ぐりこ

ボヘミアン・ラプソディのぐりこのレビュー・感想・評価

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)
3.5
僕が封切り直後の混んでる時期にいくのは珍しい。それくらい楽しみにしてた。

フレディ・マーキュリーの人生にスポットをあてて、モンスターバンドQueenの軌跡を描いた作品。
フレディの人生とはすなわち、のしあがり→放蕩→病死ということなのだけど(単純化しすぎ?)、、、
ちょっと監督さん、フレディに甘くないかい?

僕のイメージするフレディ像は、もっと放蕩の限りを尽くした末にAIDSで死んだ、超絶どうしようもないロックスターで、というかどうしようもないからこそのスター性というか、音楽だけでなく生き様でも人々を魅了したように思うのだけど。
この映画では、フレディの苦悩がより多く描かれて、どうしようもない放蕩っぷりはあまり描かれなかったように感じた。


それでも、それでも、最後のLIVE AIDは震えた!!
ウィーウィルロッキューされてハビナグッタイした!!
悩めるフレディやソロオファーをめぐるバンド内の不協和音、映画では描かれないQueenがパンクの隆盛によって時代遅れとされ始める背景、全部が集約されてウェンブリーで爆発する。
すべては最後のライブシーンに意味を与えるためにあったかのような映画だった。

とにかく映画館案件なのは間違いない!ってやつ。


あ、あとベッドから後ろ向きに手だけ伸ばしてピアノ弾くところ、ステキだったなぁ。絵になるって感じ。
主演のラミ・レマックさん、容貌も声もなかなかハマってたし。