liam

ボヘミアン・ラプソディのliamのレビュー・感想・評価

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)
3.9

楽しみにしていた作品。Queenのヴォーカルであるフレディ・マーキュリーの伝記映画。監督は「X-MEN」シリーズのブライアン・シンガー。主演は「ナイトミュージアム」のラミ・マレック。他に「シング・ストリート 未来へのうた」のルーシー・ボイントン、「X-MEN アポカリプス」のベン・ハーディなどが出演。

1970年のロンドン。ルックスや複雑な出自に劣等感を抱くフレディ・マーキュリーは、ボーカルが脱退したというブライアン・メイとロジャー・テイラーのバンドに自分を売り込む。類いまれな歌声に心を奪われた二人は彼をバンドに迎え、さらにジョン・ディーコンも加わってクイーンとして活動する。やがて「キラー・クイーン」のヒットによってスターダムにのし上がるが、フレディはスキャンダル報道やメンバーとの衝突に苦しむ。

音楽は最高だった。Queenの楽曲をスクリーンで大音量で聴けるだけでこの映画を観る価値がある。

高校生のころにQueenにハマり、それから今でも聴き続けてきた自分としては、名曲が惜しみなく使用されていてテンションマックスになった。
最後のLive aidももう何回映像を観たか分からないくらい観たので、かなりリアルに映画でも再現されていて嬉しかった。

1つ注文があるとしたら、liveそのまま全部再現して欲しかったくらい。

ビジュアル的にもフレディはかなり似ていて、特にロン毛の時が似ている感じがした。
また歌声をフレディ本人の声にしてくれたのも嬉しい。

でも音楽は最高だったけど、ストーリーはどうだったか。
個人的には無難に作られているなって感じ。
劇中何度も家族という言葉が使われてくる通り、この映画のテーマの1つは家族だ。
この映画はフレディとメンバーやメアリーや本当の家族との交流を通して、本物の家族という繋がりとは何か、それはどういう人達なのか明示している。
それはそれで感動したんだけど、全体的もう少し深く掘って描いて欲しかったなとは思う。

中々のストーリーに、最高の音楽が合わさって最高の映画ができたって感じ。

結局Queenは最高ってことだ。笑

最高のロックを味わえる映画。