここだけはテンションが上がったw
ハモンの歌が長いわ!

ルウム会戦の艦隊戦の迫力は良い♪
が、モビルスーツ戦は次作までお預けかな。

2018-011
これから観るあなたへ
我慢出来るなら次作まで待って続けて見たほうがよいです。
一年戦争の幕開けとなるルウム戦役。宇宙世紀0079年、コロニー落としを敢行したジオン公国軍と、劣勢を挽回しようと圧倒的な戦力で挑む地球連邦軍という情勢を背景に、ジオン軍のエースパイロットとなったシャア・アズナブル、平和な生活に暗い影が忍び寄るアムロ・レイら様々な人物の運命が動きはじめる——。


スターウォーズしかり、息の長い人気シリーズでは、新作に対する賛否両論が極端だ。私はガンダムシリーズも、第1作からリアルタイムで観ている世代ではないので、拳で語り合うアナザーガンダムや、ダリのようなヒゲのガンダムも含めて、たいていは受け入れられる(※もちろんファーストもかなり好きだ)。

アニメ版のTHE ORIGINが、遂に一年戦争にたどり着いた。THE ORIGINを観てるといつも思うのだが、アムロに出会う前のシャアは本当にカッコいい。個人的には、「THE ORIGIN III 暁の蜂起」のシャアが、全シリーズで一番カッコいいと思う。

せっかくのルウム戦没なので、もっとMS戦を観たかったが、今回はそこまで多くの時間が割かれていなかった。そろそろアムロが本格的に戦場に出てくるので、次回あたりがカッコいいシャアの見納めなのかもしれない。後は落ちていくだけかな。。。まあ、情けなくて人間味あるシャアだって、魅力的ですよ。

個人的に、宇宙世紀で一番好きなMSは緑色のザクII(MS-06)だ。はじめてファーストを観た時、ザクIIが出てきた最初のカットがあまりにもカッコ良くて、それ以来、このMSが大好きである。MS自体は、ファーストを見る前から、新しい平成ガンダムシリーズで色々と見ていたが、それでも、あの最初のザクIIのカットは素晴らしかった。本作でも、そのザクIIが大活躍。黒い三連星専用ザクIIなど、タイプもよりどりみどりだ。

最後はとても良いところで終わる。思わず「ええっ」と口走ってしまった。次の「誕生 赤い彗星」がただただ待ち遠しい。

✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎

余談ではあるが、出てくるロボットが全部ザクでいいんじゃない、という考えから制作されたのが「ボトムズ」らしい。
TheThe

TheTheの感想・評価

4.0
やはりシャーに心奪われる。
赤いモビルスーツとともにカッコよすぎる‼︎

私に跪け!神よ …超高速の演出サイコー
MU

MUの感想・評価

2.9
遂にルウム戦役!
と思ったらなんかどうも盛り上がりに欠ける内容だった。もっとMSがバチバチに暴れるのが観たかったのに。
純

純の感想・評価

2.1
次に期待。
>|