ペイン

ボヘミアン・ラプソディのペインのレビュー・感想・評価

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)
4.0
“終わりよければ、すべて良し”

“プチ社会現象化”しているので観てきました。

私はボーカルのフレディ・マーキュリー とは誕生日が一緒ということもあり、クイーンには特別な思い入れを感じています(笑)←もちろん楽曲も素晴らしすぎる。

で、実際どうだったのかと言えばラストのライブ・エイドのシーンに関しては再現度も半端じゃないし、確実に“何か”が宿っていたと思う。このシーンだけ取れば確実にブライアン・シンガー監督最高傑作だとすら思う。

ただ、やはり前半のフレディがクイーンに加入するまでのシーンの描き方や、その後の1度クイーンから離脱したフレディがクイーンに戻ってくるまでの話運びなどにはかなり雑さを感じた。”あえて”だとしても、それにしても内面の掘り下げなども少なすぎる。

それ故にラストのライブ・エイドのシーンは感極まったのは確かだが、絶頂に達するまでには至れなかった。

ただ俳優陣の演技は本当に素晴らしかったし(特にフレディ役のラミ・マレックさんのパフォーマンスの完コピぶり)、クイーンの名曲をオンパレードで劇場で聞ける心地良さ、ライブ感はやはり計り知れない。いわゆる“観るなら絶対に劇場で”ってやつですね。 

個人的には何より「シング・ストリート未来へのうた 」のヒロインのルーシー・ボイントン ちゃんが観れたのは嬉しかったなぁ。

クイーンをあまり知らないという若い人たちの入門映画としては最適な1本だと思うし、「グレ○テスト・○○ーマン 」のような惨事にはなっていなくて本当に良かった🙏終わりよければすべて良し。感想おわり。