ざきこー

ボヘミアン・ラプソディのざきこーのレビュー・感想・評価

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)
4.5
当時の彼らを見てたわけでも、ちゃんと見たことがあったわけでもない。

フレディ・マーキュリーの壮絶な人生、
彼らQUEENの歴史を語るには1つの映画では収まらないだろう。

でも、最後のライブシーンに彼らのすべてを見たように感じる、
そこまでの凄みのあるライブシーンだった。

伝説のバンドには必ず物語がある。
名曲には必ず舞台背景がある。

フレディ・マーキュリーが感じた世間とのギャップ、彼の中で描いた未来。

映画の構成としても直接的な表現を避けてるように感じ、
周りの人には簡単には理解できない感情みたいなものがとても伝わってきた。

性差や病、人間関係に苦悩しながらも
真正面から向き合い、音楽という生きる道しるべにすべてをぶつける姿は
LGBTやハラスメントをよく耳にする現代においても強烈に輝いて見えるように思う。

ここからはざっくりした感想になりますが、
ラミ・マレックのフレディもそうですが、キャストが体現するQUEENのクオリティがすごかった。

終わったあとにライブ映像をいくつか見たのですが、
あの再現度はすごい。

その再現度の高さ熱量の多さのおかげで
QUEENを感じることができたんだなぁとも思います。

曲が終わるごとに拍手しそうになったし、
we are the championsとかもはや泣きそうだった笑

久しぶりに鳥肌の立つくらい感動した映画でした!